【習慣が変われば人生は変わる】三日坊主だった私が習慣化人間になった方法

人生

 

  • 毎日が退屈で仕方がない
  • スマホのゲームとテレビくらいしか日々の楽しみがない
  • 朝起きるのが憂鬱で嫌になる
  • 夢も目標もやりたいことも何もない人生
  • 何をやるにもやる気が出ず、無気力に過ごしてしまう
  • ちょっとしたことで他人と比べて落ち込んでしまう
  • 自己否定がハンパなく、自分に自信が持てない
  • 何をやっても続かず、行動できない
  • とにかく失敗したくないと思ってしまい、なかなか挑戦できない
  • 他人の意見や他人の評価ばかりを気にして、主体性のかけらもない
  • 人の目を気にしすぎるあまり、言いたいことも言えず我慢した人生を送ってしまう
  • などなど

 

人生がうまくいかず、そんな自分が嫌で嫌で仕方がない

という人は、決して少なくありません。

 

そんな時に一番してはいけないのは、焦ってしまうことです。

「何かやらなくちゃ!」と焦って目の前が見えなくなってしまうのです。

 

そして、そんな焦りや不安を原動力にスタートしても、まず間違いなくうまくいきません。

 

例えば、誰もが一度や二度くらいは

「人生を変えてやる!」と一念発起したことはあると思いますし、

「ウォォォおおお!やってやるぜ!」とやる気がメラメラと燃え上がってきた経験も少なからずあると思います。

 

でも、1ヶ月後には元の日常に逆戻りして

「やっぱり、人生変わらないんだ。。。」と思い込んでしまい、

さらなる自己否定のスパイラルに陥ってしまう。

 

これは、あまりに早く結果を求めすぎたり、

とにかく頑張ればなんとかなるとやる気や意思の力に頼ってしまったことが原因です。

 

要するに、自分を過信していたのです。

 

本気でやれば1ヶ月でとてつもない成果を上げられるはずだ

みるみる湧き上がってきたやる気は永遠に続いて、行動し続けることができるに違いない

 

そんなはずありません。

 

今まで人生から逃げ続けてきた人が、ある日覚醒して瞬く間に人生を変えていく、、、なんて話は、フィクションの世界だけです。

永遠にやる気が続くなんて人間の脳の構造的にありえないですし、やる気や精神力に頼っているうちは、一生何も成し遂げることはできないでしょう。

 

 

こんな言葉があるように、重要なのは「続けること」です。

 

結局、人生は続けることさえできれば、ほとんどのことはどうにでもなるものです。

ほとんどのライバルは途中で勝手に挫折していくので、継続してコツコツと積み重ねることができる者が、最終的には勝つのです。

 

成功するまで一貫した努力を貫き通したか、それとも途中で諦めてしまったか。

人生が変わるまで続けることができたか、あれこれ言い訳してすぐにやめてしまったか。

 

勝者と敗者の差なんて、結局のところこれだけの差でしかないのです。

 

人生とは、今日一日一日のことである。

 

これは世界的名著「人を動かす」の著者、デール・カーネギーの言葉ですが、

人生とは、今日一日一日の積み重ねであり、言うなれば私たちの”日々の習慣”こそが、私たちの人生を作り出しているに他なりません。

 

あなたのこれまでの人生は、他でもなくあなたのこれまでの習慣の賜物であり、

あなたの今後の人生は、これからのあなたの習慣によって決まるのです。

 

今日は、そんな人生を変える唯一にして最高のシステム”習慣”を作り上げる方法について、私の実体験をもとに話してこうと思います。

 

習慣こそが、われわれ凡人を偉大さへと導いてくれるたった一つの方法であり、

私たちの人生を劇的に変えるためには、いかにして習慣をデザインしていくかがカギになってきます。

 

それこそ、自由自在に習慣を作り出し、あなたを成長させる習慣を一つ、また一つと構築していくことができれば、

あなたは自分の人生を思うがままに作り出すことができるといっても過言ではありません。

 

それでは、早速いって参りましょう!

 

はじめは人が習慣を作り、それから習慣が人を作る。

ジョン・ドライデン(イングランドの詩人)

 

 

三日坊主だった私が習慣化人間になった方法

 

習慣化しやすい環境を作りだせ

 

まず私が習慣を作る上で重要だと思うのが

「環境」です。

 

言い換えれば、習慣化したい作業やルーティーンを続けるのに最適な環境を作り上げるということです。

 

そもそも、私が人生において一番最初に「習慣を作る重要性」を感じたのは、大学受験の時でした。

 

勉強するやる気がどうしても出なかった私は

「家では集中できない」ことに気づき、

放課後や休日は、図書館やカフェに行って勉強していました。

 

最初は、「家に帰ってやればいい」などと言い訳して1時間と経たずに図書館を後にしてしまうことも多かったですが、

家に帰っても勉強できた試しがなかったので、徐々に図書館やカフェにこもるようになっていきました。

 

家で勉強しようとしても、家では布団でゴロゴロしたり、漫画を読んだりする習慣が染み付いているので、なかなか勉強する習慣を新たに形成するのは難しいですが、

場所を変えれば、新たなルーティンを一から作り出していくことができます。

 

しかも、図書館やカフェは基本的に静かで落ち着いた場所であることに加え、周りに勉強や作業している人が大勢いるので、

少なくとも、机に突っ伏して寝るなんて選択はまずあり得ないわけです。

(更に言えば、カフェなどはお金を払っていくわけですから、コーヒーだけササッと飲んですぐに変えるなんて真似は当時の私には勿体なくてできませんでした(結果、元を取ろうとして勉強しようと言う心理が働くのです))

 

実際、私は今現在もカフェに来てブログを書いているのですが、

せっかくお金を払っているんだから、ダラダラ過ごして時間を無駄にするのは勿体ないと思って、カタカタとパソコンで作業しています。

 

習慣化において、まず重要となるのは最適な環境に身を置くことです。

 

一番わかりやすい例は、ダイエットなどだと思います。

「痩せよう!」と決意し、ダイエットを始めるとするなら、

絶対に食べ物を家に置くべきではありません。

 

すでにお伝えしたように、人はやる気や意思の力に頼って目標を達成するには限度がありますから、冷蔵庫を開けるたびに目の前の美味しそうなケーキを我慢し続けると言うのはどんなに意思の力がある人でも、相当難しいのです。

最初の1回や2回は我慢できても、数を重ねれば重ねるほど欲望に従ってしまう可能性も高くなります。

 

だからそもそもとして、食べ物は必要最低限だけを買い込み、ケーキが食べたくなったらわざわざコンビニまで買いに行かなくてはならないという状況を作り出すのです。

 

私がカフェや図書館で勉強したというのも同じ原理で、ベッドや漫画などの勉強を阻害する要素から離れた場所に身を置くことで、そう簡単にベッドで一休みしたり、漫画に手を伸ばしたりできない環境を作ったのです。

 

裏を返せば、習慣化したい物事に関するものは、自分の環境内に置いておけばいいのです。

例えば、毎朝のランニングを習慣化したいなら、朝起きてすぐ手の届く位置にトレーニングウェアをおいてから寝るようにしたり、

ランニングシューズは常に玄関に置いておき、わざわざシューズボックスから取り出す手間を省くなどの工夫が有効です。

 

習慣のコツは、いかに意思の力を無駄に消費しないようにするかなので、

可能な限り習慣化の邪魔になるものは省いて、自らそういう環境を作り出していく必要があります。

 

木を植えるのに一番いい時期は、20年前だった。

次にいいのは、今である。

中国のことわざ

 

 

一日10分から始めよ

 

続いて、私が習慣化を試みたのは「ブログ」です。

 

大学生になって、ほんの興味本位でブログを書き始めるのですが、

びっくりするくらいやる気も出ないし、続かない(笑)

 

受験勉強に関して言えば、明確に期限があって終わりが見える上に、

受験がうまくいくことによる将来のメリット(例えば、いい大学に入ればいい会社に就職できるなど)がわかりやすくあるのですが、

ブログはどこまでやればOKというはっきりしたラインはないし、ブログを書くことによるメリットも当時は、それほど明確に認識できていませんでした。

 

だから、どうとでも言い訳できてしまいます。

 

  • もっと他に自分のやりたいことがあるかもしれない
  • もっと効率的にうまくいく方法が、どこかにあるはずだ
  • もっとコアとなる自分の軸を作ってからブログを書いた方がいいに決まってる
  • 今はやる気が出ないから、ちょっと休んで書き始めよう
  • こんなの書いたって意味ないから無駄じゃない?
  • ブログを書くやる気さえ出てくれば鬼のように作業できるのに

 

そうやって、たま〜に「ウォォォおおお!」とやる気が1、2週間くらい湧き上がっては消えてしまい、

その後は半年くらい全くやる気も出ないでダラダラする。。。みたいな生活を繰り返していました。

 

とにかく続かない。

そんな自分をますます自己否定して、無気力な日々に現実逃避する。

 

このパターンを何度繰り返したことか(笑)

 

ただ、ある時ふと思いつきました。

そう言えば、毎日5分の歯磨きは習慣化できてるよなって。

 

なんで歯磨きは習慣化できるのにブログは習慣にできないんだろうと。

 

もちろん、それは歯磨きはやらないことによるデメリットが大きいですし、誰もが当たり前にやるものだと小さい頃から親に教え込まれてきたからというのは大きいでしょうが、

歯磨きはとにかく手軽なんですよ。

 

何十分、何時間もやることではないし、ちょろっと洗面台に向かってシャカシャカ磨くだけでその日のノルマは達成です。

 

あと、これは余談なのですが、歯磨き粉って歯を磨いた後の爽快感半端ないじゃないですか。

その爽快感が歯を磨いたちょっとしたご褒美みたいになって習慣化しやすいみたいです。

(実際、これは歯医者さんから直接聞いたのですが、歯磨き粉にはその爽快感以外で医学的に歯磨き粉をつける意味はほとんどないそうです笑)

 

とにかく、これくらいパパっと終わることだったら、誰でも習慣化できるんじゃないか?と私は思ったわけです。

だったら、ブログも手軽にできるくらいのノルマにして習慣化してしまえばいいじゃないか!

 

そうして私が始めたのは「1日30分だけブログを書く」ということ。

ポイントは、iPhoneのタイマーできっかり「30分」にセットしてピピピピッと音がなるまでは、何があろうと絶対に集中力を切らさずにブログ書き続けるというルールを自分に課したことです。

 

逆に言えば、その30分間のタイマーが鳴って30分のノルマを達成しさえすれば、それ以外は何をやっても自由ということにしました。

 

30分ブログを書くという最低限のノルマさえ達成してくれれば、

「よく頑張った!残りの時間は自分の好きなように過ぎしていいよ!」と自分を肯定し、あとはユーチューブをダラダラ見ようが、ゲームをしようが漫画を見ようが1ミリも自分を責めないこととしました。

 

今考えるとこの”30分”というノルマは絶妙だったなと思います。

だって、これが一日2時間ブログを書くとかだとノルマが高過ぎて絶対習慣化できなかったでしょうし、

逆に毎日5分だけブログを書くとかにしてしまうと、こんな微々たる作業やって意味ある?と思ってしまうかもしれません。

 

30分というノルマは、そこまで大量にブログを書ける時間ではありませんが、ピピピッとタイマーが鳴ったあと、「最低限やったな」という確かな達成感が味わえるくらいの作業量です。

 

当時、大学生で時間だけは膨大にあったというのもありますが、この30分作戦は見事にハマり、今まで2週間と続かなかったブログが、1ヶ月、2ヶ月と習慣に鳴っていきました。

 

「おー、もう2ヶ月以上続いているのか!」

「三日坊主だった私が人生で初めて”意識的に”習慣を作り出せている!」

 

嬉しくてたまりませんでしたし、少なくとも「小さな習慣」なら、もはや意のままに作り出せると気づき、

一体私の人生は、今後どれだけ向上していくんだろうかと久しぶりに将来に光が差し込み、パアッと未来が開けた気分になりました。

 

今なお、この習慣は続いています。

毎日私は最低30分はブログを書くようにしています。

はっきり言って、ブログを始めることによるメリットは計り知れないものがあります。

 

始めた当初は、一体ブログを書き続けることでどんな恩恵が受けられるのかがわかりませんでしたが、

例えば

  • ブログを通じて仲間や友人に出会える
  • 記事を書くたびに常にアンテナを張って日常的に視野が広くなる
  • 本を読んだり、他のブログを読んだりしてインプットする習慣が勝手に身につく
  • アウトプット(記事を書く)ことで頭が整理される
  • お小遣い(お金)を稼げる
  • 習慣を作る方法が学べる
  • などなど

 

色々ありますが、何より大きいのは自分に自信がつくことです。

ブログを習慣化することによって、意識的に習慣をデザインしていくことができるという実感が得られるのはもちろん、

ブログは1記事1記事が積み上げられるため、「これだけやってきたんだ!」という努力の証が目に見えてわかるのも自信につながります。

 

意識的に何かしらの習慣を作り上げて人生変えたい

という人は、是非ともブログを開設して、ブログを書く習慣を作ることはオススメですので興味がある人はブログを始めてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみにブログを書くなら「エックスサーバー」でブログを開設するのが一番おすすめです。

というかエックスサーバー以外でブログを作るメリットがもはやない!どう考えてもエックスサーバー一択だろ!と断言できるくらい私は信頼しています。

(これは私個人の意見では決してなく、他のブロガーや世間の評判を見ていても圧倒的にエックスサーバーが支持されていることがわかると思います。(嘘だと思う人は是非ググって見てください))

https://business.xserver.ne.jp/



私はアメブロなどの無料ブログサービスや他のサーバー会社を利用して一からHTMLでブログを作ったこともあるのですが、

  • サービスの質
  • 月額の利用料
  • 対応の早さ
  • 使いやすいフォーマット
  • もはやブログをする上では欠かせない”ワードプレス”との互換性の良さ

ありとあらゆる面で、エックスサーバーが圧倒的に優れていると思います。

 

初心者の方は月1000円くらいの「スタンダードプラン」で十分です。(現に私もエックスサーバーのスタンダードプランを契約してますからね)

エックスサーバーは、ブログに必要な環境が”十分すぎるほど”揃えることができ、

ほんの数時間でブログを開設して記事を投稿するなんてこともできてしまいます。

(どんなに遅くともその日のうちにはブログを開設できるはずです)

 

本当に私の人生はブログを書き始めて変わったと言っても過言ではないので、

もし今あなたがやりたいことがないとか、漠然とこのままじゃいけないのはわかっているが何をやったらいいか迷走中という場合は、

是非ともエックスサーバーでブログを開設するところから始めて見てはいかがでしょうか。

 

法人・企業様のニーズに特化したレンタルサーバー【Xserverビジネス】
「Xserverビジネス」は、高速環境を基幹として法人・企業様向けの様々な機能やサービスを提供するレンタルサーバーです。ビジネスの機会損失を防ぐ安定・快適のサーバー環境と、各種設定の無料代行をはじめとする安心のサービス・機能でお客様のビジネスを強くサポートします。

 

ここで「とりあえずやってみよう」と思えるかがはっきり言ってすべてです。

やる気とは、行動しないと出てこないことはすでに科学的に証明されていますし、

結局、絶対の確信を持てるまで始めようとしないから、完璧主義になって

行動できない、続かないとなってしまうのです。

(↑何気に今、非常に重要なこと言ってます)
“"



 

習慣化の最大にして唯一のコツ

 

少し話が逸れてしまいましたが、

要するに習慣化したいなら、ハードルはとにかく下げるべし

ということです。

 

これはもう誰がなんと言おうと変わることのない

習慣化のコツであり、習慣の極意とも呼べるべきものです。

 

これくらいだったら絶対に達成できるというレベルの目標(ノルマ)を設定し、

最初のうちはとにかく続けることを最優先するのです。

 

それこそ、たとえインフルエンザにかかって38度の熱が出ても続けられる。

これくらいハードルはとことん下げてしまって問題ありません。

 

ハードルが低すぎて物足りないくらいでいいのです。

なぜなら、ハードルが低すぎて不満があったとしても習慣は続くから。

 

高いハードルを掲げて、結局続かないのが最悪のパターンで、この最悪の事態さえ避けられれば、

すなわち、続けて習慣化させてしまいさえすればどうとでもなるのです。

 

というか、続かない人のほとんどの原因は、ほとんどこれです。

ハードルが高すぎる、自分に期待しすぎる、完璧主義をこじらせている。

もはやこれ以外の失敗事例を私は知りません。

 

一日5分だけでいいからやる

これが大事なのです。

 

もしあなたが大学生だったりして時間が山ほどあるなら、私のように30分くらいで始めてもいいですが、

今考えれば1日30分から始めたのは、最初にしてはハードルを”上げすぎた”なと思います。

(現に、たった30分のノルマであっても、何度も何度も挫折しかけてますからね(詳しくは後述しますが))

 

 

あまりに多くの人が、

とにかく頑張れば成果は出るという考えで、

やる気がみなぎった状態を基準にして、

いきなり高いハードルを設定してしまいます。

 

例えば、毎日10時間勉強するぞー!と無茶な目標を掲げる受験生のように。

 

でも、この心理はよくわかります。私たちは、とにかく早く結果が欲しいのです。

心のどこかで、そんなにうまくいくわけがないと思っていても、最速最短でゴールまでたどり着く方法を追い求めてしまいます。

 

  1. すぐに結果を求めすぎる
  2. 結果として、高ハードルを設定してしまう
  3. 当然、続かない

 

この「失敗の鉄板パターン」に陥ってしまいます。

 

それだけならまだしも、さらに最悪なのが、彼らは一度、高いハードルを乗り越えられなかったときは、

ほぼ100%の確率で、焦って次の日に取り返そうとして、さらにハードルを上げてしまうのです。

 

高いハードルを越えようとする。

結果、超えられなくて続かない。

 

じゃあ、どうする?

明日、今日のぶんも取り返して帳尻合わせればいい!

 

おそらく、何をやっても続かない三日坊主の人ほど、このような思考回路で目標へ向かおうとするのです。

 

こんな経験はありませんか?

今日は5時間勉強しようと決めていたけど、2時間しかできなかったから明日は2+5で7時間勉強するぞ!と息巻いたり、

今月は3キロ痩せる目標を設定していたけど、1キロしか痩せられなかったから来月に5キロ痩せて帳尻を合わせよう!みたいな。

 

絶対無理です。

二時間しか勉強できなかった人は、次の日七時間はおろか5時間勉強するのも至難の技です。

 

そして、当然そんな方法では、続くはずないので、

続かない自分に自己嫌悪して、やっぱり自分はダメなんだと

自己否定を繰り返していく。

 

これが習慣化できない人の鉄則パターン。

三日坊主で何をやっても続かないという人は、

ほぼみんな、これと同じことをやっているはずです。

 

そうではなく、一度ハードルを越えられなかったら、絶対にハードルを下げてください。

 

毎日、1時間の勉強というノルマを課して、たった1度でもそのノルマを達成できなかった場合は、

素直に負けを認めて次の日から一日三〇分に減らしましょう。

 

30分が無理なら、一日15分。

15分でも無理なら一日5分といった感じで、

とにかく”自分が確実に続けられる範囲”で習慣化していくのです。

 

私も最初は30分ブログを書くと決めましたが、1度でもノルマを達成できなかったら次は15分でトライしようと決めてましたからね。

もしかしたら、1日15分でも無理かもしれないけど、少なくとも1日30分よりかは続くはずだ!と思って、いつでもハードルを下げる準備はしていました。

 

ただ、1度掲げた目標を下げるのは、せっかく定着しかけた習慣がリセットされてしまうことでもあるので、

できることなら最初から「これなら絶対に続けられる!」というレベルまでハードルを下げてしまうに越したことはありません。

 

ハードルを下げすぎて損はないですからね。

徐々に上げて行けばいいですし、まず何よりも習慣を作れるかどうかが重要だからです。

 

あと、私は1日30分とか、1日5分とか”具体的な数値目標”を必ず設定していますが、これは絶対にやってください。

というのも、その日のノルマが達成できたかどうか一目でわかるからです。

 

基本的には1日○分やる!という”時間”によるノルマか、

1日1キロランニングする、毎日5ページ本を読むみたいな”量”によってノルマを設定するかの2パターンくらいなものです。

 

この辺りは、面倒臭がらずにきっちりやってくださいね。

習慣が成功するかどうかは、その99%は始める前の準備で決まるといっても過言ではないからです。

 

  • どれくらいのハードル(ノルマ)で始めるか
  • 具体的な数値目標は明確か
  • もし、一度でもノルマを達成できなかった場合はどう対応するか
  • イレギュラーな自体が起こった場合の対処法(特別措置)はどうするか

 

これらのことを前もって設定しておき、そのルールだけは絶対に守るよう心がけてください。

もし、ルールがユルユルだと、本人が都合のいいようにどうとでも言い訳できてしまいます。

 

私の「ブログ1日30分作戦」にしても

  • 毎日30分ブログを書く
  • iPhoneのタイマーで30分きっかりと設定して行う
  • タイマーを途中で止めたり、タイマーを設定せずに作業した場合は無効とする
  • 文字数や書いた記事の質は一切問わない(=どうしてもやる気が出ない場合、パソコンの前に座って30分過ぎるのをひたすら待つだけでも最悪良い)
  • 一度でもノルマを達成できなかった場合は、15分→10分→5分と時間を短くしていく
  • ハードルを下げた場合、少なくとも1週間はその設定の上で継続しない限り、元のノルマに再び引き上げることはできない
  • ノルマを達成できなくとも特に落ち込む必要はなく、淡々と次の日からハードルを下げて臨めばいい

 

ザッとこれくらいは最初にルールを定めて、何があってもこれらのルールだけは守るようにしていました。

こうすることで、都合のいい自分ルールでやらなくてもいい理由を作ったり、雑にやってしまうことを防ぐのです。

 

一般的に習慣が形成されるには、21日間(3週間)ほどかかると言われています。

裏を返せば、たった21日間だけ意地でも続けて習慣を形成してしまえば、続けることは可能なのです。

 

でも、やはりわれわれ人間は焦ってしまいます。

一日でも早く結果が欲しい!

こんな風にコツコツやっていても、いつ成果が出るか分からない!と思って、

一発大逆転できる魔法の方法を追い求めてしまうのです。

 

しかし、絶対に焦らないでください。

たった21日(3週間)だけでも毎日続けることができれば、習慣を形成することはできるのです。

 

できる限り小さく始めて、21日後に習慣を作り上げる

これだけで、その習慣はあなたを5年後、10年後とんでもない領域にまで導いてくれるはずです。

 

ハードルを下げると、なかなか成果は出ないと思うかもしれませんが、

決して焦らないでください。

もう一回言います。焦ってはダメです。

 

ほとんどの人は、成果がなかなか出ないとかいう次元ですらなく、そもそも続けることさえできていないのですから。

 

まず最初の21日(3週間)はとにかく続けることだけに集中しましょう。

そうして習慣化した後で、ハードルを上げていけばいいのです。

 

なんなら21日と言わず、1ヶ月、2ヶ月と最小限のハードルでやっても良いくらいです。

実際、私は半年〜1年くらいはブログを書くのに慣れて「まだやれそうだな」と思ってもノルマを30分→1時間、2時間へと増やしていくことは決してありませんでしたし、

とにかく優先すべきは習慣化なのだから、無理にハードルを上げずに、慎重になりすぎるくらいでちょうどいいのです。

(習慣とは、一度身につけてしまえばその後一生私たちを自動的に導いてくれる最高のメカニズムですので、無茶してせっかく定着しかけた習慣を台無しにするのだけは絶対に避けなければいけません)

 

あなたが三日坊主に続かなかったのは、今まで焦りすぎだったのです。

ゆっくり、着実に習慣を作り上げていけばいいのです。

 

ハードルをとにかく下げて、まずは続けることを最優先する

これこそが、習慣化の最大にして唯一のコツと言えます。

 

私には高いハードルを超えられるような能力はない。

ただ、誰にでも超えられる低いハードルをたくさん見つけてきただけだ。

ウォーレン・バフェット(世界一の投資家)

 

習慣は派生する

 

それと、習慣化には副次的なとんでもない効果があります。

習慣とは、決してそれ自体が持つ効果やメリットだけではないのです。

 

例えば、あなたが今日から「小さな習慣」を作ったとします。

すると、その習慣はそれ自体がもたらしてくれる以上の効果を発揮するのです。

 

それが「習慣の派生」です。

 

例えば、私はブログを書き始めたことで、

やがてそれだけでは物足りなくなり、毎日の読書も習慣になりました。

 

それまでの人生では本はたま〜に読む程度であり、

ブログを習慣化し始めた時も基本的には、それ以外の時間はダラダラと過ごしていたのですが、

一度、生産的な習慣が1日の中に形成され始めると、

もっと自分を高めたい、ダラダラと時間を無駄にしたくないと思うようになり、

ひとつ、また一つと次から次へと習慣がドミノ倒しのように作られていくのです。

 

最もありがちな例は、

ダイエットや健康目的で運動を始めると、

だんだん体と心が、健康志向になり、

不健康な食事を控え、甘いものなどが欲しく無くなってくるという現象です。

 

運動という健康的な習慣を作ることで、食事や睡眠など他にも健康的な習慣が作られていくのです。

 

私の友人の一人は、毎日のランニングを習慣化したことで、

その後、筋トレを始め、食事や睡眠に気を使うようになり、

挙げ句の果てには仕事や趣味の音楽においても日々一貫した鍛錬を続け、

あらゆる分野に良い影響があったようです。

 

ちなみに運動に関して言えば、

現時点においては運動こそが脳を活性化させる唯一の方法だと、

脳科学の中でもすでに実証されているので、その点でも非常にオススメできます。

 

1日10分ランニングをする

毎日10ページだけ本を読む

 

例えば、これらの習慣を身につけるだけで、

これらの習慣それ自体の効果(体力がつくとか、知識を得られるとか)は当然として、

それ以外にも非常に多くの意識的な変化、習慣的な変化が現れると思います。

 

まずは興味のあるままに思いついた習慣でいいので、

たった一つでも習慣化させてみてください。

そこからあなたの人生は確実に変わっていくことを私が保証します。

 

 

どんなダメ人間でも習慣化できる唯一の方法

 

  • 習慣化しやすい環境を作り出す
  • ハードルを極限まで下げて始める
  • 具体的な数値目標(ノルマ)を掲げる

 

これらを忠実に実行していただければ、今まで何をやっても続かなかったという人も習慣化できる確率がグッと高まります。

 

ただ、これまで何も続かない三日坊主の方がいきなりこれらを実行するのは、決して容易なことではないと思います。

 

そもそも、本人が「自分はやる気や行動力に頼っても無理だ」ということを自覚し、

小さく確実に続けていくこと(習慣化)だけに集中すると決意しなければなりません。

 

多くの場合、「わざわざ数値目標を設定するのが面倒くさいな」とか

「こんなに小さなノルマで意味あるのかな?」といった思いが浮かび上がってきて

「まぁ、今日はいっか」となってしまうからです。

 

結局、完璧主義こそが、習慣化において最大の敵なのです。

 

  • こんなことやって意味あるのかな?
  • もっと早く結果を出したい、出さなければ!
  • もっと効率的な方法があるのでは?

 

多くの場合、このような不安から焦って、結果を求めすぎてしまうのです。

 

実際、私は「1日ブログを30分書く」というノルマを

「これなら絶対続けられる」と確信して設定したにもかかわらず何度も挫折しかけましたし、

それどころか、1、2回は実際に習慣が途切れてしまった経験もあります。

(今だから言える話ですが)

 

「毎日読書をする」という目標に関しては。しょっちゅう続けられなくなり、

もっとハードルを下げて再び習慣化にトライするの繰り返しです。

(ある程度読書が習慣化されてくると

「今やるべきは本を読んで知識を蓄えることなのか?

もっとブログを書いたり、今必要なスキルを得たりした方が結果につながるのではないか?」と思って本を読まなくなり、

しばらくして「やっぱり焦ってはいけない。コツコツ行こう」といってまた読書を習慣化するの繰り返しです)

 

だから、最後にそんな完璧主義にすぐ陥ってしまうという人でも簡単に習慣化できる方法をご紹介して終わろうと思います。

 

生きるとは、呼吸することではない。

行動することだ。

ルソー(フランスの哲学者)

 

 

日常の習慣に取り入れる

 

これはまさに「どんなダメ人間でも習慣化できる唯一の方法」といっても過言ではありません。

 

この方法なら、完璧主義も目標(ノルマ)もハードルの大きい小さいもありません。

誰であろうと、100%確実に習慣化することができます。

 

私は「1日30分」という比較的小さなハードルを設定してブログを書き始めるまではずーーーっとブログが続けられなくて悩んでいました。

それまでは、やる気や行動力が溢れてくるのをただただ待つばかりで、ボケーっと無気力で退屈な毎日を消費してきたのです。

 

でも、そういえば、、、、

その当時、唯一たった一つだけ”自然と”習慣化できていたものがあることに気づきます。

これまで何をやっても続かなかった私が、たった一つだけの習慣だけは”なんの苦もなく”普通に継続できていたのです。

 

今振り返れば、それは1日30分ブログを書き始める少し前ぐらいで、

その習慣がきっかけとなって、私はブログを書く習慣を身につけられたといっても過言ではありません。

 

先ほど言ったように「習慣の派生」が起こったのです。

 

その習慣には、特にノルマを設けるわけでもありません。

小さく始めようとしたわけでもなければ、

そもそも意識的に習慣を作り出そうとしたわけでもないのに

かれこれ、もう何年間も続いています。

 

 

その習慣とは「オーディオブック(音声)で本を聴くこと」です。

 

私は音楽を聴くのが好きで、出かける際は必ずと言っていいほど

イヤホンを耳につけて音楽を聴きながら通学したり、散歩したりしていました。

 

でも、無気力な日々に嫌気がさしていた私は、

ある時、アマゾンでオーディオブックの無料トライアルをやっているのを見かけ、

なんとなく音楽を聴く代わりに本を聴きながら通学してみました。

 

 

 

(今なら”どれでもお好きな一冊無料キャンペーン”実施中!)

