ドンッと衝撃を受ける!あなたの人生を変える名言100【世界の名言集】

「座右の銘」として人生の重要な指針となっている言葉

人生で最も感銘を受け、人生がガラリと変わった言葉

あなたもこのような言葉、名言が一つや二つくらいはあるのではないでしょうか。

(もし、ないのなら今日そんな言葉と出会えるかもしれません)

「言葉」はときに、われわれにとてつもない影響を与え、人生を大きく変えるほどの力を持っています。

特に、偉人や有名人が放った「名言」と呼ばれる言葉には、その偉大な人物が”人生を通して得た知恵や思考”や”人生そのものが凝縮された”人生の本質が含まれていると言っても過言ではありません。

深遠な名言は、あなたの心にグサッと刺さり、あなたの価値観をひっくり返してしまうパワーを持っているのです。

今回は、「あなたの人生を変える名言100」をご紹介し、あなたの人生を導く「座右の銘」なるものを見つけていただきたいと思います。

いずれの名言も、数ある偉大な名言の中から厳選された”人生の真理”を言い表している優れた名言ばかりです。

きっとあなたは、数分前にこの記事を開いた自分自身に感謝することになると思います。

それでは、素晴らしい英知にふれ、人生を変える選択を取ったあなたに「ありがとう」と言いながら、いってまいりましょう!

人生を変える名言100

心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

‐ウィリアム・ジェームズ(アメリカの哲学者)‐

非常に有名な名言ですね。

まず初めに、あなたの選択、行動、習慣、人格、そして人生を形作っているのは、あなたの思考であり、心です。

人生とは、”あなたの内側から”変えていくもの、という意識を持ってください。

名言をただボーっと眺めるのではなく、あなたの意識と思考を改革するつもりで集中して心に刻み込めば、あなたの人生が変わる確率は大きく高まるでしょう。

世界を変えたいなら、まずは自分が変わりなさい。

‐マハトマ・ガンジー(インド独立の父)‐

深遠な言葉です。

人生を変えるということは、あなた自身を変えることに他なりません。

あなたが自分自身を変える努力は全くしないけど、「ある日突然奇跡が起こって人生が変わった!」なんてことは起こりえないのです。

(いい加減、人生がいつか変わるのを”ただ待つ”のはやめましょう)

困難だからやろうとしないのではない。

やろうとしないから困難なのだ。

‐セネカ(ローマ帝国の政治家)‐

あなたの心にグサッと刺さる名言ではないでしょうか。

やる気が出ない、人生がつまらない、とあなたは嘆きますが、それはあなたが「行動」を起こそうとしないからです。あなたが現実から逃げてしまうからです。

そして、意外な事実をお教えしましょう。

「逃げる」よりも「行動」してしまう方がずっとラクなのです。

(ウソだと思うなら、是非試してみてください(すぐに気づくはずです))

「いつの日か」は決してやってこない。

‐ヘンリー・ジョージ・ボーン(イギリスの経営者)‐

勇気を与えてくれる名言です。

「いつか人生が変わるはず」

「いつか」とはいつですか?

実際、ここまでそう言い続けてきたのではないですか?

あなたが変えようとしない限り、一生何も変わることはありません。

打たないシュートは、100%外れる。

‐ウェイン・グレッキー(カナダのアイスホッケー選手)‐

人生を上手く比喩している言葉ですね。

確かに、失敗するのは怖いです。誰もが、敗北したいとは思わないでしょう。

しかし、挑戦しないことは「人生の失敗」を意味するのです。

このまま何も変えることができず、なんとなく死んでいく、そんな人生で満足ですか?

私たちは自分が思った通りの人間になる。

‐アール・ナイチンゲール(アメリカの作家)‐

人生におけるもっとも重要な真理の1つを教えましょう。

それは、「われわれ人間は”自分の望んだ人生”を送る」ということです。

あなたの人生は、あなたが考え、望んだ結果なのです。

(心のどこかで、「こんな人生でもまあいっか」と思ってはいませんか?)

したい人、10000人。

始める人、100人。

続ける人、1人。

‐中谷彰宏(作家)‐

わたしの大好きな名言の1つです。

あのですね、人生を変えたいと願うのは、あなただけではありません。他にも大勢いるでしょう。

ですが、ただ「人生を変えたい」と願ったり、人生が変わるのを待つだけでは何も変わりません。

あなたが具体的な行動を起こし、それを日々実行する必要があるのです。

(その勇気と忍耐力を持つほんの一握りの人だけが人生を変えるに至るのです)

はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる。

‐ジョン・ドライデン(イングランドの詩人)‐

「人生を変えるには、確かな一貫性を持って日々鍛錬を積むべし」

そう聞くと、これまで怠惰に生きてきた人は気分を害してしまうかもしれません。

しかし、心配しないでください。ある程度(一般的には3週間ほどと言われている)続ければ、習慣という偉大なメカニズムがあなたの人生を「自動的に」創造してくれます。

(あなたがすべきなのは、習慣が形成されるまでの3週間ほど諦めないで継続するだけでいいのです)

群を抜く方法は、当たり前の仕事を、当たり前ではない情熱で行うことである。

‐デイヴィッド・レターマン(アメリカのコメディアン)‐

非常に力強い言葉です。

毎日、小さなことを積み上げてください。そうすれば、いつの日かとんでもない領域まで到達できます。

日々全神経を集中させて、目の前のことに取り組んでみてください。近い将来、あなたは「天才」、「成功者」の仲間入りをしているかもしれません。

凧が一番高く上がるのは、風に向かっているときである。

風に流されているときではない。

‐ウィストン・チャーチル(イギリスの政治家)‐

「上手いこと言う!」そう思ってしまう名言ですね。

人生を本気で変えたいなら、ただ流されるようにして、なんとなく生きるのをやめてください。

あなたの人生が真の力を発揮するのは、楽で安易な道ではなく、困難に立ち向かうときなのです。

(このことに気づけるかどうかで、あなたの人生は大きく変わってくるでしょう)

No rain, No rainbow.

(雨が降らなければ、虹もできない)

‐ハワイのことわざ‐

人生は、辛く苦しい時期があるからこそ、幸福や成功もより大きなものになります。

(本当に危惧すべき人生とは、「何も起きない」人生なのです)

あなたの目の前の困難やトラブルが大きければ大きいほど、あなたの人生は大きな輝きを放つでしょう。

(是非ともそういう人生を生きる勇気を持ってください)

あなたの人生を代わりに生きてくれる人はいない。

‐ドリー・パートン(アメリカの歌手)‐

残念ですが、この世のほとんどの人は、他人の意見に流され常識に縛られ、「他人の人生」を生きてしまっています。

え?私は大丈夫って?

「他人の人生」ではなく、「自分の人生」を生きているかをチェックする簡単な方法があります。

「もしも今日が人生最後の日だったとして、同じことをしただろうか」と自分に問うてみてください。

(イエスと答えられないなら、あなたは「自分の人生」を生きていないということになります)

人間は何万年も、あした生きるためにきょうを生きてきた。

‐手塚治虫(「火の鳥」の作者)‐

人生は永遠ではありません。

明日が来る保証は、この世界の誰にもありません。

あなたが生きているのは、”今”この瞬間であり「今日」なのです。

(どうかそのことを自覚してください)

日々生まれ変わるのに忙しくない人は、日々死ぬのに忙しい。

‐ボブ・ディラン(アメリカのミュージシャン)‐

「今」を生き、今日を大切にするコツを教えましょう。

それは、「一日単位で生きること」です。

人生というスパンではなく、今日だけに集中し、この日を全力で生きるのです。

(そうすれば、あなたの人生は100%変わります(わたしが絶対的に保障しましょう!))

あの偉大な著述家、デール・カーネギーもこう言っています。

人生とは今日一日一日のことである。

‐デール・カーネギー(「人を動かす」の著者)‐

簡単すぎる人生に、生きる価値などない。

‐ソクラテス(古代ギリシアの哲学者)‐

人生の本質を表したまさに「名言」です。

確認ですが、あなたは人生を「いい方向に」変えたいのですよね?

それならば、楽で簡単な道ではなく、難しい道をえらんでください。

自分の人生へ全責任を負ってください。

そうしない限り、あなたの人生は意味あるものには決してならないでしょう。

知ることだけでは十分ではない。それを使わなくてはいけない。

やる気だけでは十分ではない。実行しなくてはいけない。

‐ゲーテ(ドイツの詩人)‐

勇気と情熱にあふれた言葉ではないでしょうか。

どんなに偉大なアイデアも実行されなければ、無価値です。

どれほど深遠な思考もあなたが行動に移さなければ、意味はありません。

(どうか、今日学んだ知恵や思考をあなたの頭の中だけで終わらせないでください)

人生が終わってしまうことを恐れてはいけません。

人生がいつまでも始まらないことが怖いのです。

‐グレース・ハンセン(アメリカの作家)‐

この言葉の通りです。

あなたは、失敗を恐れるあまり、リスクを回避しようとするあまり、まだ自分の人生をスタートさせていないのです。

このまま人生を始めることさえしないで、死ぬときに「もっとこうしておけばよかった」、「難で人生を歩み始める勇気がなかったんだ!」と後悔しても遅すぎます。

(実際、多くの人が人生を始めることすらできずに死んでいくという事実を胸にとどめておいてください)

人生から返ってくるのは、いつかあなたが投げた球。

‐斎藤茂太(精神科医)‐

あなたの人生は、あなたの意志と行動の集積です。

あなたを創造しているのは、決して運命や生まれつきの才能ではなく、あなたの思考と潜在意識です。

あなたが望む望まないに関わらず、あなたは自分の人生を創造し、その責任を負う義務があります。

(つまらない人生はすべてあなたがまいた種、そしてその人生をどう変えていくかもあなた次第だということを肝に銘じるのです)

狂気とはすなわち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること。

‐アルベルト・アインシュタイン(「相対性理論」の考案者)‐

この名言はわれわれに重要な事実をハッと気づかせてくれます。

これまで人生が変わらなかったのに、どうして今後人生が変わると思えるのでしょうか?

昨日も今日も変わらない日々を送りながら、なぜ明日は奇跡が起こると思えるのでしょうか?

あなたが「何かしらの変化」を起こさない限り、人生は一生変わりません。

(「このままの人生を今後死ぬまで続けていく」ことに耐えられないのなら、今すぐ何かを変えましょう)

「そのうちやる」という名の通りを歩いていき、

行きつくところは「何もしない」という名札のかかった家だ。

‐セルバンテス(「ドン・キホーテ」の作者)‐

あなたの人生は、今までずっとこうだったのではないですか?

「明日でいいか」、「まだ時間はある」

そう言いながらここまで来たのではないですか?

わたしは、明日やると言って実行に移した人を見たことがありません。今日できることを先送りにして、人生を変えた人を知りません。

あなたが進むルートは実はたった二つしかないのです。

すなわち、「今、人生を変える」か、「このままの人生を生きて死ぬか」

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、

それは果実だと誰もが答えるだろう。

しかし実際には種なのだ。

‐ニーチェ(ドイツの哲学者)‐

奥深い響きを持つ言葉ですね。

あまりに多くの人が、果実(結果)ばかりに目を向け、その元となる種、すなわち、あなたの思考や小さな行動を疎かにしてしまいます。

誰もが「果実」の大きさばかりにとらわれているこの世界で、「種」の重要性を知り、小さなことを大切にしていけば、言ったどれだけ人生は豊かになるでしょうか。

想像してみてください。

一冊の本に人生を丸ごと変えてしまう力があることを、みんな理解していない。

‐マルコムX(アメリカの黒人公民権運動家)‐

素晴らしい本は、偉人の人生をかけて見つけた知恵や思考が書かれています。

偉大な本には、人生の本質と人生を創造していく秘訣が書かれています。

この素晴らしい英知が、せいぜい1000円ちょっとで手に入るのに、利用しない手はあるでしょうか?

木を切り倒すのに8時間与えられたら、わたしは最初の6時間を斧を研ぐのに費やす。

‐エイブラハム・リンカーン(アメリカ合衆国第16代大統領)‐

「うまい!」とうねってしまうような名言ですね。

思い通りの人生を生きていくコツの1つは「本当に重要なことだけにあなたのエネルギーを投入する」ということです。

ムダなこと、つまらないことに時間を使えるほど、人生は長くはないからです。

あなたにとって真に価値のあることだけに集中し、理想の人生を自らの手で創り出すのです。

「今の人生が何となくつまらないから、とりあえず人生を変えたい」などというフワフワした思いを捨て、「こういう人生を送りたい!」と明確なイメージを持ち、そこだけにあなたの持てる全能力を集中させるのです。

(そうすれば遠くない未来、理想は現実のものになっているでしょう)

人が持てる力を放棄する最もありがちな方法は、自分には何の力もないと思うことだ。

‐アリス・ウォーカー(アメリカの作家)‐

「自分なんて」、「どうせ無理」、「私にはできないかも」これらの言葉は悪魔の呪文です。

たまに脳裏をよぎるだけでもあなたのやる気と行動力をたちまち奪ってしまいますが、常にこれらの思考に支配されている人は、もう絶望的です。

あなたが本来持っている「人生を創造する力」を奪われ、あなたは「この程度の人生を歩むべきだ」と間違った思考を植え付けられてしまいます。

あなたの可能性と夢を取り戻す方法としては、まずあなたのネガティブな考えがあなたからパワーを奪い、今の現実を創り出しているということを認識してください。

(あなたが人生を変えられないのは、心のどこかで「どうせ人生は変わらない」と思い込んでいるからなのです)

あなたの進歩を妨げているのは、あなたが何であるかではなく、

あなたが自分を何だと思っているかである。

‐デニス・ウェイストリー(アメリカの講演家)‐

いいですか?

結局、あなたがいつまでも人生を変えられないのは、

あなたが「人生を変える力」を持たないからではありません。

あなたが「自分には人生を変える力なんてない」と思い込んでいるからです。

(試しに「あなたは自分の人生を創造できる」と思い込んでみてください。きっとすぐに人生は真の力を発揮し、人生は変わりはじめるでしょう)

自分ならできると信じれば、半分は終わったようなものだ。

‐セオドア・ルーズベルト(アメリカ合衆国第26代大統領)‐

非常にやる気と勇気を与えてくれる名言です。

100%当たる宝くじがあれば、あなたも買いますよね?

好きな人から必ずOKがもらえるなら、どんな小心者でも迷わず告白するでしょう。

「できる!」という思考や信念は、あなたに具体的な行動を促し、現実を変える力を持っています。

(わたしではなく、世界的な成功者・偉人たちがそう言っているのです!)

岸が見えなくなる勇気を受け入れる覚悟がなければ、海を渡ることは決してできない。

‐クリストファー・コロンブス(アメリカ大陸発見者)‐

この偉大な航海者の人生を見れば、この名言の正しさは疑いようがないと思います。

どんな野球選手も1塁を離れる勇気がなければ、2塁へ進むことはできません。

木の上の果実を取るためには、木によじ登り、木から落ちる覚悟を持つ者だけなのです。

何の覚悟も勇気も持たない人間が、何かを手に入れることなどできはしないのです。

平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行することが、すなわち非凡なのである。

‐アンドレ・ジイド(フランスの小説家)‐

人生を変えるためには、何か偉大なことを成し遂げなければならない、大胆な行動を起こさなければならない、そう思っているかもしれませんが、そうではありません。

”偉大な心を持って、小さな行動を起こす”のです。

当たり前のことを、当たり前にこなすのです。(実際にそれができる人は、この世にほとんどいません)

そうすればいずれ、とんでもない高みに上りつめてしまったことに、あなたは気づくでしょう。

今日の最悪の病気はハンセン病でも結核でもありません。

自分は不必要な存在だという思いです。

‐マザー=テレサ‐

現代に生きるすべての人々に聞いてほしい名言ですね。

「自分なんてどうせ」

その思いがあなたの歩みを止め、あなたの目を曇らせます。

「自分の人生なんて所詮こんなもん」

その考えこそが、本当に人生を退屈で平凡なものにしてしまいます。

(たとえあなたの世界がどれだけ変わったとしても、自分自身にマイナスな感情を抱いている限り、あなたの人生は一向に改善されないでしょう)

あなたが同意しなければ、誰もあなたを惨めな気持ちにさせることなどできはしない。

‐エレノア・ルーズベルト(アメリカのファーストレディー)‐

仮に、あなたの人生は今どん底で、どうしようもないとしましょう。

例えば、あなたの目の前の現実が困難とトラブルに溢れているとしましょう。

しかし、それらは”あなたがそう認識しない限り”、決して「問題」にはなり得ません。

倒産、重い病気、離婚、借金、愛する人の死など、あらゆる困難は、あなたが困難だと思わない限り、ただの「事実」にすぎないということを、どうか忘れないでください。

夢見ることができれば、それは実現できる。

‐ウォルト・ディズニー(ディズニーランド創業者)‐

「夢の国」の創業者は、こう言っています。

また、ウォルト・ディズニーの夢に関する名言にはこんなものもあります。

「夢を叶える秘訣は、4つの「C」に集約される。

それは、「Curiosity‐好奇心」

「Confidence‐自信」

「Courage‐勇気」

そして「Constancy‐継続」である。」

行動を伴わない想像力には、何の意味もない。

‐チャーリー・チャップリン(イギリスの映画俳優)‐

モチベーションを高めてくれる素晴らしい名言です。

いつだって忘れないでください。

どんなに偉大な思考やアイデアよりも、小さな行動の方がはるかに価値あるものだということを。

あなたが生まれたとき、

みなが笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だから、あなたが死んだとき、

みなが泣き、あなたは笑っているような、

そんな人生を送りなさい。

‐ネイティブアメリカンの教え‐

結局、「人生は死ぬときに、笑ってあの世に行ければ勝ち」なのです。

今、あなたを苦しめる困難も逆境も、すべてあなたの人生を彩る”スパイス”に過ぎません。

ただ、もしあなたが今を全力で生きようとしなければ、あなたがこの世を去るときに「今まで逃げ続けたツケ」が回ってきて、とてつもない後悔とともに死ぬことになってしまうのです。

(あなたはどんな「死」を迎えたいですか?)

自分の人生の主人公になりなさい。

あなたは人生で、自分の望むどんなことでもできるのです。

‐プラトン(古代ギリシアの哲学者)‐

「自分の人生を生きないで、他人の人生を生きている人が多すぎる」とわたしは言いました。

ただ、それでもほとんどの人は自分の人生を生きようとしないでしょうね。

まるで、自分を人生の”脇役”かのように扱い、振舞うでしょう。

ですが、コレだけは覚えておいてください。

人生は、リセットボタンもコンティニュー機能もないのです。

(人生の中で失敗した場合は、何回でも再スタートすればいいですが、人生をなんとなく生きて、人生自体を失敗してしまうと、もうどうすることもできないのですよ?)

偉大な小説を書く人はあまりいません。

でも、私たちの誰もがそれらを生きることができます。

‐ミニヨン・マクローリン(アメリカのジャーナリスト)‐

この名言の言う通りです。

この言葉は、われわれの多くが忘れている「誰もが素晴らしい人生を送る資質を持ち、望むような未来を生きることができる」ということを思い出させてくれます。

あなたの人生を大きく改善し、夢のような人生を送ることは絶対にできるのです!

(あなたが自分を諦めさえしなければ)

ある者は明日に、

他の者は来月に、

さらに他の者は十年先に、希望をかけている。

誰一人として、今日を生きようとする者がいない。

‐ジャン=ジャック・ルソー(フランスの哲学者)‐

今日を生きないイコール人生を諦めるということです。

「明日でいいか」と発言は、「人生を変えたくない」と思うことに等しいのです。

「別に今日じゃなくてもいい」と自分に言いきかせ始めると、人生は1日、2日、3日……数年、数十年とあっという間に過ぎ去り、終わりが来てしまいます。

これだけ多くの偉人が「今日の大切さ」について語っていることから、その重要性に気づいてください。

おそらく、あなたはその100分の1も理解できていないと思います。(でなければ、この一瞬をムダにできるはずがありません)

だれにもノックされないなら、新しいドアを作ろう。

‐ミルトン・バール(アメリカの俳優)‐

ただ待つだけじゃ何も変わりません。

あなたの方から人生にアクションを起こさない限り、人生の方から働きかけてくることはないのです。

困難に立ち向かわなくてもいいです。行き詰ったら、方向を変えてもいいでしょう。

ただ「同じところに座り込んで、奇跡を待つだけの日々」とお去らばしろ!と言っているのです。

自分が出した企画やアイデアを、

少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、

独創的な発想をしているとは言えない。

‐ビル・ゲイツ(マイクロソフト社の創業者)‐

知っていますか?

多くの偉人は、大勢の人から笑われ、バカにされたものです。

エジソンもアインシュタインもライト兄弟も、そしてこの偉大な実業家ビル・ゲイツも。

しかし、彼らは確かな夢と信念を持ていました。そう簡単には諦めなかったのです。

そして、今はどうでしょう。彼らを笑っていた人々は、彼らを崇め奉っているではないですか!

「リングが落ちた」とみんなでわめき、ニュートン一人が「なぜ」ときく。

‐バーナード・M・バルチ(アメリカの政治家)‐

他の誰も考えないことを考えましょう。

誰も読んでいない本を読みましょう。

今まで誰もしたことがないことに挑戦しましょう。

そうすれば、あなたの人生は唯一無二のものとなり、偉大さとワクワク感で溢れたものになります。

(偉大な人生を築いた人たちは、決して誰かの追随者とはならなかったのです)

計画のない目標は、ただの願い事。

‐サン=テグジュペリ(フランスの作家)‐

心に刺さる名言です。

私たちは「あーしたい、こーしたい」と言いますが、そのための具体的な計画や明確なビジョンを持つ人はほとんどいません。(多くの人が、夢見るだけで満足してしまうのです)

建設的で柔軟な計画をつくりましょう。

建設的で現実に即した計画は、あなたを具体的な行動へ導き、人生を変える確実なステップを取れるでしょう。

また、計画には柔軟性も必要です。「あくまで計画にすぎない」と言う思考を持ち、想定外の出来事にも対応してこそ、目標は実現すると言えます。

(明確な計画をつくらない人は「目標なんか達成されなくてもいい」と言っているようなものなのです)

目を星に向け、足を地につけよ。

‐セオドア・ルーズベルト(アメリカ合衆国第26代大統領)‐

この世の多くの人は、下をうつむき、その場に座り込んでいる状態なのです。

まずは、夢を見ましょう。あなたの理想の人生をイメージしなければ、人生を変えるスタートラインにすら立てません。

そして、現実と向き合い、確実な一歩をふみ出しましょう。

これら二つを日々実践した者だけが人生を大きく変えるのです。

「これが最悪だ」などと言えるうちは、まだ最悪ではない。

‐ウィリアム・シェイクスピア(イングランドの劇作家)‐

ウィットに富んだ名言ですね。

今、あなたを襲ういかなる困難は、数年後は「笑い話」になっています。

あなたが「最悪だ」と思い込むからそう見えるだけで、実際はそこまで深刻ではありません。

もし、どうしても目の前の現実が過酷で深刻なものに見える場合、自分にこう尋ねてみてはいかがでしょうか。

「この問題は、今から”5年後”も深刻だろうか」と。

私の人生は楽しくなかった。

だから私は自分の人生を創造したの。

‐ココ・シャネル(CHANELの創業者)‐

非常にクリエイティブな名言です。

われわれ人間は、誰もが自分の思うような人生を創造し、理想の人生を実現できることを思い出させてくれます。

「人生がつまらない、人生を変えたい」と嘆くだけじゃ人生は永遠にそのままです。

あなたの中にある「人生を創造する力」を呼び覚まし、奇跡を待つことをやめなければなりません。

他の誰かではなく、自分自身の最高を目指すべきである。

‐ジュディー・ガーランド(アメリカの女優)‐

他人の評価を気にするのはやめましょう。

他人を妬み、自らを卑下するのはやめましょう。

全ての悩みは、あなたが「自分なんか」と自分をさげすみ、諦めてしまうことに起因しています。

あなたが自分自身を認め、真に独立した存在になった時、あなたの人生は驚くほど変わって見えるでしょう。

いまから二十年後、あなたはしたことより、しなかったことにもっと失望しているでしょう。

‐マーク・トウェイン(アメリカの作家)‐

もしかすると、あなたは「今から数年前(もしくは数十年前)に戻れたなら」と考え、過去を悔やんでいるかもしれません。

しかし、過去にとらわれ今を生きようとしない限り、きっとあなたは今から数年後にも同じ思いを抱えていると思います。

よく聞いてください。

人が死ぬときに最も後悔するのは、「自分が犯した過ち」ではなく、「自分が挑戦しなかったこと」なのです。

(過去を後悔しながらこの世を去る、これほど悲しい人生の終わりがあるでしょうか)

人生とは自分を見つけることではない。

人生とは自分を創ることである。

‐バーナード・ショー(アイルランドの文学者)‐

「やりたいことがない」

「どうすれば人生変えられるだろうか」

「自分の天職は何だろうか」

これらの悩みはいくら考えても、決して答えは見えてきません。

なぜなら、あなた自身の手で創り上げていくものだからです。

悩むことに逃げないでください。頭の中に答えはありません。

人生は、一つ一つの行動が形作るものだということを忘れないでください。

宇宙船に乗っていいよと言われたら、

どんな席か聞いている場合じゃない。

さっさと乗るだけだ。

‐シェリル・サンドバーグ(アメリカの起業家)‐

なかなか秀逸な名言です。

私たちは時として、悩み、考えすぎるあまり貴重なチャンスを失ってしまうことがあります。

慎重になりすぎることは、あなたの人生を変える機会を捨ててしまうのです。

あなたはまだ分からないかもしれませんが、人生において「素晴らしいチャンス」はそう多くありません。

(多くて数回、つまり、また今度と言うことは決してできないのです)

”ノリと勢い”で突っ込んでしまいましょう。悩んでも結論はどうせ出ない上に、大きな機会損失になってしまいます。

人が不可能だと思うとき、やりたくないと決めつけている。

‐スピノザ(オランダの哲学者)‐

「できない」と私たちが言うとき、「やらないんだ!」と自分に言いきかせています。

「どうせ自分なんか」と思うとき、「この程度の人生で我慢しよう」と決意しているのです。

あなたが「人生を変えない!」と断固として決意しているのに、どうやって人生を変えるというのですか?

自分が「不可能だ」と思い込んでいることを、どうすれば実現できるというのでしょうか。

「不可能」の反対語は「可能」ではない。「挑戦」だ。

‐ジャッキー・ロビンソン(黒人初のメジャーリーガー)‐

やる気とエネルギーに満ちた名言ですね。

きわめて過酷な道を乗り越えて、黒人初のメジャーリーガーになったジャッキーが言うからこそ、非常に説得力があります。

不可能だと考えている限り、挑戦はできないですし、挑戦しない限り、成功はありません。

そして、最も大切な事実は、たいていの場合「挑戦しようと腹をくくり、偉大な一歩を踏み出せるか否かが、成功のほとんど(90%以上)を決定する」ということです。

あなたはそれを可能と考えてもいいし、不可能と考えてもいいです。

そのどちらもが正しいのです。

‐ヘンリー・フォード(アメリカの実業家)‐

不可能だと考えながら、それを実現させた人は誰もいません。

そして、夢を実現させた人は100%の確率で、それは実現できると信じていたのです。

あなたが「できる」、「できない」そちらの思考を採用してもかまいません。ですが、その思考がそのまま現実を決定づけるということだけは、忘れないでください。

できると思えばできる、できないと思えばできない。

これは、ゆるぎない絶対的な法則である。

‐パブロ・ピカソ(スペインの画家)‐

この言葉は決して嘘ではありません。

第一に、ピカソという世界的に有名な画家が言っている時点で、非常に説得力がありますが、スマホを上にスクロールしていただければ、きっとこの言葉が正しいことが分かると思います。

偉大な起業家(ヘンリー・フォード)、偉大な野球選手(ジャッキー・ロビンソン)、偉大な哲学者(スピノザ)、そして偉大な大統領(セオドア・ルーズベルト)などなど、多くの人たちが同じようなこと(できると信じれば、それは実現する)を言っているのです。

何も成し遂げていないあなたの脳みそと、世界的な成功者たちが口をそろえて言うこと、いったいどちらが正しいと思いますか?

いつかできることは、すべて今日でもできる。

‐ミシェル・ド・モンテーニュ(フランスの哲学者)‐

「いつか人生は変わる」

「いつか夢は叶う」

その言葉を口にしていいのは、今日という日を大切にし、日々鍛錬を積む覚悟があるものだけです。

決して問題を先送りにし、現実から逃げる人間の「言い訳」に使われるべきではありません。

あなたは、今日にベストを尽くしていますか?

人生という本には、後ろの方に答えが書いてあるわけじゃない。

‐チャールズ・シュルツ(スヌーピーの生みの親)‐

深遠な名言です。

「今日を疎かにする危険性」を秀逸に表現しています。

ほとんどの人が、このことに気づくのは死に直面したとき、もしくは人生の大半をムダに消費してしまった後なのです。

「今」を生きましょう!

チャールズ(スヌーピー)の名言には、こんなものもあります。

「昨日から学び、今日に生き、明日に期待する。」

いつだって忘れないで欲しい。

すべて一匹のねずみから始まったということを。

‐ウォルト・ディズニー(ミッキーマウスの生みの親)‐

私たちに夢と希望を与えてくれる言葉です。

世界中に夢を与え、楽しませてるディズニーも、はじめはウォルトの頭の中に生まれたたった一匹のねずみからスタートしたのです。

偉大なことに、ウォルトはミッキーを頭の中の空想で終わらせませんでした。現実的な行動に移したのです。

もしかしたら、あなたにとってのミッキーマウスはあなたのすぐそばにいるかもしれません。あなたが実現化しようとさえすれば、あなたもウォルトのように夢に生きることができるかもしれないのです。

人生とは本当にシンプルなのだが、私たちはこれを複雑にしようとして譲らない。

‐孔子(中国の思想家)‐

この世はいたってシンプルなものです。

「他人に奉仕する心」、「一貫性のある継続」、「目の前の現実に全力を尽くすこと」などなど、、、一見、当たり前で誰もが”知っている”ようなことが、人生では真に重要なのです。

しかし、ほとんどの人は知っているだけで、理解はしてません。知識としてはあっても執行するには至らないのです。

もし、あなたがこれらの当たり前に思える”この世の真理”を実行し、使いこなすことができれば、あなたの人生はあなたの思いどおりです。(夢も幸福も成功もすべてがあなたのものとなるでしょう)

常識とは八十歳までに身につけた、偏見のコレクションのことを言う。

‐アルベルト・アインシュタイン(ドイツの物理学者)‐

時として、常識や間違った思い込みは、われわれからやる気と行動力を奪い、人生を大きく制限してしまいます。

他人や社会の常識に縛られた人生を送っていると、やがてそれはあなたの潜在意識(価値観)にまで深く根差すようになり、ただ流されるだけの人生を生きることになってしまうのです。

あなたの意志や行動を決定しているのは、あなたの潜在意識であり、あなたが行動できなかったり、挑戦する勇気が持てないのは、あなたがダメ人間だからでは決してなく、潜在意識にそう刷り込まれているからです。

そして、潜在意識を変える方法は、たった一つ。再びあなたの脳に刷り込むしかありません。(まずは、常識や偏見にとらわれているという認識を持つことから始めましょう)

盲目であることは、悲しいことです。

しかし、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです。

‐ヘレン・ケラー(アメリカの作家)‐

ヘレン・ケラーは幼い頃病気で、目が見えない、耳が聞こえない、しゃべれないという3つの大きなハンデを抱えていましたが、歴史に名を残すほどの人生を創り上げました。

(普通、1つのハンデでさえ人生を諦めたくなるものです)

彼女の言葉にある通り、多くの人は目が見えるのに自分の目に入るものしか見ようとしません。聞こえる音しか聴こうとしません。自分の知っている世界が、この世のすべてだと思ってしまうのです。

普段と違う視点を持ってみてください。あなたが見落としている、身近な奇跡の音をもっと聞いてみてください。

そうすれば、一瞬で世界は激変します。

考え方を変えれば、あなたの世界が変わる。

‐ノーマン・ビンセント・ピール(アメリカの作家)‐

あなたの人生を支配するのは、あなたの行動です。

そして、あなたの行動を決定するのは、あなたの思考です。

なので、今回のように名言について学ぶ際も、漠然と「良いこと言うなぁ」ではなく、あなたの思考、あなたの価値観(潜在意識)に影響を与えられるように、心に深く刻み込みましょう。

例えば、以下の中谷さんの名言なんかは、あなたに新たな考え方を与えてくれるのではないでしょうか。

運がいい人も、運が悪い人もいない。

運がいいと思う人と、運が悪い人がいるだけだ。

‐中谷彰宏(作家)‐

生きるとは呼吸することではない。行動することだ。

‐ジャン=ジャック・ルソー(フランスの哲学者)‐

非常に刺激的でパワーに溢れた名言ですね。

この世界に生きる人のほとんどが、ただ生存しているだけであり、本当の意味で生きている人は少ないです。

あなたは”生きて”いますか?

人生とは機会です。その恩恵を受けなさい。

人生とは美です。賛美しなさい。

人生とは至福です。味わいなさい。

人生とは夢です。実現しなさい。

人生とは挑戦です。対処しなさい。

人生とは義務です。全うしなさい。

人生とは試合です。参加しなさい。

人生とは約束です。それを果たしなさい。

人生とは悲しみです。克服しなさい。

人生とは歌です。歌いなさい。

人生とは闘争です。受け入れなさい。

人生とは悲劇です。立ち向かいなさい。

人生とは冒険です。挑戦しなさい。

人生とは幸運です。呼び込みなさい。

人生とはあまりに貴重です。壊してはいけません。

人生とは人生です。勝ち取りなさい。

‐マザー=テレサ‐

「人生とは、どうでもいいものです。適当に消費してしまいなさい。」

とは、書かれていませんよね?

いずれの文章も「人生は貴重で、有限だ」ということを示し、あなたに人生を切り開いていく勇気を与えています。

もう一度、このマザー=テレサの名言を読みこんで、あなたの人生への思考・価値観を塗り替える努力をしましょう。

人は誰でも、人生が自分に配ったカードを受け入れなくてはならない。

しかし、一旦カードを手にしたら、それをどのように使ってゲームに勝つかは、各自が一人で決めることだ。

‐ヴォルテール(フランスの哲学者)‐

チャールズ(スヌーピー)の有名な名言にも同じようなことが書かれています。

「配られたトランプで勝負するっきゃないのさ・・

それがどういう意味であれ。」

トランプの「ババ抜き」は、最初の手札が多い人(不利な手札の人)が最終的に勝ったりしませんか?

トランプゲーム「大富豪」で、序盤の手札がどんなに悪くても「革命」が起これば、一瞬で逆転できます。

運命があなたに与えたカードだけを見て諦めないでください。カードゲームと違ってルールのない人生においては、カードの強いも悪いもありません。

(多くの場合、あなたが勝手に「悪い手札」だと思い込んでいるだけなのです)

諦めなければ、あなたの中に必ず「革命」が起きます。

神様は私たちに、成功して欲しいなんて思っていません。

ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

‐マザー=テレサ‐

繰り返しになりますが、挑戦しない限り、成功はありません。

挑戦をしないということは、「成功なんてしたくない」と言ってるも同然なのです。

「挑戦挑戦と、キレイゴトを言いやがって!」と思うかもしれませんが、それ以上に言うことがないのです。

挑戦しないという選択肢を取った時点で、人生の負けが確定してしまいます。

あなたがどう考えようとも、何かに挑戦し、自らの手で人生を勝ち取るスタートを切ることは「大前提」なのです。

(その大前提すら実行できていない人が、多すぎます)

風が役に立たなければ、オールを使えばいい。

‐ラテンのことわざ‐

あなたの考える解決策がすべてではありません。

あなたの知っている方法以外にも道はたくさんあるのです。

どんなに運に見放されても、あなたには何かを始める”手”と、歩みを進める”足”があるではないですか!

いかなる困難も、あなたに乗り越えられないものはありません。

(もし、乗り越えられない試練や困難があるとすれば、それはあなたがあきらめた場合だけです)

人生の半分はトラブルで、あとの半分はそれを乗り越えるためにある。

‐映画「八月の鯨」‐

困難やトラブルから逃げることは、カンタンで楽です。

しかし、逃げ続けるだけの人生を送ってしまうと、あなたは二つの「絶望」を味わうことになってしまいます。

それは、人生の終盤で味わうとてつもない後悔と、人生をムダにしてしまったという虚無感です。

苦難から逃げるということは、一見苦しいことから遠ざかっていくように見えますが、それは”より苦しく厳しい”現実に向かって行っているという認識を持ちましょう。

チャンスというものは、多くの場合、辛い経験に姿を変えてやってくる。

だから、ほとんどの人は、それと気づかない。

‐アン・ランダース(アメリカの著作家)‐

そして、そのような苦難やトラブルの中にこそ、人生を劇的に変えるチャンスや財宝が眠っています。

しかし、私たちは苦難・トラブルから逃げることに必死なので、そのチャンスに気づかないのです。

つまり、あなたが困難に立ち向かう勇気さえあれば、人生を変えるアイデアや教訓を手に入れ、あなたの人生を今より何十倍も豊かで充実したものに変えることができると言えます。

過去はもはや関係なく、未来はまだ来ぬ。

‐セネカ(ローマ帝国の政治家)‐

あなたを迷わせ、悩ませる「不安や心配」を一瞬で消す効果的な方法を教えましょう。

まず、あなたの「不安・心配」を思いつく限り、書き出してください。

そして、その不安と心配を「過去・現在・未来」のどの時間軸に関する悩みかを判断し、「過去と未来に関わる悩み」には大きく×印をつけましょう。

その結果、残った「現在の悩み」だけがあなたが対処すべき”問題”であり、残りは無視して構いません。

(今さら悔やんでもどうしようもない過去と、心配したところでどうすることもできない未来に頭を悩ませるのは愚かなことだと思いませんか?)

この方法を実践したところ、なんと!「94%」の悩みが消えた!という実例もあるほどです!

人生とは一箱のマッチに似ている。

重大に扱うのはばかばかしい。

重大に扱わねば危険である。

‐芥川龍之介(小説家)‐

非常に理知的な名言ですね。

誰もが「人生はかけがえのないもので、重大に扱わなければならない」ということは分かっているつもりなのです。

ですが、日々同じような景色を見て、同じようなことをするだけの人生を歩む中で、徐々にマンネリ化し、人生の重要性が薄れてしまいます。

お願いです!

人生の重要性をかみしめ、一日一日をもっと大切にしてください。

あなたが思っている何十倍も速く人生は過ぎ去ってしまうのですから。

(Twitterより引用)

涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味は分からない。

‐ゲーテ(ドイツの詩人)‐

明日を生きる希望を与えてくれる名言と言えるでしょう。

「人生楽しければいい」という人がいますが、わたしは反対です。

楽で快適な道から得られるものは、そんなにありません。

辛く苦しい経験にこそ、真の宝は眠っていて、その苦難に立ち向かう者しか得られない財宝があるのです。

安易な道に逃げないでください。おそらく、その先にあなたの望む人生はないのですから。

圧力がなければ、ダイヤモンドは生まれない。

‐トーマス・カーライル(イギリスの思想家)‐

この言葉の言う通りです。

知っていますか?

ダイヤモンドは、超高温下で高圧力をかけなければ生成することができません。

(だからこそ、ダイヤモンドはあれほど強靭で美しいのです)

人生も同じで、安全な環境で快適な暮らしばかり求めている人生に意味はありません。

厳しい道をえらんでこそ、あなたの人生は輝き、意味のあるものになるのです。

人生とは道路のようなものだ。

一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。

‐フランシス・ベーコン(イギリスの哲学者)‐

「急がば回れ」ということわざがありますが、楽に手に入るもの、カンタンな道をえらび続けると、最悪のシナリオが待っています。

おそらく、これだけ多くの偉人たちが「ラクな道ばかり選んでないで、困難に立ち向かえ!」と言っても、私たちは目先の欲望に目がくらみ、楽な方楽な方へと進んでしまうでしょう。

この中で「困難に立ち向かい、本気で人生を変える覚悟」のある人だけに言います。

もう二度と楽な人生に戻って来るものか!という絶対的な覚悟を持って毎日を過ごしてください。

そうすれば、人生は100%変わってきます。(心配しないでください。あなたが自分に勝ちさえすれば、他のライバルはこれだけ言っても人生の重要性を理解できないレベルの人しかいないのですから)

自制の代償は、常に後悔の痛みより小さい。

‐ニド・クベイン(レバノン出身の経営コンサルタント)‐

聡明な響きを持つ名言です。

何度も言いますが、人生を変えるためには「日々の鍛錬」が必要です。

そして、そのためには自分を律し、将来のもっと大きな喜びのために、目の前の小さな快楽を断ち切る勇気が必要だと言えます。

それは、決して簡単なことではありませんが、自分をコントロールできず、目の前の快楽におぼれてしまうと、あとでその何倍もの後悔があなたを襲うでしょう。

(今までそういう人生を送ってきたのではないですか?)

あなたが一日を支配するか、

一日に支配されるかのいずれかだ。

‐ジム・ローン(アメリカの起業家)‐

流されるままに一日を浪費し、なんとなく生きてしまうと人生は一瞬で過ぎ去り、あなたは人生に翻弄されてこの世を去るだけの存在です。

しかし、あなたが自分を律し、毎日のトレーニングを怠らなければ、あなたの人生はあなたの思いのままになり、自由な人生を創造できます。

どちらの人生がいいですか?

あなたがどんな人間であろうと、あなたには「選ぶ権利」が与えられているのです。

「生きる」ということは、この世で一番稀(まれ)なことだ。

たいていの人は、ただ「存在」しているだけである。

‐オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人)‐

この名言でいうところの「生きる」とはどういう意味だと思いますか?

何か行動を起こしていれば、それは「生きている」と言えるのでしょうか?

わたしは、「生きる」とは、自分の人生を自ら切り開いていく覚悟を持ち、この一瞬を大切にする姿勢を持つことだと思います。

(そのような姿勢は、たいていの場合、具体的な行動に結びつくのですが)

そして「生きる」人は、ありとあらゆる面で「存在するだけ」の人たちのリーダーとなり、世界を変えていくのです。

(あなたも人生を精一杯「生きた」偉人たちの仲間入りをしませんか?)

30分ぐらいでは何もできないと考えているより、

世の中の一番つまらぬことでもする方がまさっている。

‐ゲーテ(ドイツの詩人)‐

「悩む」<<<<<「行動」ということを示した名言ですね。

いいですか?

結局、「悩む」という行為は「行動」することから逃げる”言い訳”に過ぎません。

悩んでいる間は”行動しなくて済む”から、多くの人は悩み、言い訳をしているのです。

実際、悩んだ結果、具体的な答えは出たり、行動を起こし始める人はほとんどいません。

(そろそろ言い訳するのはやめて、動き始めませんか?)

未来を予測する最良の方法は、未来自体を創り出してしまうことだ。

‐ピーター・ドラッカー(近代経営学の父)‐

悩んだり、不安に思っているだけでは現実は何も変わりません。

あなたが具体的なアクションを起こし、人生を創り出さなければ、あなたは一生「このままの人生」を送ることになるのです。

あなたの理想の人生をイメージし、その人生を創造する現実的な手順を取りましょう。

もうそろそろ、スマホを閉じて人生を変える時間ではないですか?

明日死ぬかのように生きよ。

永遠に生きるかのように学べ。

‐マハトマ・ガンジー(インド独立の父)‐

素晴らしい教訓を教えてくれる名言です。

いつまでも学ぶ心を持つ大切さについて、アインシュタインもこんな名言を残しています。

「学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。

自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。」

あなたは創造性を使い切ることはできない。

使えば使うほど、あなたはより創造的になる。

‐マヤ・アンジェロウ(アメリカの詩人)‐

人の想像力(創造力)は無限です。

ほんの10年前には、スマホが人々の生活を一変させ、誰もが小さなディスプレイにこれほど夢中になるとは思ってもみなかったでしょう。

ライト兄弟が生まれる前は、人間が空を飛ぶ日が来るなど誰も信じなかったはずです。

人は、誰もが無限の想像力を頭の中に秘めており、あなたの人生はおろか、世界を大きく変える力を持っています。

あなたの創造性を爆発させ、無限の可能性を発揮しましょう!

(残念ながら、ほとんどの人は自分の想像力を錆びつかせ、人間が本来持っている能力を捨ててしまうのです)

運命がレモンをくれたら、それでレモネードを作る努力をしよう。

‐デール・カーネギー(アメリカの著述家)‐

あなたの人生において本当に重要なことだけに、あなたのエネルギーを投入しましょう。

変えられないこと、どうしようもないことにとらわれ、あなたの貴重な時間と人生を消費してしまうのは、あまりにもったいないことです。

経営学の祖と言われる、ピーター・ドラッカーの名言にもこうあります。

「全くすべきでないことを能率的にする。これほど無駄なことはない。」

最高の夢は、目覚めているときに見る。

‐チャールズ・ギルダーブルーム‐

ゾクゾクするような名言です。

あまりに多くの人が、眠っているときに夢を見て、ダラダラと夢の世界に引きこもってしまいます。

あなたが毎晩見るどんな夢よりも、この世界は美しく、驚きに溢れていることに早く気づいてください。

明確な夢に向かって走り出しましょう。そうすれば、あなたの毎日はビックリするほどワクワクと充実に溢れたものになり、二度とベッドの中で時間を無駄にしたいとは思わなくなるはずです。

微笑めば友達ができる。

しかめっ面をすればしわができる。

‐ジョージ・エリオット(イギリスの作家)‐

愛してほしいなら、あなたが先に愛しましょう。

笑いかけてほしいなら、まずはあなたから笑いかけるのです。

あなたの現実は、”あなたが世界に与えたものが返ってきた”だけであり、人生に多くのものを望みながら、何も失う覚悟がない人間は、何も得られない人生を歩むことになります。

(あなたの人生がつまらないのなら、あなたがつまらない思考でつまらないことばかりするから、そういう現実が作られているのです)

一時間の浪費を何とも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。

‐ダーウィン(「種の起源」の著者)‐

一分一秒を大切にしてください。

人生80年だとしたら、あなたの人生はたった25億秒ほどしかないのです。

あなたが適当に生きている間も、1秒、2秒、3秒、4秒、5秒、、、と人生は減っていき、あと”何秒”あなたの人生が残っているのかは、分からないのですよ?

これはこの世で指名が終わったかどうかを知るためのテストだ。

もしもあなたが生きているのならば、使命はまだ終わっていない。

‐リチャード・バック(「かもめのジョナサン」著者)‐

人はなぜ生まれてきたのか?

あなたはどう考えているでしょうか。

わたしは、「われわれ人間は、誰かを幸せにするためにこの世に生を授かり、この世界に影響を与え、この世界を可能な限り美しいものに変えてから、この世を去るべき」だと思っています。

あなたの残りの人生で何を成し遂げたいのか

あなたの子供や子孫たちに「どんな世界」を生きてほしいか

一度、真剣に考えてみることをオススメします。

悲観主義者は風にうらみを言う。

楽観主義者は風が変わるのを待つ。

現実主義者は、帆を動かす。

‐ウィリアム・アーサー・ウォード(アメリカの作家)‐

悲観主義者になってはいけません。

現実を直視できていない楽観主義者もダメです。

「いずれ風が変わると信じて、帆を動かし続けましょう」

そうすれば、あなたはどんな海だって乗り越えられるし、どんな大陸にも到達できます。

世界平和のためにできることですか?

家に帰って家族を愛してあげてください。

‐マザー・テレサ‐

大きなことをしようとする必要はありません。

大きな志で、小さなことをするのが、いつだって人生を創造する秘訣なのです。

あなたは愛している人に「愛してる」と毎日言ってあげていますか?

言わなくても伝わる、そんな考えは捨てましょう。

愛する人に思いを調節伝える機会が、あなたが思っている以上にずっと少ないものです。

幸せは香水のようなものだ。

他人に振りかけると自分にも数滴かかる。

‐ユダヤのことわざ‐

心を揺さぶる素晴らしい名言です。

自分に親切な対応をしてくれる人をどうやって嫌いになるのでしょうか?

思いやりと誠実心を持つ人に、いったい誰が卑劣な行いをするというのでしょうか?

幸せな行いは、あなたの心を幸せにしてくれます。

(さらに将来、誰かからの恩返しというプレゼントをつきで!)

一日だけ幸せでいたいならば、床屋に行け。

一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。

一か月だけ幸せでいたいなら、結婚しろ。

一年だけ幸せでいたいなら、家を買え。

一生幸せでいたいなら、正直でいることだ。

‐イギリスのことわざ‐

上手いと言わざるを得ない名言です。

(ことわざは、歴史の中で人生の本質をついた秀逸な言い回しだけが、淘汰されて残されるので、どれも素晴らしい格言(名言)ばかりですね)

正直でいること、誠実でいること、他人への思いやりを忘れないこと、誰もが子供の頃にイヤと言うほど聞かされたこれらのことが、人生を真に豊かにし、素晴らしい未来をあなたに運んできます。

「正直?誠実?バカバカしいww」

こう思う人がほとんどなのです。

だからこそ、誠実で正直な人間がすべてを手に入れるのは、全く不思議なことではありません。

私には高いハードルを越えられるような能力はない。

ただ、だれにでも越えられる低いハードルをたくさん見つけてきただけだ。

‐ウォーレン・バフェット(世界一の投資家)‐

あなたが憧れる人、あなたが目指している人は、決してあなたより特別で優れているわけではありません。

ただ、あなたより少しだけ違う考え方と視点を持って、日々自分を高める訓練を続けただけなのです。

偉大さに到達するために必要なのは、あなたが本来持っている思考と想像力を発揮し、毎日、自分自身に対して小さな勝利を積み重ねることなのです。

(世界一の投資家として名高いウォーレン・バフェットのように、本当に偉大なことを成し遂げた人物は、案外特別なことは何もしていないものです)

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、

一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。

‐吉田松陰(幕末の思想家)‐

たった5分、たった10分、毎日のわずかな時間の積み重ねがどれだけ大事か分かっていない人が多すぎます。

1日10分の時間を毎日有効に使えば、80年(人の一生)で約5000時間(≒10×365×80)もの時間を創出することができるのです。

10000時間の法則と言って、人がある分野で一流の力を身につけるには、だいたい10000時間必要と言われています。つまり、1日たった20分の時間を積み重ねれば、誰でも一流になれるということです!

あなたの日々の積み重ねこそが、あなたを素晴らしい未来に連れて行ってくれるのです。

人は、泳げるようになりたいと願いながら、同時に片足を地面につけているものだ。

‐マルセル・プルースト(フランスの作家)‐

映画「オール・ザ・キングスメン」にも以下のような名言があります。

「卵を割らなければ、オムレツは作れない。」

人生を変えたい、素晴らしい未来を想像したいと誰もが言います。

しかし、そのほとんどは何も変える勇気を持たず、人生を変えるリスクを取ることができない人たちが「なんとなく言っているだけ」の戯言なのです。

「岸が見えなくなる勇気を受け入れる覚悟がなければ、海を渡ることは決してできない。」

先ほど紹介した歴史的航海者コロンブスの名言にもあるように、安全地帯で変えたいと願うだけでは、永遠に何も変わりません。

マンガ「進撃の巨人」のアルミンの名言にもこうあるではないですか。

「何かを変えることができる人間がいるとすれば

その人はきっと・・・大事なものを捨てることができる人だ。」

現状維持では、後退するばかりである。

‐ウォルト・ディズニー(ディズニーの生みの親)‐

「ディズニーランドが完成することはない。世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。」

偉大なるディズニーの創設者ウォルト・ディズニーはこのような名言も残しています。

ディズニーが長きにわたり、世界中の人々に夢を見せ、愛され続けている理由はここにあるのではないでしょうか。

自分を高め、進化し続ける意志を持つ人は、どこへだって行けますし、己の人生の支配者になることができます。

(今度、街を歩くとき周りを見渡してみてください。人生に支配されているだけの人がいかに多いか、あなたは理解するでしょう)

ちっぽけな確実さは、大きな嘘に勝る。

‐レオナルド・ダ・ヴィンチ(イタリアの芸術家)‐

大きな思考や理念よりも、小さな行動の方が価値あるものです。

偉大な雄弁さよりも、ささやかな誠実さの方がいつだって重要と言えます。

不確実な悩みに迷うくらいなら、確実な明日への一歩をふみ出しましょう。

「私の人生はこんなもん」と自分に嘘をついて納得させるくらいなら、1ミリでも人生を向上させる努力をしましょう。

恐れは毒だ。しかし突き進むことだけが、解毒剤になる。

‐トラビス・カラニック(アメリカの実業家)‐

聡明さと力強さをかねそなえた名言です。

人は迷う生き物です。

どんなに考えて、どれほど確証を集めても「本当にこの道であっているだろうか」、「もっと違う選択ができたのではないか」と、第二のあなたが頭の中でささやき、やる気と判断力を奪い去ってしまいます。

この厄介な最大の敵を倒す方法はただひとつ、ネガティブな思考の一切を無視し、ひたすらに足を動かすしかないのです。

(恐れや不安とまともに相手をすれば、瞬く間に私たちの頭は支配されてしまいます。相手したってあなたに何のメリットっもないわけですから、無視するのが一番です)

人生に命を賭けていないんだ。

だから、とかくただの傍観者になってしまう。

‐岡本太郎(芸術家)‐

私たちは、人生を向上させたい!と言いながら、「まあ、このままでもそれなりに幸せだしいっかな」と心の底では思ってしまいます。

あなたも例外ではなく、「人生を変えられたらいいなー」くらいの気持ちですよね?

(なぜなら、本気で人生を変えたいと願う人は、とっくに具体的な行動を起こしているはずだからです)

本気になってください。目覚めるのです。

でなければ、あなたはこのまま一生人生に支配され、なんとなくの人生をそれなりに生きて死ぬことになりますよ?

木を植えるのに一番いい時期は20年前だった。次にいいのは今である。

‐中国のことわざ‐

わたしが最も気に入っている名言の1つです。

「今を生きる大切さ」、「今すぐ行動に起こす理由」を教えてくれます。

もしかしたら、あなたは「タイムマシンで過去に戻ってやり直せたら…」と思っているかもしれません。

ですが、そんなことは(現在では)不可能ですし、タイムマシンで過去に行っても結局、同じような人生をあなたは歩むと思います。

なぜなら、人間は「今から逃げる」か「今を生きる」かの2択を常に選択して生きていて、「今から逃げる」選択をし続けた人は、そう簡単に違う道にシフトすることは難しいからです。

逆に言えば、あなたが今この瞬間から「今を生きる」選択を取りはじめれば、「1秒前は今を生きてたし、次の1秒もそうするか」、「1時間前は今を生きてたし、次の1時間もそうしよう!」、「昨日を全力で生きたし、今日も全力で生きよう!」とドミノ倒しのように「今を生きる」人生が形成されていくでしょう。

人生には、二つの道しかない。

一つは、奇跡など全く存在しないかのように生きること。

もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。

‐アルベルト・アインシュタイン(ノーベル物理学賞受賞者)‐

アインシュタインの言葉は、本当に名言が多いですね。

あなたの通勤(通学)路に咲く小さな一本の花、風のにおい。

あなたの周りの人があなたにしてくれた、ささやかな、けれど偉大な親切な行い。

そして、あなたが毎朝、目を覚まし、人生をスタートすることができるという喜び。

これらの小さな奇跡にもっと目を向けてください。

あなたが思う何倍も、あなたの人生は素晴らしく、この世界は美しいものなのです。

世界とは鏡のようなもの。

それを変えるにはあなたを変えるしかない。

‐アレイスター・クロウリー(イギリスの著述家)‐

これまで数多くの名言を紹介し、人生を変える秘訣をいくつもお話してきました。

しかし、この中のほとんどの人は、1週間後には何事もなかったかのように元の生活に戻り、今まで通りの人生を歩んでいくのでしょう。

我慢して、自分に無理やり言いきかせて、他人に合わせる人生を生きていくのです。

あのですね、確かに「自分を向き合い、何かを変えること」は非常に怖いことです。

勇気がいります。覚悟が必要です。

ですが、あなたが自分自身を変え、人生を改善していく決意をしない限り、あなたは人生を消費していくだけの機械になってしまいます。

(変える覚悟を!生きる勇気を!持ってください!)

人生3万日しかない。

‐中川翔子(女性タレント)‐

人生は3万日、25億秒ほどしかありません。

不慮の事故や病気のリスクを考えるともっと少ない可能性だってあります。

その一秒一秒を削って生きているのです。あなたに残された時間は1秒、また1秒と確実に減っています。

あなたは自分の大事な時間、すなわち、命そのものを使って生きているという意識を持って、大切に、そして悔いのないように人生(時間)をあなたが使うことをわたしは望んでいます。

今日という日は、残りの人生の最初の日である。

‐チャールズ・ディードリッヒ(薬物中毒患者救済機関「Synanon」設立者)‐

100個目の名言です。

さあ、今こそ新たな人生をスタートさせましょう。

昨日の自分とはお別れして、真の自分に目覚めるのです。

あなたが、これからすべきことはこのままダラダラとスマホをいじり続けることではありません。

あなたの人生を創造すべく現実的な手段を講じることです。

あなたの人生を、今日!確実に!変えるのです!

(名言を読んでやる気が高まった今、勢いよく突っ込んでしまわなければ、次の人生を変えるチャンスはなかなか来ませんよ?)

人生を変える100の名言まとめ

いかがだったでしょうか?

あなたの人生を変える名言、あなたの座右の銘として人生の指針となるような名言は見つかりましたか?

偉人が残した多くの名言で共通した部分、世界的偉人が口をそろえて言っていたことがあったことに気づきましたか?

その内容こそが、「人生の本質」であり、わたしがあなたに最も伝えたかったことでもあります。

  • 人生は「今」の積み重ねである
  • 「できる」と信じて進め(「できない」は禁止)
  • 行動こそが人生を創造する
  • 日々の鍛錬を積めば、誰でも非凡さに到達できる
  • 思考がすべてだ
  • 勇気を持って、小さな一歩をふみ出せ
  • 思いやりと誠実さだけが人生を豊かにする
  • etc

これらの一見、当たり前に見えるようなことを歴史上の偉人たちは、何度も私たちに言いきかせました。

なぜなら「人生とはきわめてシンプル」なものであり、真に重要なことは、誰でも知っている(けれど、ほとんどの人が理解はしていない)ようなことだからです。

今回の100の名言を見て、

「いいこと言うなー」、「この名言気に入った」

だけで決して終わらせないでください。

あなたが名言から何かを学び、あなたの人生を”活用”してこそ、名言は真に意味あるものになるのです。

あなたが偉大な先人たちの知恵と思考を自分のものとし、人生を自ら切り開いてく行くことをわたしは願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする