ズバッと本質を突く!たった一言の短い名言48選【偉人の名言集】

名言

 

今回は、たった一言でスバっと物事の本質をついた

偉人たちの「短い一言名言集48」を紹介したいと思います。

 

なぜ、たった一言の短い名言を紹介するのか?

 

それは偉人の短い名言には、

余分な情報がそぎ落とされ、

本質的な思考のみを凝縮されているからです。

 

だからこそ、たった一言の言葉が

我々の心にグサッと刺さり、

「深い!」と思わずにはいられないのです。

 

たった80年かそこらの短い人生で、

とんでもない偉業を成し遂げてきた偉人たちの

”人生が凝縮された”短くも深〜い名言をぜひ、ご堪能ください。

 

それでは、早速行って参りましょう!

 

短くも深〜い偉人の一言(名言)48

 

世界を変えたいなら、まず自分が変わりなさい。

マハトマ・ガンジー(インド独立の父)

 

 

現状維持では、後退するばかりである。

ウォルト・ディズニー(ディズニーの生みの親)

 

 

夢は大きく、失敗は大胆に。

ノーマン・ボーン(アメリカの作家)

 

 

人生とは、今日一日一日のことである。

デール・カーネギー(「人を動かす」著者)

 

 

今を戦えない者に、次とか来年とかを口にする資格はない。

ロベルト・バッジョ(イタリアのサッカー選手)

 

 

「明日こそは」と言っていたら、

明日こそは墓場行きになってしまうよ。

イワン・ツルゲーネフ(ロシアの文豪)

 

 

最高の夢は、目覚めているときに見る。

チャールズ・ギルダーブルーム

 

 

雲の向こうは、いつも青空。

ルイーザ・メイ・オルコット(アメリカの小説家)

 

 

人が持てる力を放棄する最もありがちな方法は、自分には何もないと思うことだ。

アリス・ウォーカー(アメリカの作家)

 

 

自分ならできると信じれば、半分は達成したようなものだ。

セオドア・ルーズベルト(アメリカ第26代大統領)

 

 

私たちは自分が思った通りの人間になる。

アール・ナイチンゲール(アメリカの作家)

 

 

速度を上げるばかりが人生ではない。

マハトマ・ガンジー(インド独立の父)

 

 

木を切り倒すのに8時間与えられたら、

私は最初の6時間を斧を研ぐのに費やす。

リンカーン(アメリカ第16代大統領)

 

 

「これが最悪だ」などと言えるうちは、まだ最悪ではない。

シェイクスピア(「ハムレット」作者)

 

「世界の名言481」今なら完全無料で手に入る!

 

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

(今回の48の名言と併せてご覧いただくとより効果的です)

 

 

あなたが同意しなければ、誰もあなたを惨めな気持ちにさせることはできない。

エレノア・ルーズベルト(アメリカのファーストレディー)

 

 

与えることで貧しくなった人は、いまだかつて存在しない。

アンネ・フランク(「アンネの日記」著者)

 

 

世界平和のためにできることですか?

家に帰って家族を愛してあげてください。

マザー=テレサ

 

 

星に目を向け、足を地につけよ。

セオドア・ルーズベルト(アメリカ第26代大統領)

 

 

平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行することが、すなわち非凡なのである。

アンドレ・ジイド(フランスの小説家)

 

 

はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる。

ジョン・ドライデン(イングランドの詩人)

 

 

昨日から学び、今日を生き、明日に期待する。

チャールズ・シュルツ(スヌーピーの生みの親)

 

 

計画のない目標は、ただの願い事。

サン=テグジュペリ(「星の王子様」作者)

 

 

今から20年後、あなたはしたことより、

しなかったことに最も失望しているでしょう。

マーク・トウェイン(アメリカの作家)

 

 

人生における最大の危険は、リスクを犯さないことにある。

キルケゴール(デンマークの哲学者)

 

 

優秀な芸術家は模様し、偉大な芸術家は盗む。

パブロ・ピカソ(スペインの画家)

 

 

困難の中に機会がある。

アインシュタイン(ドイツの物理学者)

 

 

打たないシュートは100%外れる。

ウェイン・グレツキー(カナダのアイスホケー選手)

 

 

プロの作家とは、書くことをやめなかったアマチュアである。

リチャード・バック(「かもめのジョナサン」作者)

 

 

人類史上の進歩の大部分は、不可能を決して受け入れなかった人々によって達成された。

ビル・ゲイツ(マイクロソフト創設者)

 

 

困難だからやろうとしないのではない。

やろうとしないから困難なのだ。

セネカ(ローマの政治家)

 

 

岸が見えなくなる勇気を受け入れる覚悟がなければ、海を渡ることなど決してできない。

コロンブス(スペインの航海者)

 

 

今日始めなかったことが、明日終わるなんてことはない。

ゲーテ(ドイツの詩人)

 

 

簡単すぎる人生に、生きる意味などない。

ソクラテス(古代ギリシアの哲学者)

 

 

風が役に立たなければ、オールを使えばいい。

ラテンのことわざ

 

 

生きるとは、呼吸することではない。

行動することだ。

ルソー(フランスの哲学者)

 

 

つまらない人生をするには、人生は短すぎる。

ベンジャミン・ディズレーリ(イギリスの政治家)

 

 

夢見ることができれば、それは実現できる。

ウォルト・ディズニー(ディズニーの生みの親)

 

 

ハンガリーであれ。愚か者であれ。

スティーブ・ジョブズ(Apple創業者)

 

 

涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味はわからない。

ゲーテ(ドイツの詩人)

 

 

自分に打ち勝つことこそが、最も偉大な勝利である。

プラトン(古代ギリシアの哲学者)

 

 

行動を伴わない想像力には、何の意味もない。

チャーリー・チャップリン(イギリスの俳優)

 

 

人生とは本当にシンプルなのだが、私たちはこれを複雑にしようとして譲らない。

孔子(中国の思想家)

 

 

天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。

トーマス・エジソン(アメリカの発明家)

 

 

あなたの人生を代わりに生きてくれる人はいない。

ドリー・パートん(アメリカのシンガーソングライター)

 

 

過去はもはや関係なく、未来はまだ来ぬ。

セネカ(ローマの政治家)

 

 

なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない。

ジョージ・エリオット(イギリスの小説家)

 

 

今日が人生最後の日だったら、

今日やろうとしていることをやりたいか?

スティーブ・ジョブズ(Apple創業者)

 

 

今日という日は、残りの人生最初の日。

チャールズ・ディードリッヒ(アメリカの薬物中毒患者救済機関設立者)

 

 

偉人の一言名言まとめ

 

いかがでしたか?

まさに「ザ・名言!」という感じの名言が数多く見つかったのではないかと思います。

 

たった一言でシンプルだけどとてつもなく深い名言たちは、

あなたのやる気やモチベーションを高めてくれるのはもちろん、

グサッとあなたの心に突き刺さり、あなたの今後の

「考え方」や「生き方」にまで影響を及ぼす名言もあったかもしれません。

 

それほど偉人の残した一言には、凄まじいパワーが込められているのです。

 

あなたが気に入った名言、あなたの心に響いた一言はどの言葉でしたか?

 

その一言の名言を決して忘れないでくださいね。

スクショしてiPhoneの壁紙にしたり、

メモを取って部屋や目につくところに貼っておいてもいいでしょう。

 

その短いたった一言の名言は、

これからの人生においてあなたに”あるべき姿”を指し示し

あなたの人生を導いてくれる言葉ですから。

 

私の場合は、エミール・クエの

  • 毎日、すべてにおいて私は向上していく

という一言を部屋に掲げ、毎日必ず一度は見るようにしていますが、

一日の始めをこの名言でスタートすることで

「よし!やるか!」と活力がみなぎってきます。

 

少なくとも、その名言を目にするたびに、

やる気が出てくる”きっかけ”くらいにはなると思うので

是非とも今回紹介した名言の中から

たった一つでいいので、あなたの心に刻んでいただけたらなと思います。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

・・・とはいえ、99%の人は何も変えることができないでしょうね。
こんな「記事の隅々」まで読んでくれるあなただからこそ特別に教えますが、結局ほとんどの人はこの記事を読んだところで何も変えられず、元の日常に戻っていくと思います。
  • 素晴らしい言葉(名言)に触れる
  • 新たな考え方を取り入れる

こんなことを”一時的に”やっただけでは無意味なのです。

 

確かに”その瞬間”はやる気がみなぎる名言に触れ、人生が変わるかもしれない考え方を知ったことで気分は高揚し、パァと未来が開けた気がします。

でも、それも長くは続きません。

 

したい人、10000人。

始める人、100人。

続ける人、1人。

 

という名言にもあるように、結局続けなければ人生何も変わりません。

習慣を作らなければ、何も成し遂げられないのだと、ここにきて私はようやく気がつきました。

 

じゃあ、どうやって習慣を作るのか?

 

残念ながら「こうすれば簡単に習慣化できる」といった万能の処方箋がありません。

 

わかるのは「やる気や意志の力に頼っている限り、永遠に人生は変わらない」ということだけです。

 

それでも、私がこれまで習慣を作ろうと思考錯誤してきた結果見えてきた「習慣かする上でまず守るべき鉄則」が存在します。

 

習慣化3つの鉄則

・ハードルをとことん下げる

・トリガー(習慣の開始)を適切に定める

・21日間は意地でも続ける

 

ぜひ、この3つの鉄則に従って何か一つでもいい。習慣を作り上げてみてください。

そうすれば、あなたの人生はガラリと大きく変わるはずですので。

 

追伸:この3つの鉄則は忘れてください。

 

こんな「習慣の鉄則」に従う必要はありません。

 

なぜなら、こんな鉄則に従わずとも”驚くほど簡単に習慣化できる方法”が見つかったからです。

そのまさに習慣化の奥義とも言える方法とは。。。

 

日常の生活に組み込んでしまうことです。

 

例えば、本を読む習慣を”新たに作る”のではなく、すでに習慣となっている通勤や通学などの隙間時間をサクッと使ってオーディオブック(音声版の書籍)を聴くといった感じです。

 

このやり方なら、たとえどんな三日坊主も楽勝で習慣化できます。

今ならAmazonオーディオブックで40万冊以上の人気タイトルが”どれでも1冊”無料らしいですからね。

これをきっかけにあなたの習慣を変えてしまいましょう。

 

「オーディオブック?何それ」という状態の人も「習慣の訓練」だと思って、ぜひ”意識的に”習慣を作り出してみるのです。

 

一度、騙されたと思って試してみれば、あまりの手軽さに「習慣化ってこんなに楽だったんだ!」と感動しますから。

 

詳しくはこちらから。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました