将来の夢がない全国の中高生よ、夢が見つからない3つの原因はこれ

「君の将来の夢はなんだい?」

「お前、いったい将来はどうするんだ?」

 

私は、昔からこの手の質問が大嫌いでした。

 

親や先生に「将来の夢」や「進路」のことを尋ねられるたびに、

汗がドバドバと湧き出て、頭が真っ白になったものです。

 

内心では「聞かないでくれよ」と思いつつ、

中学生や高校生の時は、いやでも聞かれる質問です。

 

ははは、、、何になろうかな。。。

 

そうやって愛想笑いでヘラヘラとごまかしている自分も

嫌で嫌で仕方がありませんでした。

 

将来の夢を持って生きている人は、カッコいい!

やりたいことがあってキラキラしてる!

 

そんなふうに「自分もそうなりたい!」と憧れる反面、

「なんで自分は夢中になれる夢や目標がないんだ、、、」

自己嫌悪に陥ったものです。

 

そこで今回は、昔の私と同じように

夢がなくて悩んでいる全国の中高生のあなたに向けて

「夢が見つからない3つの原因」を紹介したいと思います。

 

というのも、夢が見つからないさえ原因を理解すれば、

あなたの夢が見つかる可能性はグッと高まるからです。

 

そもそも、誰もが生まれた時点では「夢」なんて持っていません。

どんな偉人や成功者も生まれてから後天的に自分の夢を見つけ、そして実現していくのです。

(つまり、誰もが夢を見つけられるということ←重要

 

今回紹介するのは、あなたが夢を見つけられない3つの原因とも言える、

3つの思考や思い込みです。

 

行動や環境を変えることは、場合によっては難しいですが、

思考や思い込みは「知ってしまえば」今すぐにでも変えることができます。

 

それでは、早速いって参りましょう!

 

夢見ることができればそれは実現できる。

いつだって忘れないでほしい。

すべてはたった1匹のネズミから始まったということを。

ウォルト・ディズニー(ディズニーの生みの親)

 

あなたの夢が見つからない3つの原因

 

あなたが見つからない5つの原因(思考)は、以下の5つです。

 

  • 夢=職業だと思い込んでいる
  • 立派な夢じゃないとダメだと思い込んでいる
  • 「どうせできない」と思い込んでいる

 

一つ一つ見て参ります。

 

夢=職業だと思い込んでいる

 

あなたの将来の夢は?と聞かれると

たいていの中高生は

 

  • パン屋さん
  • 医者
  • 学校の先生
  • 小説家
  • プロ野球選手
  • ユーチューバー

 

・・・などなど「今ある職業」の中から

”無理やり”ひねり出そうとします。

 

もちろん、小さい頃からずっと憧れていた職業や、

興味のある仕事が明確に決まっている場合は、問題ないのですが、

夢や、やりたいことが全くない(フラットな状態)なのに、

「夢=職業」と固定して考えてしまうと、

自らの手で将来の選択肢を狭めることになりかねません。

 

というか、今ある職業の約半分は今後数十年の間になくなると言われていますし、

例えばユーチューバーなどは、比較的最近できた新たな職業と言っていいものです。

 

実際、「日本一のユーチューバー」として名高いヒカキンさんなどは、

決して「ユーチューバー」になろう!と思ってなったわけではないと思います。

(そもそも、ヒカキンさんがユーチューブを始めた頃、「ユーチューバー」と言う言葉自体存在していませんでした)

 

ヒカキンさんはただ「ビートボックスがしたい!」「有名になりたい!」という素直な気持ちに従った結果、

今、こうして夢を実現させているのです。

 

そして、その結果「ユーチューバー」は、

今や多くの小中高生が”なりたい夢ランキング”で必ずと言っていいほど上位に入り、

多くの子どもたちの「夢」になりつつあります。

 

もし、ヒカキンさんが既存の職業や仕事の中から、

将来の夢を見つけようとしたとすれば、

果たしてこのような未来は実現できたでしょうか?

 

つまり、必ずしも

「夢とは、自分が将来就く仕事の中にあるべきだ」

という考えにとらわれず、もっと自由にやりたいことを見つければいいのです。

(そして、それを堂々と胸を張って「夢」だと言ってしまって構わないのです)

 

でも、ほとんど中学生や高校生はそれができません。

 

なぜか?

それは「将来は必ずちゃんとした職に就き、仕事をしなければ生きていけない」

という義務感や不安から、夢を無理やりひねり出そうとしているからです。

 

言い換えれば

「将来のことが何も決まっていない宙ぶらりんの状態」

に耐えられないのです。

 

実際、将来の夢がないと悩む中高生に「なぜ夢が欲しいのか?」と聞けば

 

  • 夢がないとダサいから
  • 夢がない自分はダメだと思うから
  • 親や先生を安心させたいから
  • 夢がないと将来が不安だから

 

・・・などといった理由で、仕方なく将来の夢を見つけようとしている学生が少なくありません。

 

 

たまたま、あなたのやりたいことが

既にある職業と完全に一致していて、

「医者」や「小説家」など特定の職に就けば

あなたのやりたいことや叶えたい夢が

”奇跡的にすべて実現できる”のならいいと思います。

 

素晴らしいことです。

 

でも、あなたが現在「夢がない」と悩んでいるということは、あなたの夢や、やりたいことが

”たまたま”今ある職業の中には「これ!」とピッタリ当てはまるものがなかったということかもしれません。

であれば、「夢=職業」という形に無理に落とし込む必要はないと私は思います。

 

 

また、「夢」=「職業」と考えてしまうと、

その職業についた瞬間、

あなたの夢は終わってしまうこと意味しています。

 

「○○(職業名)になりたい!」という人は、

実際にその職業につけた瞬間は、

「よっしゃぁあ!夢が叶った!」となりますが、

同時にその人の夢は、一区切りついてしまうのです。

 

つまり、「〇〇(職業名)になりたい」という夢は、

その職業につけた瞬間に、そこでひと段落ついてしまうが故に

「なりたかった職につけた。

けれど、これで終わりじゃないから、

とりあえずこの業界で一人前になるのを目指して頑張ろうかな」

と、夢に見ていた職業になれた瞬間、目標が曖昧になってしまう可能性があるのです。

(わたしは、決して「具体的な職業を夢にするな」と言っているのではありません。

ただ、「夢=職業」と思考をロックし、視野が狭くなっているかもしれないので、

もう少し自由で柔軟に考えてみては?と思うのです)

 

 

私は、この人生でいったい何をしたいの?

 

これくらいシンプルに考えてみてはいかがでしょうか。

 

夢は立派であるべき!と思い込んでいる

 

これも本当に多いのですが、

夢に対して理想や崇高なイメージを持ちすぎている中高生も多いです。

 

「私はこれを成し遂げるために生まれてきたんだ!」

そう心から思えるほどの「使命」とも言えるような夢。

 

あるいは、誰もが「すごい」と認める世界的に意義のある偉大な夢。

 

このような立派な夢を見つけなければならない!

そう思い込んでしまう中高生はかなり多いです。

 

例えば、

 

  • 起業して世界にインパクトを与えるとか
  • 国のリーダーになって社会問題の解決に大きく貢献するとか
  • 世界的に権威ある賞を獲得するような研究者になるとか

 

もしかしたら、ここまで壮大な夢ではなくとも、

ある程度、社会やみんなから「すげー!」と認めてもらえるような夢でなければ、

おそらくあまり気乗りしないはずです。

 

なぜなら、夢が欲しいという思いの裏には

自分を特別だと思いたい

みんなに「すごい」と思われたい

などの承認欲求があるからです。

 

例えば

「私の夢は地元の会社に就職してお金を貯め、マイホームを持つことです」

これだって立派な夢には違いありませんが、多くの中高生はこのような「夢」だと掲げることはないでしょう。

 

なぜなら、なんか普通だから。

 

せっかく一度きりの人生なのだから、そんなありきたりな人生じゃなく

もっと刺激的でやりがいのある夢が欲しい!

心のどこかでそう思ってしまうものです。

 

とはいえ、そもそも「夢」は単なる目標と違って、

実現できるかわからないくらいの方が「夢」と呼ぶのに

ふさわしいという考えもわかりますし、

 

立派なことを成し遂げたい、

自分にしかできない特別なことをしたい

という思いそのものは、非常に素晴らしいと思います。

 

でも、いきなり大きなことを成し遂げることはできません。

どんな偉人たちも最初は小さなことから始めたのです。

 

例えば、電球を発明して歴史に名を残した発明家エジソンの「私は失敗したのではない。ただ、上手くいかない方法を1万通り見つけただけだ。」という言葉は有名ですが、

イチロー選手は同じことをこのように表現しています。

 

小さなことを積み重ねることだけが、とんでもないところへ行くただひとつの道である。

 

天才物理学者と名高いアインシュタインもこのように言い残しています。

 

私は天才ではありません。

ただ、人より長い間、1つのことと向き合い続けてきただけだ。

 

多くの中高生が毎日のように使っているiPhoneを生み出した起業家、

スティーブ・ジョブズは、自宅の小さなガレージでAppleを創業したのです。

 

だから、夢とはどんどん大きくなっていくものだと考えてください。

 

あなたの夢は最初は大した夢ではないかもしれません。

でも、あなたがレベルアップし、ステージが上がっていくたびに、

あなたの夢も成長し、徐々に誰もが認める立派な夢に育っていくのです。

 

 

「どうせできない」と思い込んでいる

 

そもそも「夢がまったくない」というのは、よく考えれば”ありえない”のです。

なぜなら、誰もが”なんとなく”やってみたいことは、少なからず持っているはずだから。

 

考えてもみてください。

 

もし、あなたが全ての夢を実現できるとしたら、一体何がしたいですか?

 

お金がない、才能がない、時間がないなど様々な問題はあるかと思いますが、もしそれらのハードルが一切存在せず、

どんなことでも実現できるとすればあなたは一体、何をしますか?

 

世界一周旅行に行ってみたい?

ロケットに乗って月まで行ってみたい?

大谷翔平のような世界で活躍する野球選手になってみたい?

それとも、ジャスティン・ビーバーみたいな世界的アーティスト?

あるいは、女優やモデルなどのキラキラとした仕事もいいかな?

 

いずれにしろ夢や目標、やりたいことなんておそらく「無限」に出てくるはずです。

 

でも、今のあなたは夢がないと悩んでいる。

 

なぜか?

 

それは心のどこかで「どうせできない」と思っているからに他なりません。

 

自分にはそんな才能ないから

私はそんなに頭が良くないから

私にはお金がないから

私は太っているから

私は背が低いから

私は勉強ができないから

私は可愛くない(カッコよくない)から

私はスタイルが悪いから

今から始めても遅すぎるから

 

 

・・・などなど、様々な理由をつけて私たちは

「自分にはできない」理由を探します。

 

そうやって、何かしら

ちょっとやってみたいかも。

こんな風になれたらいいな。

と思える「なんとなくやりたいこと」が見つかっても

その2秒後には「できるわけない」「自分には無理」と諦めてしまうのです。

 

かと言って、身分相応に

普通の人生を生きていく勇気も持ってない

だから、悩むのです。

 

だから、ずーーっと夢が見つからないのです。

 

心のどこかでは「こんな風になりたい!」「これを実現できたら最高!」という思いはあるはずですが、

同時に「自分にはどうせできない」という”矛盾”を抱えて

もやもやと悩んでしまうからこそ、あなたの心は一生満たされないのです。

 

アメリカの第26代大統領、セオドア・ルーズベルト氏はこう言っています。

 

自分ならできると信じれば、半分は達成したようなものだ。

 

また、アメリカの作家であるアリス・ウォーカーの名言にはこうあります。

 

人が持てる力を放棄する最もありがちな方法は、自分には何もないと思うことだ。

 

もちろん、だからと言って

自分ならできると無理やり信じこめ!と言っているわけではないし、

「できない」とすぐ諦めるなと言ったところで

いきなり「できる!」という自信や勇気が湧いてくるわけでもありません。

 

しかし、「絶対にできる!」という確信が持てるまで

挑戦するのを躊躇(ためら)っている限り、永遠に夢に生きることはできません。

 

おそらく、あなたも心のどこかで分かっているはずです。

 

あなたは夢を見つけられないのではなく、

夢を”見つけようとしていない”ことに。

 

なぜなら、夢が見つからないと言い訳をしていれば、挑戦しなくて済むからです。

「夢が見つからない」ことを理由に何もしないでおけば、傷ついたり、失敗する恐怖から逃げられるからです。

 

むしろ、失敗して傷つきたくないがために、

「夢がない」と悩む”フリ”をしているまで考えられます。

 

そんなはずない!と思いますか?

 

でも、もし本当にあなたが心の底から今”夢がない”状態に耐えられないのだとしたら、すでに何かしらの行動を起こしているとは思いませんか?

 

確かにあなたは夢が見つからなくて苦しんでいるでしょうし、

毎日が退屈で無気力に感じてしまうかもしれません。

 

でも、それ以上に「ラク」なのです。

 

失敗したり、傷つくリスクを負ってまで夢に挑戦するくらいなら、

多少の不満や悩みこそあれど、ただ流されるように今のままの人生を生きていくほうがストレスは少ないのです。

(だから、ずーーっと悩み続けているのです)

 

でも、いいですか?

実は「何もしない」ということがもっともリスクのあることだとも考えられます。

 

たとえば、あなたが勇気を出して夢に挑戦したとしましょう。

その場合あなたには次のいずれかです。

 

  1. 夢が実現して最高の気分を味わう
  2. 夢に挑戦したがうまくいかず、結局夢は実現できなかった

 

仮に、あなたの挑戦は残念ながら失敗に終わったとしましょう。

でも、どちらにせよ「夢を実現できなかった」という点では、「何もしなかった場合」と一緒ではないですか?

(むしろ、挑戦すればその挑戦の中で必ず”学びや経験”は少なくとも得られるので、個人的にはそっちの方が100倍マシだと思います)

 

勇気を出して挑戦したとして、必ずうまくいく保証なんてありませんし、失敗する可能性も十分に考えられます。

でも、挑戦して結果失敗したとしても、最悪「挑戦せずに何もしなかった場合と同じ」なのです。

 

つまり、何もせず挑戦すらしないというのは、うまくいくかもしれない未来をみすみす捨てているだけとも言えます。

 

あなたも無料で宝くじを引けると言われれば、とりあえず引いてみませんか?

それと同じで、失敗しても何もしない場合と大差ないのなら、とりあえず挑戦したほうが「得」だということです。

 

 

もちろん、だからと言って、思い切ってエイっと一歩踏み出しましょう!

・・・などと無責任に言うつもりはありませんが、

少なくとも理屈の上では「何もしないことこそ最大のリスクだ」ということです。

 

「どうせできない」という考えを変えて、思い切って挑戦すれば

必ずしも夢が見つかるわけでもないですし、失敗する可能性だって十分にあり得ます。

(むしろその可能性の方が高いでしょう)

 

でも、ただ1つだけ言えるのは

このまま「夢が見つからない」とモヤモヤ悩み続けるよりは、たとえどんな結果に終わろうと挑戦した方が”マシ”だということです。

これだけは断言できます。

 

もしかしたら、あなたが最初から「無理に決まってる」と決めつけていたことの中に、

あなたの「人生の使命」とも言えるすごい夢が見つかるかもしれません。

 

どのみち、見つからなくとも「今の夢がない状態」と変わらないのですから、

とりあえず1回だけ「どうせ無理だ」という”思い込み”を捨ててみてはいかがですか?

 

 

まとめ

 

あなたの夢が見つからない3つの原因は、以下の通りです。

 

  • 夢=職業だと思い込んでいる
  • 立派な夢じゃないとダメだと思い込んでいる
  • 「どうせできない」と思い込んでいる

 

最後の方は、もはや私も「中学生や高校生に書いている」という意識すら忘れて、

普通に大人に向かって話す感覚で書いてしまいました(笑)

 

大人になって何年も無気力な毎日を流されるように生き続けてしまうと、

「夢がない状態」が当たり前になって、もはや夢を見つけたいと悩むことすらなくなります。

 

そうなったらもう終わりです。

 

失敗しないこと・リスクを取らないことが価値観の大部分を占めることになり、

ちょっとやそっとでは、決して変わることができなくなってしまいます。

 

流されるような人生を送り続けることで、そういう価値観や思考が意識に刷り込まれてしまうのです。

 

しかし、裏を返せば、思考や価値観は時間さえかければ、変えることができるということもできます。

 

その点、若い中高生のあなたたちは、まだ社会の常識や価値観に染まっておらず、

いい意味で思考や価値観が凝り固まっていないので、

今から変わろうと思えば、どうとでもなります。

 

現状、夢が見つからないからと悩む必要は全くないのです。

 

いえ、そもそも「夢が見つからない」というのが間違っているかもしれません。

 

正確に言えば、

”あなたがこれまで見てきた世界の中には”自分の夢はなかった。

だけなのです。

 

そもそも、私たちはこの世界のことをほとんど何も知りません。

大人になり、ある程度色々な経験をしてきている私ですら、

ほとんど世界のことは知らないに等しいのです。

 

であれば、中学生や高校生のあなたは

世界のことを「まだ何もしならない」と言っても決して大げさではありません。

(むしろ、たかだか10年ちょっとの人生で、世界のことを知ったと考えることのほうがおかしいです)

 

あなたの生きる”あまりにも小さな世界”の中から

「自分の夢」を無理やり見つけ出そうとしても、無理があるのです。

 

例えるなら、ポケモンの世界で最初の街「マサラタウン」から一歩も出ずに「伝説のポケモン」を探すようなものでしょうか。

 

つまり、あなたの夢が見つからないのは、

ただ単にあなたが世界を知らないからなのかもしれません。

 

 

とは言え、探せばこの世のどこかに

あなたが理想としている「魔法の夢」があるわけでもありません。

 

「これだ!」とあなたの心がビビッと震えるような確信を持てる理想の夢なんて、そもそも探したって見つからないのです。

 

自分が本当に情熱を持てる夢

社会的に認められる意義のある夢

自分にしかできない(=自分の能力を十分に発揮できる)夢

 

多くの中高生はそのような理想の夢を見つけようとしますが、まず見つかりません。

 

なぜなら、結局やってみない限り、その夢が理想的かどうかなんてわからないからです。

 

やってみたら「なんか思っていたのと違った」というのはよくある話ですが、モヤモヤ悩んでいるだけでは何も起きません。

(実際、これまで悩むことで何か変わりましたか?)

 

だからこそ、現実を見るため。という意味でもとりあえずやってみるのはオススメです。ただ憧れているだけでは何も始まらないのです。

 

もちろん、逆のパターンもよくあります。

つまり、あまり期待してなかったけど、

やってみたら意外と楽しくて、ハマってしまった。

という予想外の形で夢が見つかるパターンです。

 

 

夢を見つけたいなら、何かしらの行動を起こすべし

 

 

というありきたりな結論を申し上げる気は無いですが、

少なくとも「夢がない」と悩むことはムダ。悩んでも夢が見つかるわけではない。

ということを”理解”していただければ、夢がないと悩むことそれ自体はなくなる(減る)はずです。

 

この記事をきっかけに、少なくとも夢がないと悩むことが減った、あるいは気が少しだけ楽になったと感じていただければ幸いです。

(もちろん、夢を見つけるための具体的な一歩を踏み出していただければ言うことなしですが)

 

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

追伸

もし、あなたがこの記事の言わんとしてることはわかったけど、しっくりこない

夢を見つける行動を起こそうとするが、どうしてもその一歩が踏み出せない

 

そんな場合は、以下の記事も合わせてお読みください。

 

あなたの夢が見つからない本当の原因

 

一応、言っておきますが、

こちらの記事はあなた方中高生に向けて書いたものではないので、

この記事のように優しく書いてはいません。

 

本当に思ったことをズバスバ言ってますので、

もしかしたらあまり認めたくない現実や、

見たくなかった事実と向き合う羽目になるかもしれません。

 

その覚悟が私にはあるぞ!という方だけお読みください。

 

あなたの夢が見つからない本当の原因

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました