フューチャーアーキテクトは内定取り消しがある?やばい評判や理由を解説

 

こんにちは、yuuです。

 

今回は

あなた

フューチャーアーキテクトはやばいって聞いたけど、実際どうなの?

あなた

フューチャーアーキテクトは内定取り消しがあるってマジ?

 

このような疑問や悩みを抱えるあなたのために、

大手ITコンサルファーム「フューチャーアーキテクト」の内定取り消しの噂

フューチャーアーキテクトがやばいと言われる理由・評判

について解説していこうと思います。

 

僕自身、現在とあるコンサルティングファームに勤務する

現役のコンサルタントであります。

 

そのため、コンサルティング業界(シンクタンク含む)には、

それなりに精通している自身があります。

 

第一志望のコンサル企業への内定メール

 

yuu

コンサル業界って、なんとなく激務でハードワーク・年収高そう

という”やばい”イメージがありますが、実際は決してそんなことありません!

 

 

この記事でわかること

✔️フューチャーアーキテクトの会社概要(平均年収・残業時間・激務度など)

✔️フューチャーアーキテクトの内定取り消しの噂について

✔️フューチャーアーキテクトの就職(転職)難易度・採用大学

✔️フューチャーアーキテクトがやばいと言われる理由

✔️フューチャーアーキテクトのやばい評判・口コミ

✔️フューチャーアーキテクトに受かるためのポイント

✔️社員や元社員が語るフューチャーアーキテクトのリアルな実態

 

あなたはフューチャーアーキテクトを含む

コンサル業界に対して、どのようなイメージを持っていますか?

 

年収が余裕で1000万超えてそう!

エリートしか入れない感じ悪い業界(笑)

めちゃくちゃ激務でハードワークなイメージ!

 

おそらくコンサル企業についての一般的なイメージ

「年収が高い」「激務」「就職難易度が高い」あたりだと思います。

 

yuu

実際、コンサル企業の平均年収は「総合商社」と並んでめちゃくちゃ高いです。

 

業界別平均年収ランキング

 

一方で、以下のように残業時間もかなり多く、

激務でハードワークなイメージがあるのも事実です。

 

コンサル企業の残業時間

 

今回は、そんなコンサル業界に属するフューチャーアーキテクトについて、

フューチャーアーキテクトの内定取り消しの噂についてぶっちゃけどうなのか?

フューチャーアーキテクトが本当にやばいのか?をお伝えします。

 

 

今後、フューチャーアーキテクトへの転職を考えている方は、是非とも参考にして頂ければと思います。

 

 

この記事を書いた筆者の実績

✔️慶應義塾大学卒

✔️新卒で就活に大失敗し、就職偏差値50以下の某小売会社に就職

✔️2022年、コンサル会社に転職成功させた現役のコンサルタント

 

詳しいプロフィールは以下のページよりご覧ください。

 

プロフィール
userimg
yuu
慶應義塾大学卒後、就活をサボって失敗し、就職偏差値50以下の小売企業に就職。第二新卒でコンサル業界に転職し、年収200万円アップ!30歳前後で年収1000万円到達の見込み!第二新卒転職・コンサル転職の情報を発信してます。

フューチャーアーキテクトってどんな会社?平均年収や激務度がやばいってまじ?

 

あなた
そもそもフューチャーアーキテクトってどんな会社なの?

 

というあなたのために、まずは

フューチャーアーキテクトの企業概要についてまとめました。

 

社名 フューチャーアーキテクト株式会社
画像
売上高 593億円
従業員数 2948名
代表取締役社長 谷口 友彦
創業年月 2016年4月1日

フューチャーアーキテクトの会社概要

 

フューチャーアーキテクトは社員数3000名近く、

売上も500億円を超える大手のコンサルティングファームです。

 

yuu

フューチャーアーキテクトは「フューチャー株式会社」を親会社にもつITコンサルティングファームです!

 

 

フューチャー株式会社の組織

 

フューチャーアーキテクトの特徴は、何と言っても

経営からシステム構築、業務改革まで一気通貫でサポートできる

支援領域の広さです。

 

フューチャーアーキテクトの特徴

 

そんなフューチャーアーキテクトには4つの職種(ポジション)があります。

 

フューチャーアーキテクトの職種4つ
  • ITコンサルタント(金融、流通・小売、SPA、物流、公共)
  • テクノロジースペシャリスト
  • 経営コンサルタント
  • コーポレートスタッフ(社内SE、採用担当、法務、総務、広報等)

 

フューチャーアーキテクトは以下のような様々な分野でコンサルティングサービスを展開しています。

 

フューチャーアーキテクトの支援業界

 

フューチャーアーキテクトの業界別の売上や実績は以下のとおり。

 

フューチャーアーキテクトの業界別売上

 

フューチャーアーキテクトの実績

 

年に1回のプレゼン大会も非常に盛り上がっている様子w

 

フューチャーアーキテクトのプレゼン大会

 

 

フューチャーアーキテクトの平均年収は734万円で、

平均残業時間は45時間ほどです。

 

yuu

平均年収734万円はコンサル業界では可もなく不可もなく、標準的な水準と言えます。

 

近年は、以下のようにフューチャーアーキテクトの平均年齢が上がったことで、

平均年収が低下傾向にあります。

 

年度 平均年収 平均年齢
2022年12月期 734万円 33.6歳
2021年12月期 794万円 34.0歳
2020年12月期 807万円 34.7歳
2019年12月期 822万円 34.5歳
2018年12月期 836万円 35.9歳
パートナー 19年目以降 1,500万円~

フューチャーアーキテクトの平均年収推移

 

 

ただ、低いといっても世間一般的に見れば十分高く、

マネージャー以上の役職まで昇進すれば、年収1000万円は余裕で超えます。

 

役職 年次 年収
アソシエイト 1-3年目 500-600万円
コンサルタント 4-7年目 600-800万円
シニアコンサルタント 8-10年目 800-900万円
マネージャー 11年目- 900-1,100万円
ディレクター 15年目- 1,200-1,400万円
マネージング・ディレクター 評価次第 1,400万円以上

フューチャーアーキテクトの役職別年収

 

 

一方で、フューチャーアーキテクトの残業時間は45時間で、

「激務」と言われるコンサル業界ではそこまで多い部類ではありません。

 

yuu

残業時間45時間は一般的な企業だと36協定ギリギリなので、超えることはあまりないと思いますが、長時間残業がデフォルトのコンサル業界では、月の平均残業時間が45時間であればホワイトな部類なのです笑

 

 

参考までにコンサル業界の平均残業時間が多い企業は以下の通り。

 

順位 ファーム名 月間残業時間(h)
1 アーサー・D・リトル 85.4
2 マッキンゼー・アンド・カンパニー 76.7
3 ドリームインキュベータ 75.5
4 A.T.カーニー 72.6
5 ローランド・ベルガー 68.2
6 ベイン・アンド・カンパニー 64.4

各経営コンサルファームの残業時間

 

上記の表を見ると、フューチャーアーキテクトは十分ホワイトですね。

 

そんなフューチャーアーキテクトの理念は

「経営とITをデザインして未来を描き、実現する」ことであり、

社長である谷口氏は以下のように述べています。

 

フューチャーアーキテクトの使命は、経営とITをデザインし、お客様の未来価値を最大化させることです。

テクノロジーの進化とともに市場環境も急速に変化し、未来はより予測不可能なものとなっています。こうした時代のなかで、企業が新しい価値を提供し市場競争を勝ち抜くためには、ビジネスモデルの変革や変化対応力を持つシステムが重要な役割を果たすものと考えています。

 

私たちの強みは、お客様の事業環境を予測し、テクノロジーをベースに未来をデザインする力。加えて、それを具現化できる技術力と実装力を兼ね備えていることです。ITの知見とともにビジネスに精通したコンサルタントが、経営者のパートナーとなり、お客様以上に未来のあるべき姿を考え抜き、その実現に向けた最適な仕組みを提供します。

社員一同プロフェッショナルとして研鑽を重ね、お客様の未来価値の創造に貢献して参ります。

 

 

フューチャーアーキテクトの理念

 

yuu

もし、あなたが本気で「フューチャーアーキテクト」への転職を未経験で目指すなら、採用拡大している今がチャンス!

そして、フューチャーアーキテクトへの転職を成功させるなら信頼できる転職エージェントへの登録は必須!

僕が転職時にガチで使っていた超オススメのコンサル転職エージェントを以下に紹介します。

 

 

未経験でコンサル業界に転職するならアクシスコンサルティングがおすすめ
✔️創業20年!アクセンチュアやBIG4などの外資系コンサルへの圧倒的な転職実績
✔️現役コンサルタントの”4人に1人”が登録する国内最大級のコンサル転職エージェント
✔️未経験からのコンサル転職支援が豊富
✔️77%以上が非公開の限定求人

例えば、コンサル転職初心者がつまづきがちな

ケース面接対策や面接対策はもちろん、

自己分析や企業選びの部分から丁寧に支援していただけます。

(完全無料)

 

個人的には、各コンサル会社の面接データを事前にインプットできるのが「神」過ぎましたw

 

 

アクシスの面接対策資料(チートすぎw)

yuu

しかもアクシスコンサルティングであれば、

「フューチャーアーキテクト」はもちろん、

アクセンチュアやBIG4など、

外資系コンサルファームの内定実績が多数あります!

 

 

「未経験からコンサル転職」

「実績ゼロの社会人1年目〜3年目」の方は

まずは無料相談からどうぞ!

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

 

アクシスコンサルティングについて詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ(^ ^)

 

フューチャーアーキテクトは内定取り消しがあるって本当?真相や内定取り消しになる事例について解説

 

あなた
フューチャーアーキテクトは内定取り消しにされるっていう噂があるけど本当?

 

というあなたのために、巷で噂されている「フューチャーアーキテクトの内定取り消し」について話していこうと思います。

 

結論から言うと、

近年、フューチャーアーキテクトの内定が”会社都合で”取り消されることは

ほぼほぼ0(ありえない)と思います。

 

と言うのも、フューチャーアーキテクトは

今やグループ全体で社員数3000人ほどを抱える大企業。

 

親会社であるフューチャー株式会社は東証一部(現:東証プライム)上場企業ですし、

よほどの事情がない限り、フューチャーアーキテクトが学生を「内定取り消し」にすることはないと言えるでしょう。

(万が一、内定取り消し事件が起これば一瞬でニュースやSNSで拡散されるでしょうし)

 

yuu

事実、フューチャーアーキテクトの評判を各種サイトやSNSで調べましたが「内定取り消しになった(T ^ T)という書き込みは1つも見当たりませんでした

 

 

ただし、これはあくまで”最近”の話です。

 

フューチャーアーキテクトの前身の会社である「フューチャー株式会社」では

過去に内定取り消し・・・とまではいきませんが、

内定辞退を学生に強要していたり、

研修が終了した段階で新卒をやめさせたりしていた「疑惑」があります。

 

内定取り消し(内定辞退強要をしていたり、研修終了したばかりの新卒をやめさせたりしているため、会社への信頼が崩れた。

 

 

過去の評判

 

これは10年以上前の口コミなので、その真相は定かではありませんが、

少なくとも現在はフューチャーアーキテクトで理不尽に会社都合で内定取り消しされるなどはないようです。

 

【補足】フューチャーアーキテクトは簿記二級取得が必須!取得できないと内定取り消しなので注意

 

一応、補足しておくとフューチャーアーキテクトは会社都合の内定取り消しはほぼほぼありえませんが、

”自己都合の”内定取り消しにはなる可能性があるので注意が必要です。

 

と言うのも、フューチャーアーキテクトは

入社条件として「簿記2級の取得」が義務付けられているからです。

 

つまり、入社までに簿記2級の資格を獲得していないと入社が認められないと言うこと

 

 

簿記2級は決して難関資格というわけではないですが、ある程度の資格勉強が必要です。

なので、フューチャーアーキテクトへの入社を希望する方は、

余裕を持って簿記2級の資格勉強も事前に始めておくことをおすすめします。

 

yuu

簿記2級が入社条件の要項になっている以上、取れなかったら内定取り消しになっても文句は言えませんからね。。。

 

 

他にも当たり前ですが、以下のような場合は内定取り消しになるので、注意してください。

 

  • 書類に虚偽の内容が記載されている
  • 応募者の病気やケガ
  • 応募者が学校を卒業できない
  • 応募者の犯罪や不適切な言動

 

まぁ、普通に真面目にやっていれば上記の理由で内定取り消しになる可能性は低いので、

気をつけるべきは「簿記2級の取得」だけですね。

 

yuu

と言いつつ、筆者は大学留年しているのでそんなこと言えないのですが笑

 

 

ただ、簿記2級の勉強はもちろんですが、フューチャーアーキテクトに入るためには、

何より転職活動を頑張らなければなりません。

 

以下は、僕が実際に活用して”未経験・第二新卒”からコンサル転職を成功させたコンサル特化の転職エージェントです!

 

まずは無料相談からぜひ(^ ^)

※内定獲得まで完全無料です

 

未経験でコンサル業界に転職するならアクシスコンサルティングがおすすめ
✔️創業20年!アクセンチュアやBIG4などの外資系コンサルへの圧倒的な転職実績
✔️現役コンサルタントの”4人に1人”が登録する国内最大級のコンサル転職エージェント
✔️未経験からのコンサル転職支援が豊富
✔️77%以上が非公開の限定求人

例えば、コンサル転職初心者がつまづきがちな

ケース面接対策や面接対策はもちろん、

自己分析や企業選びの部分から丁寧に支援していただけます。

(完全無料)

 

個人的には、各コンサル会社の面接データを事前にインプットできるのが「神」過ぎましたw

 

 

アクシスの面接対策資料(チートすぎw)

yuu

しかもアクシスコンサルティングであれば、

「フューチャーアーキテクト」はもちろん、

アクセンチュアやBIG4など、

外資系コンサルファームの内定実績が多数あります!

 

 

「未経験からコンサル転職」

「実績ゼロの社会人1年目〜3年目」の方は

まずは無料相談からどうぞ!

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

 

アクシスコンサルティングについて詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ(^ ^)

 

フューチャーアーキテクトの評判は?やばい評判まとめ23

 

あなた

ぶっちゃけフューチャーアーキテクトのリアルな実態はどうなの?

 

そんな不安を抱える方のために、フューチャーアーキテクトのやばい評判を紹介したいと思います。

 

良い評判も悪い評判も一通りまとめたので、非常に参考になるかと思います!

フューチャーアーキテクトに関するやばい評判は以下のとおりです。

 

 

ワークライフバランスは?

管理職になると責任やか同僚が大きく増えるが、それに見合った給与が支払われているとは到底思えない。

また、管理職にならずともワークライフバランスが非常に悪い(これはプロジェクトにもよるのかもしれない)

フューチャーアーキテクトの評判

 

プライベートとのバランスはかなり調整しやすいと感じている。プロジェクトにもよるが、全社的にリモート環境が整備されており、完全フルリモートも可能。

残業時間についてもプロジェクトによるものの、私自身は月平均30時間程度なので、そこまでハードワークという感覚はない。

フューチャーアーキテクトの評判

 

自分の意識次第でワークライフバランスは調整可能。人の目を気にせずに終業できるメンタルがあれば、残業時間はぐっと抑えられるだろう。

ただ、コンサルティング業界の特性上、完璧にプライベートとの調整がでいることは期待すべきだはないと思う。

フューチャーアーキテクトの評判

 

ワークライフバランスはプロジェクト次第。明け方まで働いている社員もいれば、毎日定時で上がれる社員もいる。

フューチャーアーキテクトの評判

 

昇給・昇進について

順調にランクアップすれば毎年50万円ほど昇給する。

しかし、同業他社と比較するとやや見劣りするかもしれない。

フューチャーアーキテクトの評判

 

並評価でも毎年2〜3%程度の昇給はあり、ランクが上がると15〜20%程度昇給します。

ある程度は年功序列のような考え方も残ってはいるが、やはりやる気のある、仕事ができる人間は驚くほどランクアップしていく。

フューチャーアーキテクトの評判

 

評価について

年に1回のプロジェクトを表彰するプレゼンイベントがあり、最終プレゼンまで残るとさらに達成感があるため、モチベーションには繋がると思う。

一方で、プレゼン能力が低いと結果を出していてもそれが評価されない可能性がある。

フューチャーアーキテクトの評判

 

成果を残してもそれを評価する仕組みが整っていない。

年末に自己評価プレゼン大会があり、360度評価を歌っているが、あまり機能しているようには感じられない。

フューチャーアーキテクトの評判

 

企業風土は?

手をあげればやりたいことにどんどん挑戦できるし、若いうちから責任のある仕事をたくさん任せてもらえるところにやりがいを感じられる。

フューチャーアーキテクトの評判

 

手をあげれば年次関係なくどんどん新しいことに挑戦できるベンチャー気質な面がある一方で、残業する人が評価されやすい古い日本企業的な気質も残っている。

フューチャーアーキテクトの評判

 

新卒2、3年の社員にここまで任せてもらえるの?というくらい色々なことにチャレンジさせてもらえる会社。

そのぶん、プレッシャーがかかる状況で、長時間労働に耐えられる心身が必要になる。

フューチャーアーキテクトの評判

 

組織はフラットで風通しは良い。役員クラスの人も気軽に話しかけてくる。

フューチャーアーキテクトの評判

 

案件について

クライアントの経営に関わるプロジェクトを担当しているのはほんの一握りで、そのような超上流の仕事は経験しにくい環境である。

フューチャーアーキテクトの評判

 

ITコンサルタントとして最低限のプログラミングスキルができる必要があるという考えが浸透しているため、入社後最低2年程度は設計開発やテストなど、エンジニアの業務が中心になる。(あくまで傾向だが)

フューチャーアーキテクトの評判

 

ITコンサルティング企業というよりもSIer企業に近い。自社でシステムを開発、販売して儲けるビジネスモデルです。

フューチャーアーキテクトの評判

 

若手のうちはSE(システムエンジニア)としての働きが求められ、ザ・コンサルタントとして働けるようになるには入社して5〜6年はかかると思われる。

フューチャーアーキテクトの評判

 

ITスキルを高めるという点のみでいえば、アクセンチュアやIBMなどの大手外資系企業などとは、比べ物にならないほどのレベル(技術力)を身につけることができる。

フューチャーアーキテクトの評判

 

社員はどんな人がいる?

意識して人を育てるというようなことはあまりなく、背中を見て育てるといった感じ。

そのため、自分で周囲から学んで成長していける人にとってはある意味望ましい環境。逆に人から教えてもらいたい人にとっては向かない。

フューチャーアーキテクトの評判

 

「技術」に明るい社員が多く在籍しており、求めさえすれば学びの場はたくさんある。そのため、技術的な成長に働きがいを感じられる人は良い環境ではないだろうか。

フューチャーアーキテクトの評判

 

温和で協力しあって仕事ができる人が多く、人間関係で悩むことはほとんどない。

フューチャーアーキテクトの評判

 

 

フューチャーアーキテクトの評判は、まとめると以下の通りです。

 

フューチャーアーキテクトの評判まとめ

✔️毎年、20万〜50万程度の昇給が見込める

✔️手をあげれば若手にも裁量が与えられるため、圧倒的に成長できる

✔️ワークライフバランスはプロジェクト次第だが、調整はしやすい

✔️ITコンサルとしてまずは技術力(プログラミングスキル)を身につける必要がある

✔️ITコンサルタントというよりSIerに近い働き方だが、そのぶん技術力は外資コンサルより全然身につく

✔️温和で協調的な社員が多い

✔️社風はフラットで風通しが良い

 

フューチャーアーキテクトは、良い評判・悪い評判ありますが、

フューチャーアーキテクトの総合評価は4.24と上位1%の高評価です。

 

フューチャーアーキテクトの総合評価

 

 

平均年収1000万以上で残業も少ない。

 

他の業界の”3倍成長できる”と言われるコンサル業界に興味がある方は、

僕が実際に活用していた超おすすめの転職エージェント(無料)を紹介しますので、

まずは初回面談からお試しください。

 

✔️僕が転職活動で実際に使っていた「アクシスコンサルティング」

✔️未経験のコンサル転職に強い「MyVision(マイビジョン)」

 

などは未経験からのコンサル転職実績も豊富で、

サポート内容も充実しております。

 

 

アクシスコンサルティング マイビジョン
✔️大手外資系コンサル、大手国内コンサルへの転職実績(シニコン以上)がNo.1

✔️アクセンチュアやBIG4などのIT系総合コンサルファームに強い

✔️95%の転職者が年収アップ!

✔️未経験や異業種からのコンサル転職に強い

>>>アクシスコンサルティングへの登録はこちら >>>MyVisionnへの登録はこちら

コンサル特化転職エージェント比較

 

yuu

彼らはコンサル転職のプロなので、穴場の優良コンサル企業(ベンチャー含む)を次から次へと紹介してくれます。

 

 

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

>>>MyVisionへの新規登録(無料)はこちら

 

 

詳しくは以下の記事をどうぞ(^ ^)

 

内定取り消しってマジ?フューチャーアーキテクトがやばいと言われる理由3つ

 

あなた
結局、なんで「フューチャーアーキテクトはやばい」って言われるの?

 

という方のためにフューチャーアーキテクトが「やばい」と言われる理由を解説したいと思います。

 

前述してきた内容をまとめると、

フューチャーアーキテクトが「やばい」と言われる理由は大きく以下の3つです。

 

フューチャーアーキテクトがやばいと言われる理由

✔️コンサルタントというよりぶっちゃけエンジニア

✔️簿記2級取らないと内定が取り消しになる

✔️受け身の姿勢ではチャンスは来ない

 

コンサルタントというよりぶっちゃけエンジニア

フューチャーアーキテクトがやばいと言われる1つ目の理由は業務内容がコンサルタントというよりSIerで、システム面にかなり寄ることが挙げられます。

 

ITコンサルタントとして最低限のプログラミングスキルができる必要があるという考えが浸透しているため、入社後最低2年程度は設計開発やテストなど、エンジニアの業務が中心になる。(あくまで傾向だが)

フューチャーアーキテクトの評判

 

ITコンサルティング企業というよりもSIer企業に近い。自社でシステムを開発、販売して儲けるビジネスモデルです。

フューチャーアーキテクトの評判

 

若手のうちはSE(システムエンジニア)としての働きが求められ、ザ・コンサルタントとして働けるようになるには入社して5〜6年はかかると思われる。

フューチャーアーキテクトの評判

 

yuu

つまり、入社したらまずは技術力(プログラミングスキル)を徹底的に鍛えられて、

ある程度のスキルを身に付けるところからキャリアがスタートします。

 

 

何年か経ってようやくコンサルタントっぽい仕事ができますが、

それでも戦略や経営系の「ザ・コンサルタント」という仕事ができるのは一部のコンサルタントのみ。

フューチャーアーキテクトに入ると、キャリアがかなりシステム方面に絞られることは認識しておいたほうがいいでしょう。

 

ただ、そのぶん技術力を身に付けたい人や、やシステム方面のキャリアを築きたい人には最高の環境です。

 

ITスキルを高めるという点のみでいえば、アクセンチュアやIBMなどの大手外資系企業などとは、比べ物にならないほどのレベル(技術力)を身につけることができる。

フューチャーアーキテクトの評判

 

yuu

その後、ITコンサルタントとしてキャリアを築くにしても、大手IT会社などに転職するにしても一生役立つスキルが身につく点はメリットです。

 

 

 

簿記2級取らないと内定が取り消しになる

 

2つ目は前述したように「簿記2級取得が入社の必須条件になっている」点です。

 

 

yuu

簿記2級が入社条件になっている会社なんて初めて聞くレベルで珍しいですからね

 

 

まぁ、簿記2級は社会人の超定番資格ですが、それでも簿記2級取れなかったら内定取り消しというのは良くも悪くも非常にシビアな会社だと思います。

 

なので、もしあなたがフューチャーアーキテクトへの就職を考えている場合、

余裕を持って簿記2級の資格勉強も事前に始めておくことをおすすめします。

 

簿記2級が入社条件の要項になっている以上、取れなかったら内定取り消しになっても文句は言えませんからね。。。

 

受け身の姿勢ではチャンスは来ない

 

3つ目のフューチャーアーキテクトがやばい理由は「受け身の姿勢ではチャンスが来ない」という点です。

 

ただ、これは裏を返せば、自ら手を挙げらればチャンスをもらえる会社と言い換えることができます。

 

手をあげればやりたいことにどんどん挑戦できるし、若いうちから責任のある仕事をたくさん任せてもらえるところにやりがいを感じられる。

フューチャーアーキテクトの評判

 

手をあげれば年次関係なくどんどん新しいことに挑戦できるベンチャー気質な面がある一方で、残業する人が評価されやすい古い日本企業的な気質も残っている。

フューチャーアーキテクトの評判

 

新卒2、3年の社員にここまで任せてもらえるの?というくらい色々なことにチャレンジさせてもらえる会社。

そのぶん、プレッシャーがかかる状況で、長時間労働に耐えられる心身が必要になる。

フューチャーアーキテクトの評判

 

 

なので、あまり積極的に動くことが苦手な人や、ある程度会社から指示が欲しい人にとってはあまり良い環境ではないかもしれません。

(逆に、自らアクティブに働くことができる人にとっては最高の環境です)

 

 

平均年収1000万以上で残業も少ない。

 

他の業界の”3倍成長できる”と言われるコンサル業界に興味がある方は、

僕が実際に活用していた超おすすめの転職エージェント(無料)を紹介しますので、

まずは初回面談からお試しください。

 

✔️僕が転職活動で実際に使っていた「アクシスコンサルティング」

✔️未経験のコンサル転職に強い「MyVision(マイビジョン)」

 

などは未経験からのコンサル転職実績も豊富で、

サポート内容も充実しております。

 

 

アクシスコンサルティング マイビジョン
✔️大手外資系コンサル、大手国内コンサルへの転職実績(シニコン以上)がNo.1

✔️アクセンチュアやBIG4などのIT系総合コンサルファームに強い

✔️95%の転職者が年収アップ!

✔️未経験や異業種からのコンサル転職に強い

>>>アクシスコンサルティングへの登録はこちら >>>MyVisionnへの登録はこちら

コンサル特化転職エージェント比較

 

yuu

彼らはコンサル転職のプロなので、穴場の優良コンサル企業(ベンチャー含む)を次から次へと紹介してくれます。

 

 

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

>>>MyVisionへの新規登録(無料)はこちら

 

 

詳しくは以下の記事をどうぞ(^ ^)

 

フューチャーアーキテクトの業界での序列は?年収・売上・残業時間をランキング化してみた

 

あなた

フューチャーアーキテクトってコンサル業界の中で、総合的に見て良い会社なの?

 

と思われる方のために、続いてはフューチャーアーキテクトのコンサル業界での立ち位置を見ていきたいと思います。

 

yuu

売上・平均年収・残業時間を元にフューチャーアーキテクトをランキング化したので、ぜひ参考にしてください。

 

独断と偏見による筆者のITコンサルランキングでは、

フューチャーアーキテクトは、以下のように業界トップ30位程度には間違いなくランクインするかと思います。

 

 

1位:野村総合研究所
売上:6921億円
平均年収:1232万円
残業時間:54時間
2位:PwCコンサルティング
売上:2279億円
平均年収:938万円
残業時間:55時間
3位:デロイトトーマツコンサルティング(DTC)
売上:3129億円
平均年収:969万円
残業時間:65時間
4位:ベイカレントコンサルティング
売上:761億円
平均年収:1108万円
残業時間:33時間
5位:アビームコンサルティング
売上:1217億円
平均年収:812万円
残業時間:39時間
6位:EYストラテジー&コンサルティング
売上:800億円
平均年収:915万円
残業時間:30時間
7位:KPMGコンサルティング
売上:非公開
平均年収:918万円
残業時間:21時間
8位:アクセンチュア
売上:3620億円
平均年収:865万円
残業時間:28時間
9位:シグマクシス
売上:55億
平均年収:1169万円
残業時間:47時間
10位:ドリームインキュベータ
売上:12億円
平均年収:1776万円
残業時間:80時間

コンサル業界トップ10

 

〜〜〜〜〜〜〜(中略)〜〜〜〜〜〜〜〜

 

31位:フューチャーアーキテクト
売上:158億
平均年収:734万円
残業時間:45時間
32位:ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング
売上:92億
平均年収:808万円
残業時間:23時間
33位:日本能率協会コンサルティング
売上:40億
平均年収:818万円
残業時間:不明
34位:ディルバート
売上:160億
平均年収:728万円
残業時間:30時間
35位:アバナード
売上:非公開
平均年収:748万円
残業時間:23時間
36位:SBテクノロジー
売上:672億
平均年収:727万円
残業時間:27時間
37位:ドルビックスコンサルティング
売上:非公開
平均年収:736万円
残業時間:31時間
38位:グローバルパートナーズテクノロジー
売上:3億5000万
平均年収:776万円
残業時間:30時間以内
39位:ノースサンド
売上:44億
平均年収:687万円
残業時間:25時間
40位:みずほR&T
売上:1405億
平均年収:660万円
残業時間:30時間

コンサル業界31位〜40位

 

もちろん、上記のランキングは筆者の独断と偏見によるものですが、

フューチャーアーキテクトはITコンサル業界の中では

ぶっちゃけ、可もなく不可もなく、中堅程度のコンサルファームの1つであると言えます。

 

フューチャーアーキテクトはコンサル業界の中で見ると年収は標準的。

残業時間についても、業界的には標準(やや多め?)くらいなので、決して悪い待遇ではないですが、

他にもオススメのコンサル企業は山ほどあります!

 

ITコンサルランキング(完全版)は以下の記事をご覧ください。

 

 

また、他にもおすすめのコンサルティングファームについては以下の記事をご覧ください(^ ^)

 

 

yuu

もし、あなたが本気で「フューチャーアーキテクト」への転職を未経験で目指すなら、

僕が転職時にガチで使っていた超オススメのコンサル転職エージェントを以下に紹介します。

 

 

未経験でコンサル業界に転職するならアクシスコンサルティングがおすすめ
✔️創業20年!アクセンチュアやBIG4などの外資系コンサルへの圧倒的な転職実績
✔️現役コンサルタントの”4人に1人”が登録する国内最大級のコンサル転職エージェント
✔️未経験からのコンサル転職支援が豊富
✔️77%以上が非公開の限定求人

例えば、コンサル転職初心者がつまづきがちな

ケース面接対策や面接対策はもちろん、

自己分析や企業選びの部分から丁寧に支援していただけます。

(完全無料)

 

個人的には、各コンサル会社の面接データを事前にインプットできるのが「神」過ぎましたw

 

 

アクシスの面接対策資料(チートすぎw)

yuu

しかもアクシスコンサルティングであれば、

「フューチャーアーキテクト」のような総合系コンサルファームはもちろん、

アクセンチュアやBIG4などの大手外資系コンサルファームへの内定実績が多数あります!

 

 

「未経験からコンサル転職」

「実績ゼロの社会人1年目〜3年目」の方は

まずは無料相談からどうぞ!

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

 

アクシスコンサルティングについて詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ(^ ^)

 

フューチャーアーキテクトの就職偏差値(難易度)・転職難易度はやばい?

 

あなた
フューチャーアーキテクトの就職難易度は?やっぱり高いの?

 

というあなたのために、続いては

フューチャーアーキテクトの就職(転職)難易度について解説したいと思います。

 

結論から言うと

フューチャーアーキテクトの就職偏差値は「58」程度です。

 

yuu

つまり、就職難易度でいうと、そこそこ高いということ。

 

就職時の倍率は10倍程度ですが、

毎年の新卒採用人数は100人〜200人程度です。

 

コンサル業界の就職(転職)難易度ランキングは以下の通りです。

 

就職(転職)難易度SSランク
マッキンゼー&カンパニー BCG(ボストンコンサルティング)
ベイン&カンパニー
就職(転職)難易度Sランク
ローランド&ベルガー A.T.カーニー
アーサー・D・リトル
就職(転職)難易度Aランク
デロイトトーマツコンサルティング KPMGコンサルティング
EYストラテジー&コンサルティング pwcコンサルティング
アクセンチュア ベイカレント・コンサルティング
野村総合研究所 アビームコンサルティング
就職(転職)難易度Bランク
リグリットパートナーズ フューチャーアーキテクト
ノースサンド ディアバト
ビジョン・コンサルティング ライズコンサルティング

有名コンサルファームの就職難易度

 

yuu

マッキンゼーやボストンコンサルティングなどの有名コンサル企業に比べると、

フューチャーアーキテクトの就職(転職)難易度はそこまで高くありません。

 

そのため、フューチャーアーキテクトへの就職・転職は

しっかりとした対策を実施すれば、十分にチャンスはあるでしょう。

 

特に、以下の”いずれか1つ”でも当てはまっているのであれば、受かる可能性は高いです!

 

  • MARCH以上の学歴がある
  • 営業や企画・経営系の経験がある
  • IT系の業務設計経験がある
  • プロジェクト業務の経験がある

 

yuu

僕のように就職失敗して、まともな職歴がなくても全然内定は出るのでぜひ最初から諦めずにトライして欲しいと思います。

 

 

筆者の詳しいプロフィールや転職体験談は以下の記事をご覧ください。

 

フューチャーアーキテクトの採用大学(出身大学)がやばい?

 

あなた
でも、結局エリートで高学歴しかフューチャーアーキテクトには入れないんでしょう?

 

というあなたのために、フューチャーアーキテクトの採用大学を紹介します。

 

フューチャーアーキテクトの採用大学以下の通りです!

 

東京大学 京都大学
一橋大学 大阪大学
慶應義塾大学 早稲田大学
横浜国立大学 東京工業大学
上智大学 同志社大学
北海道大学 九州大学
東北大学 神戸大学
東京理科大学 お茶の水大学
法政大学 明治大学
立教大学 中央大学
青山学院大学 筑波大学
関西大学 関西学院大学
奈良先端科学技術大学院大学 北陸先端科学技術大学院大学
ボストン大学 立命館大学
コロンビア大学 カリフォルニア大学バークレー校
UCLA カリフォルニア大学アーバイン校

フューチャーアーキテクト界の採用大学一覧

 

yuu

フューチャーアーキテクトの採用大学は、最低でもMARCHや関関同立レベルとなっていますね。

しかも有名海外大学からも多数採用実績があるのがスゴすぎる笑

 

 

ただ、これはあくまでも”新卒就活”の話。

フューチャーアーキテクトは中途であれば、

学歴がなくても全然可能性はあります!

 

yuu

しかも今は採用活動をフューチャーアーキテクトはめちゃくちゃ積極化しています!

なので、中途(転職)であれば、新卒に比べてかなり入りやすくなっていると思われます。

 

 

つまり、フューチャーアーキテクトに転職するなら今がチャンス!

 

平均年収1000万以上で残業も少ない。

 

他の業界の”3倍成長できる”と言われるコンサル業界に興味がある方は、

僕が実際に活用していた超おすすめの転職エージェント(無料)を紹介しますので、

まずは初回面談からお試しください。

 

✔️僕が転職活動で実際に使っていた「アクシスコンサルティング」

✔️未経験のコンサル転職に強い「MyVision(マイビジョン)」

 

などは未経験からのコンサル転職実績も豊富で、

サポート内容も充実しております。

 

 

アクシスコンサルティング マイビジョン
✔️大手外資系コンサル、大手国内コンサルへの転職実績(シニコン以上)がNo.1

✔️アクセンチュアやBIG4などのIT系総合コンサルファームに強い

✔️95%の転職者が年収アップ!

✔️未経験や異業種からのコンサル転職に強い

>>>アクシスコンサルティングへの登録はこちら >>>MyVisionnへの登録はこちら

コンサル特化転職エージェント比較

 

yuu

彼らはコンサル転職のプロなので、穴場の優良コンサル企業(ベンチャー含む)を次から次へと紹介してくれます。

 

 

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

>>>MyVisionへの新規登録(無料)はこちら

 

 

詳しくは以下の記事をどうぞ(^ ^)

 

フューチャーアーキテクトに転職するためのポイント4つ

 

あなた

フューチャーアーキテクトに興味がある!でも、どうしたらいいの?

 

というあなたのために、

フューチャーアーキテクトから内定をもらうためのポイントを4つ紹介したいと思います。

 

フューチャーアーキテクトに受かるためのポイントは以下の4つ。

 

フューチャーアーキテクトの受かるためのポイント4つ

✔️STAR・PREP法を身につける

✔️コンサル業界に絞って10社程度エントリーする

✔️コンサル特化の転職エージェントを活用する

✔️コンサル業務を理解する(おすすめ本についても紹介)

 

STAR・PREP法を身につける

まず、コンサルタントに求められる力として「論理的思考力」が挙げられます。

これはコンサル業界を志望する場合、面接の段階でバチバチに見られるところです。

 

ただ、論理的思考力を身につけよう!と思っても、そう簡単に身につくものではないため、

多くの転職希望者は「一体、どうしたらいいんだ…」と途方に暮れてしまいます。

 

そこで紹介したいのがSTAR・PREP法です。

このフレームワークを使えば、誰でも説得力のある論理的な応対ができるようになります。

 

「STAR(スター)」とは、以下の「型」に沿って、自身の体験談や実績を語るだけで、

わかりやすく、魅力的に伝えることができる就活(転職)では、万能のツールです。

 

STAR(スター)とは

✔️Situation(状況):どんな問題があったか

✔️Task(課題):その問題のどこに課題を見つけたか

✔️Action(行動):課題に対してどのような施策を考え、実行したか

✔️Result(結果):その結果はどうだったか

 

一方、PREP(プレップ)法は、文章や会話などコミュニケーション全般で使える超王道のフレームワーク。

転職とか関係なく、社会人なら絶対覚えておきたい「型」になります。

 

PREP法とは

✔️P(point:主張):結論や最も伝えたいこと

✔️R(reason:根拠):結論を裏付ける理由や証拠

✔️E(example:具体例):聞き手がイメージしやすい具体例や体験談

✔️P(point:主張):最後にもう一度、結論を述べる(最初よりも詳細化するとGOOD)

 

yuu

イメージとしては、自分の実績や経験をアピールしたいときは「STAR」

それ以外は「PREP法」に沿って、回答すれば、明日から説得力のある発言ができます。

 

コンサル業界を目指すのであれば、是非とも両方使えるようになって

「おっ!こいつはなかなか論理的な受け答えをするな!」と思わせることができれば、

コンサル転職へ一歩近づくこと間違いなしです!

 

詳しいコンサル転職の仕方については、以下の記事がおすすめです。

 

コンサル業界に絞って10社程度エントリーする

2つ目のポイントは、コンサル業界で10社程度エントリーするということ。

 

「絶対このコンサルファームがいい!」という圧倒的な第1志望が決まっている場合でも、

ぜひ10社程度のコンサルファームを受けることをおすすめします。

 

なぜか?

大手のコンサルファームに絞って面接を受けて全滅する方が非常に多いからです。

 

他にも「コンサルファームを10社程度受ける」のは、以下のメリットがあります。

 

10社程度のコンサル企業に応募した方が良い理由

✔️そもそも、内定をもらえる確率が上がる(全落ちのリスク回避)

✔️コンサルファームを複数受けることでコンサル業界への理解が深まる

✔️第1志望以外の面接本番の場を面接対策(ケース面接含む)として活用できる

✔️穴場の優良コンサルファームに出会える確率が上がる

 

yuu

大手とベンチャーの比率は、2:8か3:7くらいをおすすめします。

 

コンサル業界は、

ほとんど名前を聞いたことがないコンサルファームが

平均年収軽く1000万を超え、残業も少なく、

業績も毎年20%〜30%ずつ伸び続けているみたいな会社はざらにあります。

 

コンサル転職の場数を踏むという意味でも、

ぜひなるべく多くのコンサルファームにエントリーすることが、

コンサル転職を成功させるためのコツです。

 

コンサル特化の転職エージェントを活用する

3つ目は、コンサル特化の転職エージェントを活用するということ。

 

コンサル特化の転職エージェントを活用するメリットは以下のとおり。

 

コンサル特化の転職エージェントを使うメリット

✔️有名コンサルファームへの圧倒的な転職実績があるプロにサポートしてもらえる

✔️コンサル特有のケース面接などへの対策が手厚い

✔️コンサルファームの人事部や経営層から仕入れたお得情報が盛りだくさん

✔️非公開求人・限定求人を多数紹介してもらえる

 

すでに「コンサル一本に絞って転職する」ことを決めている場合、

コンサル特化の転職エージェント一択です!

完全無料ですし)

 

yuu

汎用的な転職エージェント(リク○ートエージェントなど)は、

まだ志望する業界が決まっていない方などにはオススメできますが、

ある程度、志望する業界や企業が見えているのであれば、

絶対にやめたほうがいいです。(経験者は語る)

 

とにかく、本気でコンサル転職を成功させたいのであれば、

まず間違いなくコンサル特化の転職エージェントを活用しましょう。

 

でも、どのコンサル特化エージェントがいいかわからないという方は、

以下の転職エージェントがマジでおすすめです。

 

✔️僕が転職活動で実際に使っていた「アクシスコンサルティング」

✔️未経験のコンサル転職に強い「MyVision(マイビジョン)」

 

上記のエージェントは、未経験からのコンサル転職実績も豊富で、

サポート内容も充実しております。

 

 

アクシスコンサルティング マイビジョン
✔️大手外資系コンサル、大手国内コンサルへの転職実績(シニコン以上)がNo.1

✔️アクセンチュアやBIG4などのIT系総合コンサルファームに強い

✔️95%の転職者が年収アップ!

✔️未経験や異業種からのコンサル転職に強い

>>>アクシスコンサルティングへの登録はこちら >>>MyVisionnへの登録はこちら

コンサル特化転職エージェント比較

 

yuu

どちらもフューチャーアーキテクト含む一流コンサルファームへの転職実績が豊富です!

 

 

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

>>>MyVisionへの新規登録(無料)はこちら

 

 

詳しくは以下の記事をどうぞ(^ ^)

 

コンサル業務を理解する(おすすめ本についても紹介)

4つ目のポイントは、コンサル業界への正しい理解をすることです。

 

ぶっちゃけ、未経験からのコンサル転職の成否を分ける最大のポイント

「コンサル業界への理解度」だと思います。

 

コンサル業界への理解を深める方法は、たくさんあります。

 

コンサル業界について知るには?

✔️知り合いのコンサル業界に詳しい人にきく

✔️SNSや転職サービスでコンサル業界について聞く

✔️本やブログ、YouTubeなどでコンサルの世界を知る

 

個人的には「本を読む」のが、最も簡単にコンサル業界への理解を深めることができるので、

おすすめの本を以下に紹介します。

 

yuu

以下の本は、僕がコンサル業界に転職したばかりの頃にアクセンチュアのお偉いさんに薦めていただきました笑

 

コンサルティング会社完全サバイバルマニュアル

こちらはコンサル会社の仕事内容や働き方、転職1年目、3年目、5年目と転職後にあなたがコンサル会社で働くイメージが湧く1冊です。

この本を読んでおくだけで、コンサル会社での面接もかなり有利になるのでめちゃおすすめです。

 

 

>>>「コンサルティング会社完全サバイバルマニュアル」はこちら

 

「無料で本を読みたい!」というあなたには以下のオーディオブック版もおすすめ。

 

オーディオブックなら毎日の通勤時間にサクッと聞ける上、

今ならAmazonオーディオブックの無料体験でこの本が聞き放題なので

紙の本が苦手とか、本を読むまとまった時間が取れない場合はめちゃくちゃあり!

 

>>>「コンサルティング会社完全サバイバルマニュアル(オーディオブック版)」はこちら

(無料体験で完全0円で聞けます!)

 

yuu

ちなみに僕はオーディオブックヘビーユーザーなので、毎日の通勤時間はオーディオブックやYouTubeで勉強してます!

 

 

ロジカルプレゼンテーション

こちらの本はズバリ「コンサル会社で活躍するために必要なスキルや考え方」をまとめた1冊。

コンサル志望ではない方にもおすすめですが、コンサル志望者には必見の本。

 

この本を完璧に理解できたらケース面接とか超絶余裕ですよ。笑

これからコンサル会社で働く上でバイブルになるようなそんな1冊。

 

 

>>>「ロジカルプレゼンテーション」はこちら

 

こちらもAmazonオーディオブック版があるので

 

  • 無料で本を読みたい
  • 本を読む時間がない
  • 分厚い本は大嫌い

 

という場合はおすすめです。

 

>>>「ロジカルプレゼンテーション(オーディオブック版)」はこちら

(無料体験で完全0円で聞けます!)

 

ただ、こちらの本は非常にボリュームもあるため、

オーディオブックだと全容を理解しきるのは難しいかもです。

 

可能であれば時間がかかってもいいので、

紙の本でじっくり読むことをおすすめします。

 

コンサル転職するなら絶対に登録すべきコンサル転職エージェント2つはこちら。

 

 

フューチャーアーキテクトについてもっと知りたい!という方にオススメの動画5つ

 

あなた

もっとフューチャーアーキテクトのリアルな実態について知りたい!

 

という方のためにフューチャーアーキテクトのリアルな実態がわかる動画を紹介したいと思います。

 

フューチャーアーキテクトについて30秒で解説!

 

 

動画「FUTURE Recruiting|『経営とITをデザインする フューチャーアーキテクト』」は、フューチャーアーキテクトのリクルーティング広告です。以下がその内容の要約です。

 

  • フューチャーアーキテクトの紹介
    • フューチャーアーキテクトは、お客様と共に未来の価値を創造する会社です。
    • エンジニアリング力とコンサルティング力の両方を磨くことができる職場です。
    • 多様な人々が活躍できるフラットな企業文化が特徴です。
    • 経営とITをデザインする企業としての役割を強調しています。

 

 

フューチャーアーキテクトの年収をぶっちゃけ!

 

動画「株本の後輩が登場。穴場コンサルの年収と働き方【フューチャーアーキテクト】|vol.1895」では、ゲストの佐藤さんが前職のフューチャーアーキテクトについて詳しく語っています。以下はその要約です。

 

  • 会社概要:
    • フューチャーアーキテクトは、システム開発を要件定義から保守運用まで一貫して行うITコンサルティング会社。主要な顧客は流通、金融、小売業界。
  • 競合と業界ポジション:
    • 競合としてはアクセンチュア、ベイカレント、シンプレックスなどが挙げられる。業界内ではアクセンチュアに近いポジションにあり、転職する人も多い。
  • 採用と教育:
    • 学歴フィルターはないが、高学歴の社員が多い。入社後はビジネスマインドとITプログラミングの研修を受ける。
  • 仕事内容とプロジェクト:
    • 金融、流通、小売などのプロジェクトに配属される。プロジェクトの選択は社員の意向が重視される。
  • 働き方と残業:
    • 残業は月に50~80時間程度であり、管理されている。テレワークが主流で、ワークライフバランスも保たれている。
  • 年収:
    • 1年目は500万円未満、2年目560万円、3年目630万円、退職時は700万円。年収は毎年のプレゼンテーションで決まる。
  • セカンドキャリア:
    • フューチャーアーキテクトから他のコンサルや上流工程の仕事に転職する人が多い。残留率は業界平均より低め。

 

 

 

現役社員がフューチャーを語る

 

 

動画「【25卒】フューチャー(フューチャーアーキテクト)《JOB Discovery Online Spring 2023》」では、フューチャーアーキテクトの企業説明会が行われています。以下はその内容の要約です。

 

  • 企業概要と理念:
    • フューチャーアーキテクトは、経営とITをデザインすることをミッションとするITコンサルティング企業。ビジネスの本質を理解し、最新のテクノロジーを駆使して顧客に新たな価値を創造する。
  • 事業内容:
    • ITコンサルティング&サービス事業とビジネスイノベーション事業の二つの柱で運営。特にITコンサルティング&サービス事業に重点を置いている。
  • 強み:
    • 全員がコンサルタントでありエンジニア: 経営、業務、ITの三位一体の改革を推進し、テクノロジーを経営戦略に落とし込む。
    • バトンタッチしない一気通貫モデル: 最初から最後まで同じ人がプロジェクトを担当することで、目的を達成するための強いコミットメントを持つ。
    • 中立フラットなポジションニング: 特定の技術やソリューションに依存せず、最適な提案を行う。必要な場合は自社で技術を開発することもある。
  • 働き方とキャリアパス:
    • 多様性を尊重し、一人ひとりに合わせた働き方を推奨。テクノロジーに関する深い知識を身につけ、プロジェクトマネジメントやコンサルティング力を磨く。
    • 手を挙げれば裁量権を持ち、チャレンジできる環境が整っている。
  • インターンシップ情報:
    • 夏に行われるインターンシップについても言及されており、新卒採用担当が詳細を説明。

 

 

フューチャーアーキテクトはやばい?

 

動画「【コンサル】フューチャーアーキテクトが穴場すぎるww|vol.733」では、フューチャーアーキテクト株式会社に関する詳細な情報が提供されています。以下はその内容の要約です。

 

  • フューチャーアーキテクトの概要:
    • 主に流通業界と金融業界に強みを持つIT系のコンサルティングファーム。システム開発を要件定義から保守運用まで一貫して行っており、SaaSパッケージの導入ではなく、スクラッチ開発が多い。
  • 他社との違い:
    • アクセンチュアやベイカレントコンサルティングとは異なり、フューチャーアーキテクトはITの開発や保守に重点を置いており、パッケージ導入よりもスクラッチ開発が主流。
  • キャリアと年収:
    • 新卒は450万円スタート。コンサルタントで550万円、マネージャーで750万円、ディレクターで1000万円を超える。シニアマネージャー職はなく、ディレクターの次は役員になる。
  • フューチャーアーキテクトの働き方:
    • プロジェクトに常駐し、クライアント企業の業務改善を行う。特にスクラッチでのシステム開発に強みがあり、上流工程から下流工程まで一貫して担当する。
  • フューチャーアーキテクトの評価:
    • コンサルティング業界内での位置づけとして、アクセンチュアやベイカレントコンサルティングと比較されることが多いが、フューチャーアーキテクトは特にIT開発に強みを持つ。
  • 転職とキャリアの展望:
    • フューチャーアーキテクトから他のコンサルティングファームやIT企業に転職することも多く、キャリアのステップアップに利用されることがある。特に上流工程を経験したい人や年収アップを目指す人が多い。

 

この動画はフューチャーアーキテクトの特徴や働き方、キャリアパスについての洞察を提供しており、転職やキャリアアップを考える視聴者にとって有益な情報が多く含まれています。

 

 

選考フローについて

 

動画「フューチャー|会社説明会動画 vol3.新卒採用選考フロー編」では、フューチャー株式会社の新卒採用選考フローについて詳しく説明されています。以下はその要約です。

 

  • 選考フローの概要:
    • プレゼン選考とコード選考の二つの選考方法があります。
    • プレゼン選考ではWebテストの受験とエントリーシートの提出が必要です。
    • コード選考ではプログラミングテストの受験と、座談会後にエントリーシートの提出が求められます。
  • 選考プロセス:
    • 初回ステップ以降は座談会と面接を通してお互いの理解を深めていきます。
    • プログラミングスキルに自信がある方はコード選考にチャレンジすることを推奨。
    • プログラミングテストにはサンプル問題が用意されています。
  • 評価と待遇:
    • どちらのコースを選んでも評価の観点や入社後の待遇に違いはありません。
    • 文系・理系ともに活躍している先輩社員が多数います。
  • 企業哲学:
    • フューチャーが大切にしている哲学(Power Philosophy)として、以下の5つが挙げられます:
      • 本質を見極める
      • 大義を問う
      • 初めてに挑戦
      • 難題を楽しむ
      • ないものを作る
  • 追加情報:
    • フューチャーについてもっと知りたい方は、オウンドメディア「未来報」や技術ブログ「テックブログ」、テクキャストなどの各種メディアを参照。

 

最後に

 

今回は、フューチャーアーキテクトのやばい評判や内定取り消しの噂について解説しました。

 

フューチャーアーキテクトの内定取り消しについては、一昔はともかく、最近は内定取り消しになることはまずありえないという結論です。

また、フューチャーアーキテクトの良い評判、悪い評判を合わせて紹介したので、ぜひ参考にしてください(^ ^)

 

平均年収や残業時間は業界標準程度でしたね。

 

yuu

なのでもし、あなたがフューチャーアーキテクトに1ミリでも興味があるのであれば迷うことなく受けてみることをおすすめします。

 

しかし、改めて言いますが、

フューチャーアーキテクトはそんな簡単に入れる企業ではありません。

 

  • コンサルってキラキラしてて憧れる!
  • なんとなく経営に携わりたい!
  • とにかく年収をあげたい!
  • とりあえずエリートっぽい企業に入りたい!

 

くらいの生半可な気持ちで目指しても

決して内定は取れません。

(あなたが高学歴で社会人としての実績の十分の超エリートであれば話は別ですが)

 

なので、もしあなたがフューチャーアーキテクトへの転職を目指すのであれば、

コンサル転職への対策を「これでもか!」としっかり実施して頂ければと思います。

 

フューチャーアーキテクトに転職するためには、

 

  • ケース面接対策
  • コンサル業務への正しい理解

 

などなど、やるべきことが沢山あります。

おそらく、1人でこれらすべてを完璧にこなすのは難しいでしょう。

 

そこで!

もしあなたが本気でフューチャーアーキテクトに入りたい!

コンサル業界に転職してキャリアを立て直したい!

 

と思っているのであれば、まずはコンサルのプロに聞くのがいちばんの近道。

 

ここまで読んでくれたあなたには特別に

僕が実際に利用していたマジでオススメの転職エージェントを以下に紹介します。

 

yuu

本気で未経験からコンサル転職を成功さえたい人だけ初回面談に応募してみてください。

そのサービスの品質は保証します!

 

転職実績多数!

未経験からコンサル転職するならアクシスコンサルティング!

>>>アクシスコンサルティングの無料面談はこちら

 

 

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事