あなたの心にグサッと刺さる!とある成功法則が説かれた動画がスゴイと話題に

成功したい!

お金を稼いで、優雅な暮らしをしたい!

そう思うあなた。

まずは、こちらをご覧ください。

いかがだったでしょうか?

おそらく、成功を願うあなたの心に「グサッ」と突き刺さったのではないでしょうか。

一応テキストも載せておきます。

(文章で読み返して、深くあなたの心に刻み込んでください)

今からある話をしよう

この話を聞き、実行さえすれば

君たちは成功することが出来るだろう

学業面でも 金銭面でも 人間関係でも

今から言う3つのことを常に意識すればね

ある若い男がいた

彼はお金を稼ぎたかったので とある「師匠」の元を訪ねた

その男は師匠に「あなたと同じレベルになりたい」と言った

師匠は言った

「もし私と同じレベルになりたいのなら明日の朝ビーチに来なさい」

若い男は朝4時にビーチに着いた

やる気も十分 スーツも決まっている。

しかしを水着を着て来るべきだった。

師匠である老人は男の手を掴みこう言った

「君の成功したい気持ちはどんなもんだ?」

「本気で成功したい」

「それでは海の方へ来なさい」

そして彼は海へ入って行き 水は腰の高さまで来た

男は思った

この老人はクレイジーなのか?

俺はお金が稼ぎたいんだ

泳ぎ方を学びに来たわけでもなく

ライフガードになりたいわけでもない

そして老人は言った

「もっと奥へ来なさい」

男は言われるがまま奥へ行った

そして水面は肩のあたりまで来た

やはりこの老人はクレイジーだ

お金は稼ぐがクレイジーなんだ

老人はまた言った

「もっと奥へきなさい」

もっと奥へ行くと水面は口のあたりまで来ていた

もう戻ろう。この老人は狂ってる。

男が戻ろうとすると老人は言った

「成功したいんじゃなかったのか?」

「成功したいさ!」

「ならばもっと奥へ来い!」

そして男が奥へ進むと

老人は男の頭を掴み海に押さえつけた

男は水を掻き 老人を蹴り 必死に抵抗し藻掻いた

だが老人は押さえ続けた

男が気絶する寸前で 老人は男の頭を抱え上げた

「今お前は何をしたかった?」

「息をしたかった!」

「今お前が息をしたいと思うのと同じくらい強く成功したいと思えた時

初めて成功するんだ」

喘息の発作が起きるとどうなるか知っていますか?

喘息の発作が起きると呼吸が浅くなり息が苦しくなる

その時、君は息をすること以外何も考えられなくなる

バスケットボールの試合も気にならないし 見ていたテレビも気にならない

友達との電話も気にならないし パーティー中でも考えることはただひとつ

ただ息をしたいと思うことそれだけだ

もしそのレベルまで行けたのなら

息をしたいと思うのと同じくらい強く

成功したいと思えたらそこで初めて成功できる

そして僕が君たちに一番伝えたいことを言う

君たちは「勝ちたい」と言うけれど

実際そこまで強く勝ちたいとは思ってない

ただなんとなくそんな風な人になってみたいだけだ

中途半端だよ

君たちは勝つことより遊ぶことの方が好きだし

カッコつける余裕もないほど強くは思っていない

もし本気で勝ちたいと思うのならば

睡眠を喜んで犠牲にする事もいとわない

断固たる決意が必要なんだ

君たちは勝つことより寝ることの方が好きだよ

僕が君たちに伝えたい2つ目のこと

睡眠に甘えるな 君たちは勝つために寝なければならない

そのため時には1日2、3時間しか寝れないこともある

そして本気で勝ちたいと思うのなら

いつか3日間眠らずに努力する必要だってあるかもしれない

なぜならその時

君は勝つために睡眠を必要としていないはずだからだ

君たちはこれを継続し続けなければならない

君たちは毎日強く勝利を望む必要がある

勝つことを優先するあまり食事をも忘れるほどに

ビヨンセはこう言っていた

「映画の撮影中、セットの中で撮影に没頭して食事もとらないまま気づいたら3日が経っていた」と

彼女は何よりも成功することを優先していたからだ

忘れもしない 50セントというラッパーの映画の撮影中の話

私は彼について調べていた

50セントは言っていた

自分の撮影の時以外はCDを作っていたと

そしてスタッフが聞いた

「あなたはいつ寝てるんだ?」

50セントは言った

「睡眠?睡眠は全てを諦めた奴がするもんだろ?」

「僕は寝ないよ」

「僕は今、自分の夢を実現するチャンスの目の前にいるんだ」

諦めるために泣くな

君たちはもう辛い練習を乗り越えてきてたくさん傷ついてきてるんだ

ご褒美を貰えるまで進んでみろよ

成功するまで決して諦めるな

僕は君たちにこれを伝えたくてこの動画を作ったんだ

ご褒美や報酬を貰えたなら どんなに喜んでもいいよ

ジャンプしてもいい 宙返りしてもいい

だけどよく聞け

それでは君たちは一生成功しないよ

何かご褒美を貰わないと 自分から努力出来ないうちはね

自分から胸を張ってこう言えるようになるんだ

ご褒美も金もいらない。俺は来たくてここまで来たんだと

「生きるとは呼吸することではない。行動することだ。」

‐ルソー‐

たった一つの成功法則

「今お前が息をしたいと思うのと同じくらい強く成功したいと思えた時

初めて成功するんだ」

老人はこう言いました。

まったくその通りです。

成功できない人のほとんどは、

口では「成功したい!」と言いながら

そこまで成功したいと思っていません。

「できたらいいな」程度なのです。

(実際、成功できなくても生きてはいけるし、

お金を稼げなくとも、最低限の生活は保障されているからです)

バスケットボールの試合も気にならないし 見ていたテレビも気にならない

友達との電話も気にならないし パーティー中でも考えることはただひとつ

ただ息をしたいと思うことそれだけだ

もしそのレベルまで行けたのなら

息をしたいと思うのと同じくらい強く

成功したいと思えたらそこで初めて成功できる

こうありますが、同じようなことをアメリカのコラムニスト、シーラ・グレアムも言っています。

「是が非でも欲しいと思うものは何でも手に入れられる。

それは皮膚から噴き上げ、世界を創造したエネルギーと合流する、

溢れんばかりの情熱でこれを望まなければならない。」

もし、あなたが「本能的レベル」で「成功」を望むことができたなら、

言うまでもなく、あなたはあっという間に成功を収めるでしょう。

(なぜなら、その他大多数の成功希望者は、そこまで成功したいと思っていないのですから)

君たちは「勝ちたい」と言うけれど

実際そこまで強く勝ちたいとは思ってない

ただなんとなくそんな風な人になってみたいだけだ

中途半端だよ

君たちは勝つことより遊ぶことの方が好きだし

カッコつける余裕もないほど強くは思っていない

なんとなく成功したい

けれど、睡眠は削りたくないし、遊ぶ時間も欲しい

このような考えで、成功できるはずがありません。

(おそらく、彼らは成功したい!という思いを抱えながら、

何となく生きて、なんとなく死んでいくでしょう)

成功とは、あなたが思っているほど”甘く、優しい”ものではありません。

自分を律し、犠牲を伴う覚悟を持った者だけが、

成功者になり得るのです。

もし本気で勝ちたいと思うのならば

睡眠を喜んで犠牲にする事もいとわない

断固たる決意が必要なんだ

時には1日2、3時間しか寝れないこともある

そして本気で勝ちたいと思うのなら

いつか3日間眠らずに努力する必要だってあるかもしれない

君たちは毎日強く勝利を望む必要がある

勝つことを優先するあまり食事をも忘れるほどに

ほとんどの人が、睡眠や大事なデートを犠牲にしてまで

「成功したい」理由がないのです。

ぜいたくな暮らしがしたいから

今の人生に(なんとなく)不満があるから

この程度の理由なのです。

いいのですか?

おそらく、(いや、絶対に)

このままでは、あなたは成功することなど不可能ですよ?

「狂気とはすなわち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待することだ。」

あの有名なアルベルト・アインシュタインの言葉です。

今までと同じように成功を望み、

今までと同じような行動をしている限り

(あなたは、成功を望むだけではなく、既に具体的な行動を起こしていると思いますから)

今までと同じような人生しか得られません。

このままの人生を送って、死んでいく

それで、満足ですか?

それで、死の間際に笑って、この世を去れますか?

もし、この問いに「イエス」と答えられないのなら、

変えましょう、いや、変わりましょう。

これまで以上に、成功を欲し、

成功することだけにあなたの全神経と、すべてのエネルギーを投入するのです。

時には、自分の睡眠時間や快適な時間を犠牲にしなければならないこともあるでしょう。

しかし、成功するためには、他の大勢と違う行動をしなければなりません。

他の人が寝ているときに熟考し、

他の人が遊んでいるときに実行するのです。

さて、ここまで読んでいただいたあなたは、

おそらく、こう思ったのではないでしょうか?

で、一体何をすればいいんだ?

そこまで成功を望むためには、具体的にどうすればいいんだ?

と。

そうなのです。

この動画は非常に刺激と勇気を与えてくれますが、

具体的な方法が何も書かれていません。

呼吸を欲するレベルで

「成功したい!」と望むこと、

これは、「欲求」なので、人それぞれ。

だから、どうしようもない。

こういうことなのでしょうか。

しかし、だとすると、

この恵まれた国「日本」で成功することは非常に難しいことです。

(「本能レベル」で成功を欲するほど、

過酷な状況に身を置く人は、そう多くありません)

「成功したい」という欲は人それぞれなので、仕方がない

こう言い切ってしまうのは簡単ですが、

それはあまりにいい加減で、本質的ではないと思います。

(少なくとも、わたしは「誰もが成功する可能性を秘めている」と思っていますので)

そこで、

具体的に何をすべきか

本能レベルで成功を望むためにはどうしたらいいのか

これらについて考えていきましょう。

「心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。」

‐ウィリアム・ジェームズ‐

「本能レベル」で成功したいと望む方法

本能レベルで、心の底から「成功」を望むことは、

決して簡単なことではないですし、

ここ日本では、むしろ稀有な存在と言ってもいいかもしれません。

ただ、あなたがどうしても成功者になることをあきらめきれず、

どうにかして成功を収めたいというのであれば、

とりあえず以下の2点を実行してみることをオススメします。

  1. 成功者に直接会う
  2. 期限や条件を付けて自分を追い込む

成功者に直接会う

これが、最も簡単にあなたの「成功意欲」を引き上げ、

成功者の仲間入りをするための、最適な方法ではないでしょうか。

成功者の暮らしはもちろん、

その考え方や価値観、ライフスタイルや立ち振る舞いまで、

成功者に直接会って、直で感じ、刺激を受けることで、

あなたの成功意欲、成功願望はググっと増加することでしょう。

こんな生活をしてみたい!

私もこんな人間になりたい!

成功者と一瞬会う、一言二言会話をする、たったそれだけでも

あなたが「何としても成功したい!!」と思うには十分でしょうし、

明確なビジョンを持って、次のステップ(行動)へと進めると思います。

成功者があってくれるのか

そのような疑問もあるかと思いますが、方法はいくらでもあります。

  • 成功者が開くセミナーや勉強会に参加してみる
  • 知人に紹介してもらう
  • 直接会ってくれるようお願いする(相手側にメリットがあるような提案をすること)
  • その人(成功者)がよくいく場所に足を運び、現れるのを待つ
  • etc

最後のは、若干スト―カーぽいので、やめた方がいいかもしれませんが(笑)

有料のセミナー等でしたら、ほぼ100%会えるでしょうし、

今はインターネットの時代ですので、何らかの手段でコンタクトを取る方法は、山ほどあると思います。

(いずれにせよ、根気よく様々な方法でチャレンジしてみることです)

あなたは、あなたの世界しか知りません

(だから、そこまで成功したい!と思えないのでしょう)

ですが、あなたが知らないだけで、この世界には

信じられないほど刺激的でワクワクする世界で生きている

「成功者たち」はたくさんいるのです。

その世界を覗き見ることで、

あなたの成功意欲は爆発的に大きくなり、

「何としても同じフィールドにいってやる!」

「絶対に成功したい!(そのためなら、どんな犠牲も受け入れる!)」

そう思えるはずです。

「成功者に直接会う」

一見、難しそうですが、これこそ、最も簡単にあなたの成功意欲を引き上げ、

あなたを最速最短で、成功へと導いてくれる、

理想的な方法なのです。

期限や条件を付けて自分を追い込む

二つ目の「期限や条件を付けて自分を追い込む」についてですが、

こちらは比較的取り組みやすく、それなりに効果も期待できると思います。

(「本能レベルで成功を望む」という話とは、少しずれるかもしれませんが)

あなたもきっと経験があるのではないでしょうか。

今まで全然やる気が出なかったタスクでも、

”締め切り〇日前”になると、自然とやる気(焦り)が出て、

取り組み始めることができた

その時は、きっと見たいテレビやゲームを我慢して、

そのタスクにのみ集中していたでしょう。

(もしかしたら、睡眠時間を削ってやったという人も少なくないかもしれません)

「本能レベル」で成功を望むということは、

言ってしまえば、これの拡大バージョンにすぎません。

いいですか、

重要なのは、

「本能レベルで成功を望むこと」ではなく、

「成功に向けて、一心不乱に行動すること」なのです。

どんなに成功を望んで、「成功するためなら何でもする」という人であっても、

「体が弱くて、病室から一歩も出られない」という状態では成功は実現できないでしょう。

「成功を心の底から欲している」人は、

「成功するための具体的なアクション」を自然ととれるからこそ、

「成功できる」のです。

(ありえない話かもしれませんが、

決して成功は望んでいないけど、

成功するための行動を起こすのは余裕!という人は、

普通に成功できるのです)

あなたのすべきことに「明確な期限」を設けましょう。

あなたが、行動できない、もしくは、行動を後回しにしてしまう原因は、

「今」行動する必要性が明らかになっていないからです。

いつか成功したい!ではなく、

いついつまでに成功する!と決めてください。

(加えて一つ一つのタスクにも、具体的な期限を設けましょう)

また、誰かに目標(成功するということ)を「宣言」するということも

あなたの行動を促す非常に有効な方法です。

言ったからには、やらなければならないという心理が働き、

行動を先送りにしづらくなります。

他にも、あなたの行動を引き起こし、

成功者になるために有効だと思った、方法やアイデアは積極的に採用していきましょう。

(あなたのことは、わたしよりもあなたの方が理解していると思いますので)

「~したい」という欲求も大事ですが、

「~しなければならない」という緊急性も時として、非常に効果的です。

理想としては、

「成功者に直接会う」ことで、

あなたの成功意欲を爆上げし、

「期限や条件を設ける」ことで、

行動する理由をつくり、

「成功へのステップ」を確実に踏んでいってください。

「平凡なことを平凡な気持ちで実行することが、すなわち非凡なのである。」

‐アンドレ・ジイド‐

たった一つの成功法則まとめ

今回の話をまとめます。

成功するためには、呼吸をするがごとく(本能レベルで)成功したい!と思わなければならない

そのための方法として、「成功者に直接会う」ことで、成功したい!という欲求を急激に上げる

また、「期限や条件を自分に設ける」ことで、今行動する理由をつくり、成功への具体的なアクションを起こす

重要なのは、

とにかく行動する!

成功するために何かしらのアクションを起こす!

ということです。

もちろん、ただがむしゃらに行動すれば、必ず上手くいくかと問われれば、

そう簡単に断言できないかもしれません。

しかし、行動しない限り何も始まらない、ということは、

もはや言うまでもなく、あなたも分かっていると思います。

心の底から「成功」を渇望している人

「自分が成功する」という確信を持っている人

これらの人は、一切の迷いや不安なく行動できるので、

一瞬で成功してしまうのです。

(逆に言えば、あなたがどうしても

成功したい!という欲求や成功への確信を得られなくても

「行動」さえできれば、成功できるということをお忘れなく)

おそらく、今回の動画を見て

多くの人がやる気を出してことでしょう。

しかし、実際に行動に移した人は少数でしょうし、

さらに言えば、それを継続できる人は、ごくわずかだと思います。

(そのごくわずかが「成功者」となるのです)

あなたが、具体的な行動を起こし、

そのわずかな成功者となることを願っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「したい人、10000人。

始める人、100人。

続ける人、1人。」

‐中谷彰宏‐

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする