「やりたいことが分かりません」←コレ

「やりたいことが分かりません。」

そのような嘆きを私は毎日のように聞きますし、やりたいことがないと悩む人は大勢いるのではないかと思います。

ただですね、

この「やりたいことが分からない」と言う言葉は、

心理学的に見ると「ウソの言葉」でしかないということが分かりました。

「え?ウソなの!?」

そう言われたら動揺するでしょうし、

「いやいや、ウソなわけないでしょ!

実際、私はやりたいことがなくて悩んでいるんだから!!」

と反論したくなるかもしれません。

ですが勘違いしないでください。

”ウソ”というのは、

別にあなたがウソをつこうと思ってついたウソではないでしょうし、

あなたの「やりたいことが分からない」という言葉も

おそらく本心から出た言葉なのだと思います。

つまり、当の本人は本気でやりたいことが分からないと悩みながらも、

ついつい自覚なしに言ってしまう”ウソ”なのです。

なぜ「やりたいことが分からない」という言葉はウソなのか?

それは、

やりたいことが分からないのなら、

何もしなければいいからです。

やりたいことがないのなら、

何もしないで、ただボーっとしていればいいのではないですか?

そもそも「やりたいことが分からない」という言葉は、

”私は何かしなければならないらしいけれど”

何をすればいいのか分かりません(´;ω;`)」

と言っているに他なりません。

何もすることがないのなら、何もしなければいいのです(笑)

「仕事や学校が休みの日は何をすればいいですか?」ともしあなたが聞かれれば、

「いや、休めよ」と答えるのではないでしょうか。

それと同じです。

やりたいことがないのなら、何もしなくても大丈夫なのです。

そもそも「何かしなければならない」という思考がおかしな話ではないでしょうか。

「何かをしなければならない」ということは、

あなたは誰かに命令され、自分の意志ではなく

誰かの意志に従って生きているということです。

たとえ、あなたがやりたいことはないと思っていても、

自分以外の誰かから「何かしなさい!!」と命令されてそれに従っているわけです。

あなたの人生をあなた以外の誰かが決めるのですか?

あなたは誰かに命令され、操られるような人生を送るのですか?

あなたは自分の意志ではなく、誰かに「やれ」と言われたことを優先するのですか?

おそらく、あなたは知っているはずです。

あなたの人生は、他でもないあなた自身のものだと。

そして、あなたの人生は自分で決めていいのだと

あなたの人生は、他の誰のものでもなくあなた自身のものであり、

あなたの人生は、自分で決めていいのです。

(大事なことなので2回言いましたw)

もし、この前提の上で考えるとすれば、

「私は何かしなければならないけれど、

何をしたらいいのか分からない。」

という言葉は、

「私は何かしなければいけない!!」と

自らを洗脳しているようなものではないでしょうか

どうして、自分を洗脳してまで

「何かやりたいことをやらないといけない!」

「やりたいことが見つからないのは悪いことだ!」

という焦りや思い込みを持ってしまうのか?

それの答えは至極簡単で、

”今”やりたくないことをしているから」

”現在”我慢して生きているから」

に他ならないのです。

あなたが気づいているかどうかは分かりませんが、

(多くの場合、無意識かもしれません)

あなたは、ただそこから逃げたいだけなのです

やりたくないことをする毎日から。

我慢して生きる人生から。

それらから逃げるための口実として、われわれは

「やりたいことが分かりません。」というのです。

そして、逃げ出したいけど、どこに逃げていいのか分からない場合、

すなわち、自分のやりたいことが分からない状態であるのなら、

あなたはきっとこう口にするでしょう。

「自分の”本当に”やりたいことが分からない」

「私の”本物の夢”が見つからない」と。

つまりですね、

「やりたいことが分からない」

という言葉の真の意味は

「今から逃げたい」

ということです。

では、やりたいことがない人はどうすればいいのかというと、

「本気で何もしない」

を実践することをオススメします。

すべての行為を放棄して、本気で”何もしない状態”を継続してみると、

焦りや罪悪感、不安などを猛烈に感じると思います。

そこで焦りや悩みに支配されてしまえば、何も変わりません。

これまで通りの人生に再び戻ってしまうでしょう。

ですが、そこで一度冷静になり落ち着きを取り戻してください。

まずは、いったんあなたの焦りや悩みをノートやスマホにメモるのです。

なぜなら、その焦りや悩みこそが

「あなたがやりたいことをやらない理由」であり、

「あなたがやりたくないと思いつつも、やりたくないことをやめられない理由」だからです。

あなたの「やりたいことをやらない理由」や「やりたくないことをやめられない理由」が何なのかは分かりませんが、

一つだけ確かなのは、これらの理由と向き合わない限り、

あなたのやりたいことは一生見えて来ないということです。

「やりたいことが分からない」という状態で、

必死にやりたいことを探しても、おそらく見つからないし、

妥協して選んでも多分楽しくないので続かないと思います。

なので、この焦りや悩みから決して逃げずに向き合わなければなりません。

ただ、この焦りや悩みと向き合い、自分がやりたいことに生きることのヒントを得るとことは、非常に重要なことです。

これらの焦りや悩みと向き合うのは怖いし、勇気がいることです。

でも、あなたのやりたいことが見つからない根本的原因であるコイツら(深い意識下に眠る焦りや悩み)を知ることは、

あなたの人生に革命を起こすほどの衝撃を与えるでしょうし、ものすごくラッキーなことでもあります。

やりたいことが分からないなら、

本気で何もしなければいい。

その時、感じた不安や焦り、悩みこそが

あなたのやりたいことを邪魔している最大の原因であり、

それらと向き合うとしない限り、

やりたいことに目覚めるのは到底無理な話なのです。

まずは、その焦りや悩みを見つけることから始めましょう。

きっとその過程で今まで気づか中た多くの事実に気づくと思います。

例えば「私って、親の邪魔しないようにすべきだと思って生きてる!」とか、

「自分はお金さえあれば幸福になれると思い込んでいた!」とか。

私の友人の例を挙げると、

その友人は今まで

「人生は楽しまなければならない!!」

と思い込んでいました。

でも、これはおかしな話で、

別に私たちは「人生を楽しみなさい」と誰かに命令されたわけでもなければ、

つまらない人生を送ったとして何かペナルティーがあるわけでもありません。

ただ、自分自身が勝手にそうあるべきだと思い込んでいるだけなのです。

あなたの人生は他でもないあなたのものであり、あなた自身の意志と選択によってのみ人生は創られていくという前提のもとに立つのなら、

人生は「死ぬまでの暇つぶし」くらいに考えた方がむしろ自然です。

人生なんて所詮、死ぬまでの暇つぶしで

「たかが人生!」

「むしろ人生なんて無駄にしてなんぼ!」

これくらいの感覚で生きれば、毎日が格段に楽しくなるはずですし、

一日一日がより充実してくると思います。

(実際、その友人も「別に人生楽しむ必要なんてないんだ」と気づいたその時から、人生を心から楽しめるようになったといいます)

勘違いしないでくださいね。

私は決して「人生を楽しもうとしてはいけない」、

「人生は無駄なもの」と言いたいわけではありません。

ただ、そういう思い込みがあることにさえ気づかず、

自分と向き合うことから避け続けながらも、

無理して自分を変えようとすると、おそらく思うようにいきません。

心の中で「人生楽しまなきゃ!」とか「親の言う通りにしなくちゃ!」と思いながら、

無理してがんばっても上手くいかないと思いますし、そもそも楽しくないと思います。

焦りや悩みと、とことん向き合ってください。

苦しいし、勇気がいる作業かもしれませんが、

自分の”弱さ”と向き合うことは非常に大切で、

これができるかどうかで人生は全く変わってくるといっても過言ではありません。

これらの焦りや悩みは必ずしも悪いものばかりではなく、

タダの勘違いであるケースも少なくないのです。

例えば「親の邪魔をしないように生きなければならない」と思い込んでいる人は、

「自分の親は、そんなことを望んでいない」ということを知るだけで

一気に問題が解決する可能性は大いにあります。

現時点では、

その焦りや悩みをどう克服するかは考えなくてもかまいません。

解決策は分からなくてもいいのです。

とりあえず、自分の弱さから逃げずに向き合うこと自体が、大いなる進歩です。

自分の奥底に眠る焦りや悩みを知ることで

「なんだ、ただの勘違いか」と分かれば、すぐに消えたりしますからね。

でも、多くの人はその焦りや悩みと向き合おうともせず、

問題だけを取り除こうとするから上手くいかないのです。

いわば、問題の原因を知らずして解決策だけを知ろうとしているのですから。

(今さら言うまでもないことですが、焦りや悩みとしっかり向き合うことで、その解決法やヒントは少なからず見えてくるものかと思います)

まとめ

やりたいことが分からないという人は、

いったん何もしないで、

自分の弱さを知ることで、

自分の中の焦りや不安と向き合うといい!

と思います。

その過程なしにいくらがんなっても空虚なだけですし、

その過程一つ一つに人生を向上させる重要なヒントがきっと隠されていると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする