赤っ鼻トナカイの誕生秘話!クリスマスに出会ったサンタと1匹のトナカイの話

クリスマスといえばあなたは一体何を想像するでしょうか。

優しそうな笑みを浮かべたサンタクロース?

両手いっぱいのクリスマスプレゼント?

美味しいご馳走と大きなクリスマスケーキ?

私は真っ先にサンタクロースを思い浮かべるのですが、彼を語るには決して忘れてはならない存在がいます。

そう、サンタのプレゼントを子供達の元まで運ぶ「空飛ぶトナカイ」です。

そのトナカイの中でもひときわ有名なのが、

あのクリスマスソングにもなっている「赤鼻のトナカイ」ですよね。

でも、あの赤っ鼻のトナカイが誕生したのには、まだ語られていない真実があったのです。

今回は、その「真っ赤なお鼻のトナカイ」の誕生秘話にまつわるエピソードをお話ししようかと思います。

真っ赤なお鼻のトナカイはこうして生まれた

「真っ赤なお鼻の〜♪トナカイさんは〜♪」

クリスマスといえば、定番のこの歌に出てくる「真っ赤なお鼻のトナカイ」。

おそらく多くの人が、真っ赤なお鼻こそがサンタクロースの一番の相棒であり、

サンタを語る上でなくてはならない存在だというイメージが強いのではないでしょうか。

この「真っ赤なお鼻のトナカイ」が誕生したのは、

実は一人の小さな女の子のたった1つの質問からでした。

シカゴに住むロバートには妻、エヴリンと娘のバーバラがいましたが、

ある日妻エヴリンが病に倒れてしまいます。

ロバートは、少ない収入を必死でやりくりし、

なんとかエヴリンの治療費や薬代を工面しながら、娘を育てる日々を過ごしました。

そんな時、娘バーバラがロバートにこう尋ねます。

「どうして、私のママは他のママと違うの?」

ロバートは困ります。娘の質問にどう答えればいいのかわかりませんでした。

ロバート自身、小さい頃はいじめられ、家が貧しかったため学校にも満足に通えず、

収入も少ない。そんな現状にどうしていいかわからなかったからです。

でも、なんとか娘の質問に答えバーバラを楽しませてあげたい!

そんな一心でとっさにある物語を作り上げ、それをバーバラに聞かせました。

それはこんな物語でした。

ある一匹のトナカイ、ルドルフは、今日も一人ぼっちで過ごしていました。

なぜなら、そのトナカイの鼻は、生まれつき真っ赤っかだったため、

いつも周りのトナカイ達に馬鹿にされ、いじめられていたからです。

しかし、ある日、ルドルフの人生に転機が訪れます。それはあるクリスマスイブのことです。

いつものようにサンタクロースが8頭のトナカイを連れて、子供達の元へ出発しようとしました。

すると突然、あたり一辺に深い霧が立ち込めてしまいました。

サンタクロースは言いました。

「こんなに暗くては、煙突を探すことはとてもできないな……」

闇雲に出発するわけにもいかず、サンタクロースは路頭に迷ってしまいました。

その時です。8頭のトナカイ達を一目見ようと集まっていたギャラリーが、何やら騒いでいたのです。

どうしたのだろうか?サンタクロースは不思議に思い彼らの視線の先に目を向けると、赤っ鼻のトナカイが周囲の視線を集めていました。

なぜなら、そのトナカイの鼻は真っ赤っかに光っていたからです。

「おー!これだ!」

サンタクロースはひらめきました。

そして、赤っ鼻のトナカイ(ルドルフ)に近づいて言いました。

「やあ、君は変わった鼻をしているね。」

ルドルフは、また自分の鼻を馬鹿にされると思い、びくびくと震えて何もいえませんでした。

すると、サンタクロースはこう続けます。

「君はみんなと違った鼻を持っている。

でも、だからこそすごいんだ!」

ルドルフは「え?」とつぶやきました。

「君のピカピカの赤い鼻はみんなと違うけど、その代わり暗い夜道を照らすことができる。

これは他のトナカイには決してできないことだよ。

だから、君のその真っ赤なお鼻はとても役に立つんだ!

どうか、私に力を貸してくれないかい?」

その日のクリスマス、イルミネーションに包まれた街を袋いっぱいのプレゼントを抱えたサンタクロースが、プレゼントを待ち望む子供達の元を訪れ、今年もたくさんの幸せを届けました。

そのサンタクロースを運ぶトナカイ達の先頭には真っ赤な鼻をピカピカと光らせ走り回るルドルフの姿があったのです。

それ以来、馬鹿にされいじめられていたルドルフはトナカイ達の憧れの的になり、

翌年からサンタクロースのソリを運ぶトナカイに1匹加わり、

9匹のトナカイたちが子供達に笑顔と夢を届け続けたそうです。

それから、娘バーバラはこの話を大層気に入り、

毎年クリスマスになるとこの話をロバートは聞かせてやりました。

娘へのクリスマスプレゼントを買う十分なお金もなかったロバートは、

この話を絵本にしてまとめてあげることを決めました。

しかし、ほんの完成間近、愛する妻が病気でこの世をさってしまいます。

悲しみと絶望に打ちひしがれるロバート。

それでも、本を完成させることができたのは、

ただ娘バーバラの喜ぶ顔が見たい!そんな思いでした。

後日、会社のとあるパーティーでロバートが

この「真っ赤なお鼻のルドルフ」を朗読すると、

会場h割れんばかりの拍手で包まれました。

非常に感動した彼の会社の人たちは、

240万冊もの本を会社の宣伝用として、無料で配りました。

すると、瞬く間にこの物語は世界中へ広まり、

今も変わらず世界中の人から愛され続けています。

やがて、ロバートの兄弟の一人がこんな歌を作りました。

そう、その歌こそが、

みなさんご存知定番のクリスマスソング「赤鼻のトナカイ」です。

真っ赤なお鼻のトナカイさんは

いつもみんなの笑いもの

でもその年のクリスマスの日

サンタのおじさんは言いました

暗い夜道はピカピカの

お前の花が役に立つのさ

いつも泣いてたトナカイさんは

今宵こそはと喜びました

−赤鼻のトナカイ−

真っ赤なお鼻のトナカイから学べること

今回の素敵なお話から、

少なくとも2つの重要な教訓を学ぶことができるのではないでしょうか。

  • 違いこそが、個性
  • 人生はバランス感が大事

違いこそが、個性

「みんな違って、みんないい」と相田みつをも言っていますし、

十人十色というように人はそれぞれ違った性質、特徴を持つからこそ、

この社会は成り立っています。

確かにあなたは、足が速くないかもしれない。

頭が良くないかもしれない。

見た目が可愛く(カッコよく)ないかもしれない。

他の人よりちょっとだけ太っているかもしれない。

でもそれは全てあなたの「個性」であって、欠点ではないのです。

アメリカのスーパースター、レディーガガの名言にもこうあります。

「こんな不安は捨てるの。

”テストでAは取れない”

”グラミー賞は取れない”

”ヒットチャートで1位を取ることもない”

”スーパースターにはなれない”

でもみんなスーパースターよ。

あなたは強く生まれた。」

あなたにはあなたの長所があって、それを伸ばせばいいんだよ

こんなことを言うと

「ケッ。きれいごと言いやがって」

そう思うかもしれません。

しかし、歴史的にも脳科学的にも世界で何かを成し遂げた人物というのは

「自分のできることん目を向け、努力を続けた”ただの凡人”」なのです。

あの有名な「相対性理論」を生み出した天才学者、

アルベルト・アインシュタインは個性についてこう語っています。

「チョウはモグラではない。でも、そのことを残念がるチョウはいないだろう。」

あなたは今までも、これからも「あなたの人生」を歩んでいく他ありません。

そして、改めていうまでもないことですが、

人生というのはできないことを悔やんだり、

他の誰かになろうとしたりできるほど長くはないのです。

「自分なんて」と口癖のように言ってしまう人には、

アメリカの女優ジュディー・ガーランドのこの名言をお贈りしましょう。

「他の誰かではなく、自分自身の最高を目指すべきだ。」

人生はバランス感が大事

「真っ赤なお鼻のルドルフ」の作者、ロバートはのちにこう語っています。

「自分のコンプレックスを赤鼻のトナカイ、ルドルフに託すことで、

神様に作られた生き物はいつかきっと幸せになることを、

幼い娘、病気に苦しむ妻、そして自分自身に言い聞かせたかったのだ。」

「人生山あり、谷あり」というように、

この世はたいていの場合、幸福の後に不幸が訪れ、不幸の後に幸福が訪れます。

そして、その幸と不幸のバランスはみんな同じくらいに調節されるように

神様はこの世界をお創りになられました。

「そんなはずない!私は毎日とても苦しいんだ!」

そう叫ばずにはいられないという場合は、

中谷彰宏さんのこの言葉をよく読んでみてください。

「運がいい人も、運が悪い人もいない。

運がいいと思う人と、運が悪いと思う人がいるだけだ。」

重要なのは、世界で何が起こったかではなく、

世界で起こった出来事に対し、あなたがどう反応したかです。

とんでもなく悲惨な目にあっているのに、

前を向いてしっかりと生きている人もいれば、

そんなに不幸じゃない(むしろ世界的に見れば恵まれている方)なのに、

まるでこの世の終わりかのような表情で生きている人もいます。

「これが最悪だ」などと言えるうちは、まだ最悪ではない。

「ハムレット」の作者、ウィリアム・シェイクスピアはこう言っていますが、

全てはあなたが現実をどう捉え、いかに生きていくかです。

そして、多くの場合、辛い現実に立ち向かう勇気を持ったものだけが、

絶望の淵に立たされてなお、多くのものを得ることができます。

それは、例えば周囲の人の応援かもしれませんし、経験や成長かもしれません。

ただ、いずれにしろ困難な時にこそ、私たちは最も多くのことを学び磨かれるのです。

これと全く同じことをイギリスの政治家、ウィストン・チャーチルもこう言い残しています。

「凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時である。風に流されている時ではない。」

さらにドイツの偉大な詩人、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテはこのことをさらに秀逸にこう表現しています。

「涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味はわからない。」

最後に

いかがでしたか?

私たちのよく知る「赤鼻のトナカイ」にもあのような誕生秘話が隠されていたのかと

驚き、心暖まったのではないでしょうか。

でも、1つだけお話しさせてください。

あれは、あくまでフィクションの物語です。

つまり、「真っ赤なお鼻のルドルフ」は空想上の物語であり、現実ではないということです。

そして、現実では、ルドルフのようにただ現実に悲観し絶望しているだけでは

決して何も変わらないのです。

確かに、この物語では、ルドルフはサンタに見初められ、一夜にしてクリスマスの主役になりましたが、

現実ではそうそうありえません。この世にシンデレラはいませんし、いつまで待っても王子はやってこないのです。

もし、あなたがルドルフのように目の前の辛い現実を大きく変えて、新たな人生を歩みたいと思うのなら、

あなたの方から動き、サンタに会いに行かなくてはなりません。

ただ待っていればある日、サンタがあなたの元に訪れて人生を変えてくれるわけではないのです。

そのことを踏まえた上で、この「赤鼻のトナカイ」の物語から何かを学び、

今年も素敵なクリスマス、そして素敵な人生を歩んでいただければなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする