ベイカレントコンサルティングの強みや特徴は?入れば勝ち組ってマジ?

 

こんにちは、yuuです。

 

今回は

あなた

ベイカレントコンサルティングの強みは?特徴は?

あなた

「ベイカレントコンサルティング=勝ち組」ってイメージがあるけど、実際どうなの?

 

このような疑問や悩みを抱えるあなたのために、

コンサル業界の超新星「ベイカレントコンサルティング」の強みや特徴

について解説していこうと思います。

 

僕自身、現在とあるコンサルティングファームに勤務する

現役のコンサルタントでありますし、

転職活動時代は、ベイカレントの選考も受けていたので、

ベイカレントの企業研究は嫌というほどやりました。

 

 

ベイカレントの選考対策

 

yuu

現役バリバリのコンサルタントである筆者自身から見ても

「ベイカレントってめっちゃ勝ち組じゃん!!」と思うくらい

ぶっちゃけエグいです(笑)

 

 

この記事でわかること

✔️ベイカレントコンサルティングの企業概要

✔️ベイカレントコンサルティングの採用事情、転職難易度

✔️ベイカレントコンサルティングの平均年収・激務度

✔️ベイカレントコンサルティングに受かるためのポイント

✔️ベイカレントコンサルティングの口コミや評判

✔️ベイカレントコンサルティングの強みや特徴

✔️社員や元社員が語るベイカレントコンサルティングのリアルな実態

 

あなたは「ベイカレントコンサルティング」に対して、どのようなイメージを持っていますか?

 

とにかく年収が高そう!

めちゃくちゃハードワークで激務な感じ!

どんな仕事かイメージがわかないけど、経営に携わる仕事でしょ?

受付嬢がめちゃくちゃ可愛いらしい(笑)

 

おそらくベイカレントコンサルティングについての一般的なイメージはこのようなものだと思います。

 

yuu

実際、コンサル業界は総合商社と並んで平均年収が高い業界1位です!

 

平均給与(40歳時点)が高い業界ランキング

 

しかも、ベイカレントコンサルティングは平均年収(30歳時点)が高い企業ランキングで8位に入る高年収企業として知られています。

 

平均年収が高い企業ランキング

 

今回は、そんなベイカレントコンサルティングの強みや特徴について解説し、

「ベイカレントコンサルティングは本当に勝ち組なのか」を検証したいと思います。

 

今後、ベイカレントへの転職を考えている方は、是非とも参考にして頂ければと思います。

 

 

この記事を書いた筆者の実績

✔️慶應義塾大学卒

✔️新卒で就活に大失敗し、就職偏差値50以下の某小売会社に就職

✔️2022年、コンサル会社に転職成功させた現役のコンサルタント

 

詳しいプロフィールは以下のページよりご覧ください。

 

プロフィール
userimg
yuu
慶應義塾大学卒後、就活をサボって失敗し、就職偏差値50以下の小売企業に就職。第二新卒でコンサル業界に転職し、年収200万円アップ!30歳前後で年収1000万円到達の見込み!第二新卒転職・コンサル転職の情報を発信してます。

ベイカレントコンサルティングってどんな会社?本当に勝ち組なの?

 

あなた
そもそもベイカレントってどんな会社なの?

 

というあなたのために、まずは

ベイカレントコンサルティングの企業概要についてまとめました。

 

社名 株式会社ベイカレント・コンサルティング
画像
売上高 761億円
従業員数 3692名
代表取締役社長 阿部 義之
創業年月 1998年3月25日

ベイカレントコンサルティングの会社概要

 

ベイカレント・コンサルティングは、「Beyond the Edge 変化の一番先に立ち、次への扉を共に開く」を経営指針のパーパスに掲げ、企業活動を行っています。

コンサルティングファームのなかには、業務改善や課題解決に向けた企画や戦略を提案するだけで、企画の実行や現場の支援はしないケースも散見されます。

しかしベイカレント・コンサルティングは、単に企画や戦略の提案だけでは終わりません。

常にクライアントの右腕として成果を出すことを重視し、検討段階から実行段階まで伴走しています。

 

yuu

ベイカレントコンサルティングは今、日本で最も勢いがあるコンサルティングファームん1つです。

2016年に上場を果たしてから、株価はなんと24倍になる異常事態w

 

 

ベイカレントの株価推移

 

もちろん、業績は好調。近年は、業績は右肩上がり!

「まさに飛ぶ鳥を落とす勢い」といえます。

 

ベイカレントの業績推移

 

 

ベイカレントコンサルティングの平均年収は1117万円で、

平均残業時間は21時間です。

 

さらに!

ベイカレントコンサルティングは30歳時点での年収ランキングでトップ10に入るほどの高年収企業です。

 

平均年収が高い企業ランキング(30歳時点)

 

yuu

残業時間21時間で平均年収1117万円は就職できれば「勝ち組確定」のコンサル企業ですね。

 

 

ちなみに、ベイカレントの職位ごとの年収は以下のような段階で上がっていきます。

 

ベイカレントの年収(職位別)

 

 

平均年収だけではなく、ベイカレントコンサルティングは残業時間が月平均21時間と超絶ホワイトです。

 

ベイカレントの取り組みとしては、例えば以下のようなものが挙げられます。

 

取り組み 詳細
長時間労働の抑制 2022年度の月平均残業時間は21時間
・担当部門・役員とプロジェクトマネージャーが、全社員に対し長時間労働への注意喚起や有給休暇取得の推奨を行っている
子育て・介護支援制度の整備 ・2022年度の産休・育休の取得率は、男性61.4%、女性100%
シックリーブ(病気休暇)制度の導入 ・有給休暇とは別に、体調不良時に利用できる休暇制度を採用している

ベイカレントコンサルティングの取り組み

 

実際、ベイカレントコンサルティングと各コンサルティングファームの平均残業時間を比較すると以下のようになります。

 

順位 ファーム名 月間残業時間(h)
1 アーサー・D・リトル 85.4
2 マッキンゼー・アンド・カンパニー 76.7
3 ドリームインキュベータ 75.5
4 A.T.カーニー 72.6
5 ローランド・ベルガー 68.2
6 ベイン・アンド・カンパニー 64.4
7 デロイト・トーマツ・コンサルティング 63.1
8 ボストン・コンサルティング・グループ 62.8
9 PwCコンサルティング 62.4
10 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 53.1
11 アクセンチュア 52.1
12 KPMGコンサルティング 43.4
13 アビームコンサルティング 36.3
14 リグリット・パートナーズ 35.0
15 ベイカレント・コンサルティング 21.0

コンサル業界の残業時間比較

 

yuu

「激務」と言われるコンサル業界で残業時間21時間はぶっちぎりでホワイトですね!

 

 

しかも、ベイカレントコンサルティングといえば、

「受付嬢がめちゃくちゃ可愛い」ことでも有名ですね。

 

ベイカレントの受付嬢

 

テレビで大活躍されているタレントの森香澄さんもかつてはベイカレントの受付嬢をされていました。

 

受付嬢については、以下の記事を参照ください(^ ^)

 

また、「令和の虎」でお馴染みのあの「株本社長」がかつて在籍していた企業としても有名です。

 

「令和の虎」株本社長

 

yuu

上記のように魅力しかないベイカレントコンサルティングへの転職を目指すなら、信頼できる転職エージェントへの登録は必須!

僕が転職時にガチで使っていた超オススメのコンサル転職エージェントを以下に紹介します。

 

 

未経験でアクセンチュアに転職するならアクシスコンサルティングがおすすめ
✔️創業20年!アクセンチュアやBIG4などの外資系コンサルへの圧倒的な転職実績
✔️現役コンサルタントの”4人に1人”が登録する国内最大級のコンサル転職エージェント
✔️未経験からのコンサル転職支援が豊富
✔️77%以上が非公開の限定求人

例えば、コンサル転職初心者がつまづきがちな

ケース面接対策や面接対策はもちろん、

自己分析や企業選びの部分から丁寧に支援していただけます。

(完全無料)

 

個人的には、各コンサル会社の面接データを事前にインプットできるのが「神」過ぎましたw

 

 

ベイカレントの面接対策資料(チートすぎw)

yuu

しかもアクシスコンサルティングであれば、

ベイカレントをはじめとした大手コンサルファームの

1デイ選考会という”たった1日で転職活動が終了する”

裏技的なルートが存在するので、数日でベイカレントの内定を獲得できます!

 

 

「未経験からコンサル転職」

「実績ゼロの社会人1年目〜3年目」の方は

まずは無料相談からどうぞ!

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

 

アクシスコンサルティングについて詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ(^ ^)

 

勝ち組確定!ベイカレントコンサルティングの強みや特徴5つ

 

あなた
ベイカレントの強みや特徴について詳しく教えて!

 

という方のために、続いてはベイカレントコンサルティングの強みや特徴を紹介したいと思います。

ベイカレントの強みや特徴は以下の5つ。

 

ベイカレントコンサルティングの特徴や強み

✔️年収が異次元に高い

✔️ワンプール制により自分の興味にあった案件に参画できる

✔️受付嬢がめちゃくちゃ可愛い

✔️コンサル業界トップレベルでホワイト(残業が少ない)

✔️最強の営業部隊の存在

 

年収が異次元に高い

 

まずベイカレント最大の特徴は、その平均年収の高さです。

平均年収1117万円は高年収と言われるコンサル業界でもかなり上位と言えます。

 

繰り返しになりますが、

ベイカレントコンサルティングは30歳時点での年収ランキングでトップ10に入るほどの高年収企業です。

 

平均年収が高い企業ランキング(30歳時点)

 

yuu

ベイカレントコンサルティングの平均年収は、

アクセンチュアやBIG4などの大手外資系コンサルティングファームと比較してもNo.1です!

 

 

PwCコンサルティング
平均年収:938万円
デロイトトーマツコンサルティング(DTC)
平均年収:969万円
ベイカレントコンサルティング
平均年収:1117万円
アビームコンサルティング
平均年収:812万円
EYストラテジー&コンサルティング
平均年収:915万円
KPMGコンサルティング
平均年収:918万円
アクセンチュア
平均年収:865万円

大手コンサルティングファームの平均年収比較

 

僕のように就職ミスって、キャリアがボロボロ。。

高年収企業に入って人生逆転したい!と思っている方にとっては、

超おすすめのコンサルファームです。

 

 

ワンプール制により自分がやりたい案件に参画できる

 

ベイカレントコンサルティング最大の特徴は、「自分がやりたい案件に参画できる」という点。

なぜかというと、ベイカレントコンサルティングはワンプール制を採用しているからです。

 

ワンプール制とは
ワンプール制とは、インダストリーや領域関係なく、全員が同じ部門に所属し、社内のあらゆるプロジェクトに参画できる制度。

yuu

簡単に言えば、ワンプール制は、自動車・鉄鋼・物流・小売・食品・医療・アパレルなど様々な業界の中から「自分のやりたいプロジェクト」を選べるということ

 

 

一般的なコンサルティングファームでは、以下のように「業界」と「領域」ごとに区切られているため、キャリアが所属しているインダストリーに固定されてしまいます。

 

一般的なコンサルティングファームのプール

 

もちろん、ワンプール制の場合、様々なジャンルの案件に携われる一方で、

専門性が身につきにくいというデメリットがあるため、

一概にワンプール制がいいとは言い切れません。

 

ワンプール制のメリット・デメリット

 

しかし、ワンプール制は業界を横断してスキルや経験を身につけ、自分のキャリアを自由に作れるというメリットがあるため、

他にも、以下のコンサルファームなどで採用されています。

 

 

ワンプール制採用のコンサルファーム

 

yuu

しかもベイカレントコンサルティングの場合、キャリアカウンセラーが各コンサルタントに専任でつくため、自分のキャリアに合わせて案件を選ぶことができます。

 

 

  • 部門や産業で自分の得意分野がまだない
  • コンサル業界でスキルを身につけながら自分のキャリアを探したい

 

という人にはベイカレントは非常にオススメであると言えます。

 

ベイカレントと同じくワンプール制を採用している企業については以下の記事をご覧ください(^ ^)

 

 

受付嬢がめちゃくちゃ可愛い

 

3つ目の特徴・強みは、よく聞く話ですが「受付嬢が異常に美人揃い」という点。

 

冗談のように聞こえるかもですが、社内に可愛い娘が多いというのは男性社員にとって非常に大きな魅力ではないでしょうか。

 

 

ベイカレントの受付嬢の方

 

yuu

全員、ちょっと街中じゃお目にかかれないレベルの美人ばかりですよね(^ ^)

 

なんとあのタレントの森香澄さんもかつてはベイカレントの受付嬢として働いていたそうです。

 

ベイカレント時代の森香澄

 

確かにコンサル業界の受付嬢はどこもキレイな方が多いですが、

そんな中でもベイカレントの受付嬢は別格です。

 

そんな超絶美女揃いの受付嬢たちと一緒に仕事ができることは、ベイカレントの大きな特徴・強みだと言えるでしょう。

 

 

コンサル業界トップレベルでホワイト(残業が少ない)

 

4つ目の特徴・強みは、業界内で随一と言えるレベルでホワイト(残業が少ない)ことです。

ベイカレントコンサルティングの残業時間は21時間。

 

yuu

「激務」「ハードワーク」と言われるコンサル業界で、この数字は超絶ホワイトです。 

 

ベイカレントがホワイトと言われるのは、例えば以下のような取り組みを行っているからです。

 

取り組み 詳細
長時間労働の抑制 2022年度の月平均残業時間は21時間
・担当部門・役員とプロジェクトマネージャーが、全社員に対し長時間労働への注意喚起や有給休暇取得の推奨を行っている
子育て・介護支援制度の整備 ・2022年度の産休・育休の取得率は、男性61.4%、女性100%
シックリーブ(病気休暇)制度の導入 ・有給休暇とは別に、体調不良時に利用できる休暇制度を採用している

ベイカレントコンサルティングの取り組み

 

実際、ベイカレントコンサルティングと各コンサルティングファームの平均残業時間を比較すると以下のようになります。

 

順位 ファーム名 月間残業時間(h)
1 アーサー・D・リトル 85.4
2 マッキンゼー・アンド・カンパニー 76.7
3 ドリームインキュベータ 75.5
4 A.T.カーニー 72.6
5 ローランド・ベルガー 68.2
6 ベイン・アンド・カンパニー 64.4
7 デロイト・トーマツ・コンサルティング 63.1
8 ボストン・コンサルティング・グループ 62.8
9 PwCコンサルティング 62.4
10 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 53.1
11 アクセンチュア 52.1
12 KPMGコンサルティング 43.4
13 アビームコンサルティング 36.3
14 リグリット・パートナーズ 35.0
15 ベイカレント・コンサルティング 21.0

コンサル業界の残業時間比較

 

ホワイト(残業時間が少ない)で年収も高いベイカレントは

はっきり言ってはいれば勝ち組確定の超優良企業です!

 

他のホワイトなコンサルティングファームについても併せてご覧ください(^ ^)

 

 

最強の営業部隊の存在

 

最後は「最強の営業部隊の存在」です。ベイカレントコンサルティングはコンサル業界では珍しく、コンサル部門と営業部門が分かれている会社です。

(役職の高いコンサルタントが、コンサル業務と兼任しながらクライアントに営業するのが業界内では一般的)

 

yuu

コンサル部門と営業部門が分離しているため、コンサルタントとしては

「案件を引っ張ってこなきゃ!」「売上を上げを上げなきゃ!」

という意識がなくなり、本来のコンサル業務に集中できます。

 

 

コンサルタントが営業を兼任すると、クライアントファーストではなく、

自社の売上を優先してしまう懸念がありますからね。

 

その点、ベイカレントコンサルティングは営業部隊が独立して、

勝手に案件を取ってきてくれるのでコンサルタントとしては働きやすいです。

 

しかも、ベイカレントの営業部隊は非常に優秀で、案件をバシバシ取ってくることで有名。

 

昔から営業が強い会社は安泰と言われますし、ベイカレントの営業部隊の存在は大きな強みであり特徴だと言えるでしょう。

 

上記の強み・特徴を持つベイカレントに転職するなら期間限定のオファーを見逃すな!!

 

ベイカレントをはじめとした大手コンサルファームはここ最近

「1DAY選考会」や「第二新卒限定選考会」を頻繁に開催しております。

 

 

 

 

1DAY選考会などの案内

 

1DAY選考会は、たった1日で最終面接まで実施し、即内定がもらえる選考会です。

 

yuu

1DAY選考会は、それだけ緊急で採用したいということ。

つまり、通常の選考よりも内定が出やすくなっている印象です。

 

ベイカレントの1DAY選考会などは以下のリンクから。

 

>>>ベイカレントの1DAY選考会にエントリーする

 

yuu

ベイカレントやアクセンチュアなどの大手コンサルファームの

「限定求人」「特別選考会」の情報を知りたい方は、

以下の転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

 

 

特に1DAY選考会などの限定求人は基本的に締め切りまでの期間が短く、

あと数日で締め切りになってしまう求人も多数あるので、

以下のURLより是非一度、お話を聞いて見てください。

 

 

>>>アクシスコンサルティングの期間限定の選考会はこちら

>>>MyVision(マイビジョン)の期間限定の選考会の案内はこちら

 

 

 

ベイカレントコンサルティングは本当に勝ち組?やばい評判(口コミ)まとめ23

 

あなた
ぶっちゃけベイカレントの評判ってどうなの?

 

という方のためにベイカレントコンサルティングのやばい評判(口コミ)について紹介したいと思います。

 

ベイカレントのやばい評判は以下の通りです。

 

平均年収1100万越えの異次元の収入

3年目にして給料がすでに1000万を超えそうだが、20代中盤でこれほどもらえる企業はそんなにないのでは。

しかし、完全に実力主義であり、同期でも給与はバラバラ。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

給与水準はかなり高く、入社前に勤務していた SIerと比べて2倍近くの給与を提示された。入社してからも毎年10%〜20%ずつ程度、伸長していった。

ただし、何もせずに給与が伸びて行くわけではなく、毎年、職位別に求められるスキル・成果の基準が引き上げられ続けており、それに応えられるように自身も成長していかなければならない。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

意識が高く、ベンチャーのような雰囲気

会社が好きで、本気でこの会社を大きくしたいと考えている人がたくさんいる。

雰囲気的にはコンサルファームというよりベンチャーの方が近いかも。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

同僚たちがみんな、能力・モチベーションが高いため、自分も感化される良い環境である。

給料も日系企業よりはるかに高いため、年収アップを目指して頑張ろうという気持ちになれる。

ガツガツ働いて、たくさん稼ぎたい人には向いている会社。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

案件の質がちょっと・・・

仕事内容で言えば、PMOやシステム導入プロジェクトが多く、コンサルとしての働きがいは感じにくい人もいるのではないかと感じます。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

BIG4やアクセンチュアと比べてシステム案件が少なく、戦略案件が多い。

よく逆の理解で勘違いしている人がいるが、評価されていない人はもちろん人気のない案件に入ることになる。

普通に評価されていけば戦略系の案件にどこかで少なからずアサインされる。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

ワンプールで案件にアサインされ、様々な業種業界のプロジェクトを経験できるため、自分のキャリアをじっくり考えることができる環境がある。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

 

ワンプール制においては、BPRやシステム開発、戦略など多くの案件に携われるが、専門性がつきにくい。

業界も違う場合は1から勉強となるので、慣れないと本当に器用貧乏どころか知識・理解も浅いまま案件を進めることになってしまうと感じた。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

案件として持っているインダストリーが限定的で、新規案件よりは既存クライアントの規模拡大が優先されるため、想像していたようなクロスインダストリーの経験は積んでいけないと感じている。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

明確な得意分野がない場合は、様々な案件にアサインしてもらえるが、スキル・知識が不要な雑用のような仕事も多いので注意が必要。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

社員代替的な、悪く言えば「高級派遣」と呼ばれるような案件も一定あるのは事実である。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

ワンプール制において、案件の希望は多くの場合、聞き入れてもらえることができる反面、

案件の種類としてはそこまで多くないため、結局は似たような業務をこなすことが多いです。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

働き方はホワイトだが・・・

近年のコンサルティング業界の風潮と同様に、かなり働き方がホワイト化している。

例えば、数年前とは比べ物にならないほど残業時間の規制・監視が厳しくなり、昔風に残業時間が2桁後半、3桁に行くようなことはなくなった。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

自分の頃は未経験でもいきなりプロジェクト参画させられたが、今は最低限の基礎スキルは教えてもらえます。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

特別な場合を除いて全員出社が必須となっているため、リモートワーク主体で働きたい人には向かない。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

社員の能力は優秀?ポンコツ?

稼働率ビジネスなので、案件の質にこだわらず営業が案件を獲得し、経験の少ないメンバーも含めたチームを送り込むというビジネスモデルである。そのため、キャリア形成を志向するコンサルには合わないところがあり、結果として優秀なコンサルが残りにくい仕組みになっている。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

採用強化の結果、若手層のアベイラブル(案件についておらず売上を上げていない人)が増えている。かつマネージャー以上も中途で能力が低い人が一定数いる。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

ここ数年急速な人員拡大を実施しているため、人材の質の低下が著しい。数年前までは早慶が最低ラインであったが、GMARCHにボリューム層が移ってきている。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

優秀ではない社員が数多くおり、ちょっと仕事ができるだけで相対的に一目置かれやすい。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

営業独裁会社・・・?

営業の力が強いというのは、組織体制上からも察することができます。

基本的に1人のコンサルタントに対し、1人の営業がつき、営業がコンサルタントのアサインや評価を行なって行くのですが、

このような組織体制の都合上、どうしても営業とコンサルタントのパワーバランスが崩れてしまいます。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

営業は体育会系と聞いているが、実態は不明である。コンサルタント部隊からすると、不明瞭な点が多いのが営業。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

コンサル会社としては珍しく、営業とコンサルタントに分かれています。コンサルタントはデリバリーに専念できるというメリットはあります。

しかし、営業が人事も兼ねていることもあり、営業側の方が強く実権を握っているところもあります。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

女性優遇・・・?

女性は1割くらいしかいなく、チームによっては囲い込みもあるため、女性にとっては働きやすいと思います。

事実、女性のWebテストや学歴には下駄をはかされているので、ほとんど顔採用です。

ベイカレントコンサルティングの評判

 

 

ベイカレントコンサルティングの評判をまとめると以下の通りです。

 

ベイカレントコンサルティングの評判
✔️ベンチャー気質でガツガツ働きたいという人が多い
✔️ワンプール制で案件は選べるが、プロジェクト管理やシステム導入などのそこまでやりがいを感じられない案件も多い
✔️残業はそこまで多くなくホワイトだが、リモートが規制されている?
✔️社員の質にはバラつきがある
✔️営業部隊の発言権が強く、コンサル部隊は肩身が狭い?

 

ベイカレントコンサルティングの悪い部分や、やばいと言われる理由については、以下の記事をご覧ください。

 

 

以上のようにベイカレントの評判は良くも悪くもたくさんあります。

でも、ベイカレントの全体的な評判は、上位1%に入るほどの高評価です。

 

ベイカレントの総合評価

 

yuu

もし、あなたが本気でベイカレントコンサルティングへの転職を未経験で目指すなら、信頼できる転職エージェントへの登録は必須!

僕が転職時にガチで使っていた超オススメのコンサル転職エージェントを以下に紹介します。

 

 

未経験でアクセンチュアに転職するならアクシスコンサルティングがおすすめ
✔️創業20年!アクセンチュアやBIG4などの外資系コンサルへの圧倒的な転職実績
✔️現役コンサルタントの”4人に1人”が登録する国内最大級のコンサル転職エージェント
✔️未経験からのコンサル転職支援が豊富
✔️77%以上が非公開の限定求人

例えば、コンサル転職初心者がつまづきがちな

ケース面接対策や面接対策はもちろん、

自己分析や企業選びの部分から丁寧に支援していただけます。

(完全無料)

 

個人的には、各コンサル会社の面接データを事前にインプットできるのが「神」過ぎましたw

 

 

ベイカレントの面接対策資料(チートすぎw)

yuu

しかもアクシスコンサルティングであれば、

ベイカレントをはじめとした大手コンサルファームの

1デイ選考会という”たった1日で転職活動が終了する”

裏技的なルートが存在するので、数日でベイカレントの内定を獲得できます!

 

 

「未経験からコンサル転職」

「実績ゼロの社会人1年目〜3年目」の方は

まずは無料相談からどうぞ!

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

 

アクシスコンサルティングについて詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ(^ ^)

 

ベイカレントコンサルティングって他のコンサルファームより本当におすすめ?売上・年収・残業時間でランキング化してみた

 

あなた

ベイカレントコンサルティングってぶっちゃけ他のコンサルファームと比べたてどうなの?

 

と思われる方のために、

以下ではITコンサル業界におけるベイカレントコンサルティングの立ち位置をランキングにしてまとめました。

 

yuu

売上・平均年収・残業時間を元にベイカレントの「ホワイト度」を表したので、ぜひ参考にしてください。

 

 

1位:野村総合研究所
売上:6921億円
平均年収:1232万円
残業時間:54時間
2位:PwCコンサルティング
売上:2279億円
平均年収:938万円
残業時間:55時間
3位:デロイトトーマツコンサルティング(DTC)
売上:3129億円
平均年収:969万円
残業時間:65時間
4位:ベイカレントコンサルティング
売上:761億円
平均年収:1117万円
残業時間:21時間
5位:アビームコンサルティング
売上:1217億円
平均年収:812万円
残業時間:39時間
6位:EYストラテジー&コンサルティング
売上:800億円
平均年収:915万円
残業時間:30時間
7位:KPMGコンサルティング
売上:非公開
平均年収:918万円
残業時間:21時間
8位:アクセンチュア
売上:3620億円
平均年収:865万円
残業時間:28時間
9位:シグマクシス
売上:55億
平均年収:1169万円
残業時間:47時間
10位:ドリームインキュベータ
売上:12億円
平均年収:1776万円
残業時間:80時間

ITコンサルファームランキングトップ10

 

もちろん、こちらのランキングは筆者の独断と偏見によるものなので、参考程度に見て欲しいのですが、

ITコンサル業界のトップ企業と比較しても、ベイカレントの待遇は、かなり上位と言えます。

(少なくともトップ5には入るでしょう)

 

yuu

現役のコンサルタントである筆者から見ても

残業時間20時間で、平均年収1100万越えはちょっとバグってます笑

 

 

同じく年収が高く、残業が少ない企業としてRISEコンサルティングなどもおすすめなので、

合わせてチェックしてみてくださいね(^ ^)

 

 

 

ベイカレントに転職したいなら期間限定のオファーを見逃すな!!

 

ベイカレントをはじめとした大手コンサルファームはここ最近

「1DAY選考会」や「第二新卒限定選考会」を頻繁に開催しております。

 

 

 

1DAY選考会などの案内

 

1DAY選考会は、たった1日で最終面接まで実施し、即内定がもらえる選考会です。

 

yuu

1DAY選考会は、それだけ緊急で採用したいということ。

つまり、通常の選考よりも内定が出やすくなっている印象です。

 

 

ベイカレントの1DAY選考会などは以下のリンクから。

 

>>>ベイカレントの1DAY選考会にエントリーする

 

yuu

ベイカレントやアクセンチュアなどの大手コンサルファームの

「限定求人」「特別選考会」の情報を知りたい方は、

以下の転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

 

 

特に1DAY選考会などの限定求人は基本的に締め切りまでの期間が短く、

あと数日で締め切りになってしまう求人も多数あるので、

以下のURLより是非一度、お話を聞いて見てください。

 

 

>>>アクシスコンサルティングの期間限定の選考会はこちら

>>>MyVision(マイビジョン)の期間限定の選考会の案内はこちら

 

 

 

ベイカレントはガチで勝ち組!ベイカレントコンサルティングの就職難易度・採用大学

 

あなた

でも、ベイカレントコンサルティングって誰でも入れるとか聞いたよ?

 

というあなたのために、ベイカレントの就職(転職)難易度と採用大学について解説します。

以下のようにベイカレントコンサルティングは、決して誰でも入れるレベルの会社ではないのです。

 

ベイカレントコンサルティングの就職(転職)難易度

まず、ベイカレントは、マッキンゼーやBCGなどの超一流のコンサルファームと比較すると、

決して就職(転職)難易度は難しくないものの、

それなりの難易度を誇ります。

 

就職(転職)難易度SSランク
マッキンゼー&カンパニー BCG(ボストンコンサルティング)
ベイン&カンパニー
就職(転職)難易度Sランク
ローランド&ベルガー A.T.カーニー
アーサー・D・リトル
就職(転職)難易度B〜Aランク
デロイトトーマツコンサルティング KPMGコンサルティング
EYストラテジー&コンサルティング pwcコンサルティング
アクセンチュア ベイカレント・コンサルティング

有名コンサルファームの就職難易度

 

とは言え、超絶難易度が高いというほどではなく、

しっかりとした対策を実施すれば、十分にベイカレントに就職(転職)できる可能性はあります。

 

例えば、以下の”いずれか1つ”でも当てはまっているのであれば、受かる可能性は高いです!

 

  • MARCH以上の学歴がある
  • 営業や企画・経営系の経験がある
  • IT系の業務設計経験がある
  • プロジェクト業務の経験がある

 

yuu

僕のように就職失敗して、まともな職歴がなくても全然内定は出るのでぜひ最初から諦めずにトライして欲しいと思います。

 

 

筆者の詳しいプロフィールや転職体験談は以下の記事をご覧ください。

 

ベイカレントコンサルティングの採用大学

 

ベイカレントコンサルティングの採用大学は以下の通り。

 

東京大学 京都大学
一橋大学 大阪大学
慶應義塾大学 早稲田大学
九州大学 神戸大学
上智大学 立教大学
東北大学 名古屋大学
北海道大学 立命館大学
明治大学 法政大学
同志社大学 中央大学
青山学院大学 関西学院大学
関西大学 学習院大学

ベイカレントコンサルティングの採用大学

 

ご覧のように最低でもMARCHや関関同立以上の大学からのみ採用実績があります。

 

yuu

ベイカレントへの就職実績は、僕の母校である慶應義塾大学が、最も多いらしいです。

 

 

このようにベイカレントは、ある程度の学歴がないと就職は難しく、

逆に言えば、エリートのみしか入ることを許されない企業であると言えます。

 

決して「学歴が高い=優秀」とは言えませんが、これだけの採用実績があり、

就活生に人気の企業であるベイカレントは、

就職難易度が高く、はいれば一生安泰と言われます。

 

yuu

また、ベイカレント(というかコンサル業界全体)は待遇が超絶良い割には意外と転職しやすいため、

僕のように就活ミスってキャリアがボロボロで立て直したい!という人にはおすすめです!

 

 

平均年収1000万以上で残業も少ない。

 

他の業界の”3倍成長できる”と言われるコンサル業界に興味がある方は、

僕が実際に活用していた超おすすめの転職エージェント(無料)を紹介しますので、

まずは初回面談からお試しください。

 

✔️僕が転職活動で実際に使っていた「アクシスコンサルティング」

✔️未経験のコンサル転職に強い「MyVision(マイビジョン)」

 

などは未経験からのコンサル転職実績も豊富で、

サポート内容も充実しております。

 

 

アクシスコンサルティング マイビジョン
✔️大手外資系コンサル、大手国内コンサルへの転職実績(シニコン以上)がNo.1

✔️アクセンチュアやBIG4などのIT系総合コンサルファームに強い

✔️95%の転職者が年収アップ!

✔️未経験や異業種からのコンサル転職に強い

>>>アクシスコンサルティングへの登録はこちら >>>MyVisionnへの登録はこちら

コンサル特化転職エージェント比較

 

yuu

彼らはコンサル転職のプロなので、穴場の優良コンサル企業(ベンチャー含む)を次から次へと紹介してくれます。

 

 

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

>>>MyVisionへの新規登録(無料)はこちら

 

 

詳しくは以下の記事をどうぞ(^ ^)

 

ベイカレントコンサルティングに転職するためのポイント4つ

 

あなた

ベイカレントに興味がある!でも、どうしたらいいの?

 

というあなたのために、

ベイカレントコンサルティングから内定をもらうためのポイントを4つ紹介したいと思います。

 

ベイカレントに受かるためのポイントは以下の4つ。

 

ベイカレントコンサルティングの受かるためのポイント4つ

✔️STAR・PREP法を身につける

✔️コンサル業界に絞って10社程度エントリーする

✔️コンサル特化の転職エージェントを活用する

✔️コンサル業務を理解する(おすすめ本についても紹介)

 

STAR・PREP法を身につける

まず、コンサルタントに求められる力として「論理的思考力」が挙げられます。

これはコンサル業界を志望する場合、面接の段階でバチバチに見られるところです。

 

ただ、論理的思考力を身につけよう!と思っても、そう簡単に身につくものではないため、

多くの転職希望者は「一体、どうしたらいいんだ…」と途方に暮れてしまいます。

 

そこで紹介したいのがSTAR・PREP法です。

このフレームワークを使えば、誰でも説得力のある論理的な応対ができるようになります。

 

「STAR(スター)」とは、以下の「型」に沿って、自身の体験談や実績を語るだけで、

わかりやすく、魅力的に伝えることができる就活(転職)では、万能のツールです。

 

STAR(スター)とは

✔️Situation(状況):どんな問題があったか

✔️Task(課題):その問題のどこに課題を見つけたか

✔️Action(行動):課題に対してどのような施策を考え、実行したか

✔️Result(結果):その結果はどうだったか

 

一方、PREP(プレップ)法は、文章や会話などコミュニケーション全般で使える超王道のフレームワーク。

転職とか関係なく、社会人なら絶対覚えておきたい「型」になります。

 

PREP法とは

✔️P(point:主張):結論や最も伝えたいこと

✔️R(reason:根拠):結論を裏付ける理由や証拠

✔️E(example:具体例):聞き手がイメージしやすい具体例や体験談

✔️P(point:主張):最後にもう一度、結論を述べる(最初よりも詳細化するとGOOD)

 

yuu

イメージとしては、自分の実績や経験をアピールしたいときは「STAR」

それ以外は「PREP法」に沿って、回答すれば、明日から説得力のある発言ができます。

 

コンサル業界を目指すのであれば、是非とも両方使えるようになって

「おっ!こいつはなかなか論理的な受け答えをするな!」と思わせることができれば、

コンサル転職へ一歩近づくこと間違いなしです!

 

詳しいコンサル転職の仕方については、以下の記事がおすすめです。

 

コンサル業界に絞って10社程度エントリーする

2つ目のポイントは、コンサル業界で10社程度エントリーするということ。

 

「絶対このコンサルファームがいい!」という圧倒的な第1志望が決まっている場合でも、

ぜひ10社程度のコンサルファームを受けることをおすすめします。

 

なぜか?

大手のコンサルファームに絞って面接を受けて全滅する方が非常に多いからです。

 

他にも「コンサルファームを10社程度受ける」のは、以下のメリットがあります。

 

10社程度のコンサル企業に応募した方が良い理由

✔️そもそも、内定をもらえる確率が上がる(全落ちのリスク回避)

✔️コンサルファームを複数受けることでコンサル業界への理解が深まる

✔️第1志望以外の面接本番の場を面接対策(ケース面接含む)として活用できる

✔️穴場の優良コンサルファームに出会える確率が上がる

 

yuu

大手とベンチャーの比率は、2:8か3:7くらいをおすすめします。

 

コンサル業界は、

ほとんど名前を聞いたことがないコンサルファームが

平均年収軽く1000万を超え、残業も少なく、

業績も毎年20%〜30%ずつ伸び続けているみたいな会社はざらにあります。

 

コンサル転職の場数を踏むという意味でも、

ぜひなるべく多くのコンサルファームにエントリーすることが、

コンサル転職を成功させるためのコツです。

 

コンサル特化の転職エージェントを活用する

3つ目は、コンサル特化の転職エージェントを活用するということ。

 

コンサル特化の転職エージェントを活用するメリットは以下のとおり。

 

コンサル特化の転職エージェントを使うメリット

✔️有名コンサルファームへの圧倒的な転職実績があるプロにサポートしてもらえる

✔️コンサル特有のケース面接などへの対策が手厚い

✔️コンサルファームの人事部や経営層から仕入れたお得情報が盛りだくさん

✔️非公開求人・限定求人を多数紹介してもらえる

 

すでに「コンサル一本に絞って転職する」ことを決めている場合、

コンサル特化の転職エージェント一択です!

完全無料ですし)

 

yuu

汎用的な転職エージェント(リク○ートエージェントなど)は、

まだ志望する業界が決まっていない方などにはオススメできますが、

ある程度、志望する業界や企業が見えているのであれば、

絶対にやめたほうがいいです。(経験者は語る)

 

とにかく、本気でコンサル転職を成功させたいのであれば、

まず間違いなくコンサル特化の転職エージェントを活用しましょう。

 

でも、どのコンサル特化エージェントがいいかわからないという方は、

以下の転職エージェントがマジでおすすめです。

 

✔️僕が転職活動で実際に使っていた「アクシスコンサルティング」

✔️未経験のコンサル転職に強い「MyVision(マイビジョン)」

 

上記のエージェントは、未経験からのコンサル転職実績も豊富で、

サポート内容も充実しております。

 

 

アクシスコンサルティング マイビジョン
✔️大手外資系コンサル、大手国内コンサルへの転職実績(シニコン以上)がNo.1

✔️アクセンチュアやBIG4などのIT系総合コンサルファームに強い

✔️95%の転職者が年収アップ!

✔️未経験や異業種からのコンサル転職に強い

>>>アクシスコンサルティングへの登録はこちら >>>MyVisionnへの登録はこちら

コンサル特化転職エージェント比較

 

yuu

どちらもベイカレント含む一流コンサルファームへの転職実績が豊富です!

 

 

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

>>>MyVisionへの新規登録(無料)はこちら

 

 

詳しくは以下の記事をどうぞ(^ ^)

 

コンサル業務を理解する(おすすめ本についても紹介)

4つ目のポイントは、コンサル業界への正しい理解をすることです。

 

ぶっちゃけ、未経験からのコンサル転職の成否を分ける最大のポイント

「コンサル業界への理解度」だと思います。

 

コンサル業界への理解を深める方法は、たくさんあります。

 

コンサル業界について知るには?

✔️知り合いのコンサル業界に詳しい人にきく

✔️SNSや転職サービスでコンサル業界について聞く

✔️本やブログ、YouTubeなどでコンサルの世界を知る

 

個人的には「本を読む」のが、最も簡単にコンサル業界への理解を深めることができるので、

おすすめの本を以下に紹介します。

 

yuu

以下の本は、僕がコンサル業界に転職したばかりの頃にアクセンチュアのお偉いさんに薦めていただきました笑

 

 

コンサルティング会社完全サバイバルマニュアル

こちらはコンサル会社の仕事内容や働き方、転職1年目、3年目、5年目と転職後にあなたがコンサル会社で働くイメージが湧く1冊です。

この本を読んでおくだけで、コンサル会社での面接もかなり有利になるのでめちゃおすすめです。

 

 

>>>「コンサルティング会社完全サバイバルマニュアル」はこちら

 

「無料で本を読みたい!」というあなたには以下のオーディオブック版もおすすめ。

 

オーディオブックなら毎日の通勤時間にサクッと聞ける上、

今ならAmazonオーディオブックの無料体験でこの本が聞き放題なので

紙の本が苦手とか、本を読むまとまった時間が取れない場合はめちゃくちゃあり!

 

>>>「コンサルティング会社完全サバイバルマニュアル(オーディオブック版)」はこちら

(無料体験で完全0円で聞けます!)

 

yuu

ちなみに僕はオーディオブックヘビーユーザーなので、毎日の通勤時間はオーディオブックやYouTubeで勉強してます!

 

 

 

ロジカルプレゼンテーション

こちらの本はズバリ「コンサル会社で活躍するために必要なスキルや考え方」をまとめた1冊。

コンサル志望ではない方にもおすすめですが、コンサル志望者には必見の本。

 

この本を完璧に理解できたらケース面接とか超絶余裕ですよ。笑

これからコンサル会社で働く上でバイブルになるようなそんな1冊。

 

 

 

>>>「ロジカルプレゼンテーション」はこちら

 

こちらもAmazonオーディオブック版があるので

 

  • 無料で本を読みたい
  • 本を読む時間がない
  • 分厚い本は大嫌い

 

という場合はおすすめです。

 

>>>「ロジカルプレゼンテーション(オーディオブック版)」はこちら

(無料体験で完全0円で聞けます!)

 

ただ、こちらの本は非常にボリュームもあるため、

オーディオブックだと全容を理解しきるのは難しいかもです。

 

可能であれば時間がかかってもいいので、

紙の本でじっくり読むことをおすすめします。

 

コンサル転職するなら絶対に登録すべきコンサル転職エージェント2つはこちら。

 

 

ベイカレントコンサルティングのリアルについてわかる動画5つ

 

あなた

もっとベイカレントについて知りたい!

 

という方のためにベイカレントコンサルティングのリアルな実態がわかる動画を紹介したいと思います。

 

ベイカレントについて現役社員が徹底解説

 

この動画の内容は以下の通り。

 

この動画は、ベイカレントコンサルティングの紹介と、そこでのキャリアについてのインタビューを含んでいます。

ベイカレントコンサルティングは、日本国内最大級の総合コンサルティングファームであり、

1998年の創業以来、安定的に増収増益を続けている企業です。彼らは、様々な業界のリーディングカンパニーの成長に貢献することをビジョンとして掲げています。

 

インタビューでは、ベイカレントコンサルティングの特徴、キャリア制度、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進、

健康優良法人ホワイト500に認定されていること、そして、コンサルタントとしての働きがいについて話しています。

 

また、彼らが提供するコンサルティングサービスの具体例や、新卒採用に関する情報も提供されています。

ベイカレントコンサルティングは、従業員数を4,000名、売上高を1,000億円に拡大することを目指しており、

その過程で一人ひとりの付加価値を高めていくことを目標としています。

彼らは、多様なキャリア形成を支援する「1プール制度」を採用しており、これにより従業員はさまざまな業界やプロジェクトを経験することができます。

 

また、デジタルイノベーションラボを設立し、最先端技術に関する実証実験や研究を進めていることも紹介されています。

これにより、メタバースやサステナビリティ関連のプロジェクトなど、デジタルが密接に関わるプロジェクトを支援しています。

インタビューでは、ベイカレントコンサルティングの採用プロセスやインターンシップの情報も共有されており、興味のある方には有益な情報が含まれています。

 

ベイカレントのやばい評判についても併せてご覧ください(^ ^)

 

 

日本一受付嬢が可愛い会社「ベイカレント」

 

たった30秒でベイカレントコンサルティングの特徴がサクッとわかります。

以下、動画の内容です。

 

動画では、「日本一受付が美女の会社」としてベイカレントコンサルティングを紹介しています。

ベイカレントの受付は全員がタレント級の美しさで、森香澄も所属していたことがあります。

初任給は35万円で、平均年収は1,117万円です。

所定労働時間は1日8時間で、体調不良時には有給を消化せずに休める制度があります。年間休日は126日、有給休暇は10日です。

平均勤続年数は3.5年で、Twitterではコンサル業界内で「ネタ枠」として軽視されがちです。

平均残業時間は21時間、平均年齢は32.6歳です。

 

 

ベイカレントの評判や業務内容

 

この動画の内容はこちら。

 

この動画では、特定の企業に関する「黒い噂」を検証する内容が展開されています。

具体的には、企業の平均残業時間が21時間と公式に発表されていること、健康経営優良法人に2年連続で選出されていること、

そしてオープンワークでの働き方ランキングで6位になっていることなどが紹介されています。

これらの情報をもとに、企業が成長中であることや、変化している組織の中での働き方、教育体制の変化などが議論されています。

 

また、企業の「ワンプール制度」についても触れられており、これが専門性を身につける上での利点と欠点にどのように影響しているかが説明されています。

この制度により、多様な業界やサービスの案件に参加することが可能であり、自分の好きな領域や得意な領域を探求することができるとされています。

しかし、専門性が身につきにくいという側面もあると指摘されています。

 

ベイカレントコンサルティングに実態を調査

 

この動画では、ベイカレントの社員や元社員がベイカレントの実態について、赤裸々に語っています。

 

この動画では、特定のコンサルティング会社(ベイカレントコンサルティング)についての詳細なインタビューが行われています。

ゲストの田中さんは、この会社の元社員で、会社の概要、特徴、働き方、プロジェクトの種類、そして業界内での立ち位置について語っています。

 

ベイカレントコンサルティングは、総合系コンサルティングファームであり、IT、戦略、業務改善など多岐にわたるプロジェクトを手がけています。

特にITに強みを持ち、システム開発のプロジェクト管理が多いとのことです。また、上場企業であることも特徴の一つとして挙げられています。

田中さんは、他のコンサルティングファームと比較して、ベイカレントではプロジェクトに対するアプローチが異なり、より多様なプロジェクトに参加できる機会があると述べています。

しかし、戦略系のプロジェクトに参加するのは限られた人になりがちで、社内での人脈や営業活動が重要になるとも指摘しています。

 

給与に関しては、業界内で比較的高水準にあるとのことで、特に若手の年収が高い傾向にあると言及されています。

また、働き方改革が進んでおり、労働時間が短くなっているとも語られていますが、プロジェクトによっては長時間労働になることもあるようです。

最後に、会社のイメージや社長の急な辞任など、企業文化や経営に関する話題も触れられており、内部の視点から見たリアルな情報が提供されています。

 

ベイカレント以外のコンサルファームの実態についても気になる方は、以下の記事も合わせて参考にしてください。

 

2024年のベイカレントの難易度は?

 

この動画の内容はこちら。

 

この動画では、ベイカレントコンサルティングについて、新卒採用、年収、案件内容などに関する情報を提供しています。

動画の主な内容は以下の通りです。

 

  • ベイカレントコンサルティングについての一般的な質問に答える:動画では、ベイカレントコンサルティングがどのような会社か、そしてコンサルティング業界でのその位置づけについて語られています。
  • 年収に関する情報:ベイカレントの年収が高いという話がありますが、新卒でその恩恵を受けるのは難しいとのこと。評価基準が曖昧で、稼働率や売上だけで評価されることがあると言及されています。
  • 案件内容:ベイカレントで扱う案件の種類や内容についても触れられており、特に新卒採用される人たちがどのような案件に取り組むのかについての情報が提供されています。
  • 新卒採用の難易度:近年、ベイカレントへの新卒採用の難易度が上がっているとのこと。しかし、適切な準備をすれば、難易度はそれほど高くないとも述べられています。

 

動画は、ベイカレントコンサルティングに興味がある人、特に新卒での就職を考えている人にとって有益な情報を提供しています。また、コンサルティング業界全般に関心がある人にとっても、業界の一側の理解を深めるのに役立つ内容となっています。

 

最後に

 

今回はベイカレントコンサルティングの強みや特徴について解説してきました。

 

年収は20代後半で余裕で1000万を超え、

残業時間は20時間程度。

おまけに受付嬢はめちゃくちゃ可愛い笑

 

はっきり言って、超絶勝ち組のホワイト企業です。

 

yuu

なのでもし、あなたがベイカレントに1ミリでも興味があるのであれば迷うことなく受けてみることをおすすめします。

 

 

もちろん、ベイカレントコンサルティングはそんな簡単に入れる企業ではありません。

 

  • コンサルってキラキラしてて憧れる!
  • なんとなく経営に携わりたい!
  • とにかく年収をあげたい!
  • 可愛い受付嬢と仲良くなりたい!

 

という”薄っぺらい”理由でなんとなく目指してしまうと、

入社してから「え?イメージと違った!」とギャップが生じてしまったり、

そもそも内定が取れない可能性があります。

 

なので、もしあなたがベイカレントへの転職を目指すのであれば、

コンサル転職への対策を「これでもか!」としっかり実施して頂ければと思います。

 

ベイカレントに転職するためには、

 

  • ケース面接対策
  • コンサル業務への正しい理解
  • 論述試験対策

 

などなど、やるべきことが沢山あります。

おそらく、1人でこれらすべてを完璧にこなすのは難しいでしょう。

 

そこで!

もしあなたが本気でベイカレントに入りたい!

コンサル業界に転職してキャリアを立て直したい!

 

と思っているのであれば、まずはコンサルのプロに聞くのがいちばんの近道。

ここまで読んでくれたあなたには特別に僕が実際に利用していたマジでオススメの転職エージェントを以下に紹介します。

 

yuu

本気で未経験からコンサル転職を成功さえたい人だけ初回面談に応募してみてください。

そのサービスの品質は保証します!

 

ベイカレントコンサルティングへの転職実績多数!

未経験からベイカレントコンサルティングに転職するならアクシスコンサルティング!

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

 

 

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事