 

これがまさに「人生の転機」と言ってもいいかもしれません。

 

なんとなくで聞いてみたオーディオブック(アマゾンのオーディオ)ですが、

意外と面白かったので、その後も出かけるときはオーディオブックで音声を聞供養になりました。

 

当初は、別に「学びがある」とか「通学時間で効率よく勉強しよう!」などという思いは全くなく、

どのみち学校には行かなければならないので、音楽を聴いたり、ボケーっとしながら通学するくらいならオーディオブックを聞き流して1個や2個でも知識や学びが得られたらラッキーくらいの感覚でした。

 

そして、いつしか特に意識したり、続けようという意識すらなく、

当たり前のように移動中や隙間時間はオーディオブックを聞くという習慣が形成され、今なお続いています。

(実際、この「オーディオブックを聞く」という習慣は、この習慣の記事を書こうとするまで”習慣化していることさえ”気づきませんでした笑)

 

日常に組み込んでしまう

これは、どんなに三日坊主でやる気や意思の力がない人でも、楽勝に習慣化できる方法で、

私の知る限り「最強の習慣術」だと思います。

 

はっきり言って、このやり方でも続かないようなら

もはや「人生を変えたい」「より良い習慣を身につけたい」

などとは思わない方が賢明かもしれません。

(それくらい効果的だということです)

 

あなたが日常的にすでに習慣化していることの中で、

もっと有効に活用できる時間(習慣)は何ですか?

 

そこに習慣化したい作業を組み込めばいいのです。

 

例えば、歯を磨く時にスマホで電子書籍を5分だけ読むとか、

お風呂に入りながら、資格の参考書を1ページだけ読むとか、

それなら誰でも苦なく続けられるのではないでしょうか。

 

というのも、すでにその日常的な習慣は存在するし、

毎日決まった時間にやってくるので、

始めるハードルはないに等しいと言えるからです。

 

どのみち”やらなければならないこと”の中に

あなたが今後”習慣化したいこと”を組み込んでしまえば、

どんなやる気がなくとも、いずれやらなければならないのです。

 

例えば、私は

  • 通学や通勤、ちょっとコンビニに出かけるなどの移動時はオーディオブックを聞く
  • 歯磨きをする5分〜10分は電子書籍を読む

こう決めていますし、これは本当に苦なく続けられます。

 

しかも、この「習慣を日常に組み込む」やり方は、

成果が出ないと焦ったり、

これって本当に意味があるのか?

自問自答して悩んだりすることもあり得ません。

 

なぜなら、そもそも無駄にしていた時間だから。

 

別に通学中にオーディオブックを聞いて、その本がゴミみたいな内容で何一つとして学びとることがなかったとしても(そんな本は滅多にないのですが)

もともと、なんとなく音楽を聴いたり、ボケーっと何も考えずに通学していた時間です。

 

もともと無駄な時間を無駄に使ったとして、だから何?という話です。

 

例えば、3年前に奮発して買った毛皮のコートをメルカリで売った結果300円だったら、腹たつかもしれませんが、

どうせ捨てようと思っていたゴミが300円で売れたら嬉しいのではないでしょうか。

 

それと同じです。

売れたらラッキー、売れなくても別にまぁ(捨てる予定だったし)という。

 

そもそも、無駄にしていた時間に生産的な習慣を組み込むのは、

自分にとってなんら損がないし、

効果が出なくても、別にそれほど問題ではないのです。

 

もちろん、だからと言って「無駄にしてもいい」とは、決して思いませんが、

少なくとも「無駄にしたらどうしよう」「思うような効果が出なかったらどうしよう」と悩む必要はないと思うのです。

 

そもそも「ながら時間」としてやっているからこそ、決してそれ自体が目的ではありません。

学校に行く”ついでに”音声聞いて知識が一つでも身につけばラッキーくらいの感覚でしかないのです。

 

私としては、どのみち通学しなければならないのだから

音声で学習するor音楽を聴く、ぼーっとしながら移動する

の二択なわけです。

 

だったら、音声聞いた方がマシじゃね?というくらいの感じです。

どうせ無駄にする時間だったら、本の一冊でも二冊でも聴いて知識を少しでも得た方がお得でしょう?と思います。

 

これを毎日、自由な時間を30分でも使って「今から勉強する!」という感じで本を読もうとした場合、

意識的に本に集中して本を読むというハードルがありますし、

即座に使える知識や、今すぐ成果の出る本を期待してしまうかもしれません。

 

でも、オーディオブックはただ聞き流すだけで、別に内容を覚えてなくてもいいという感覚で何回も聴きこんで、脳に定着させればいいと思っています。

 

というかそもそも、最初から「そこまで集中して勉強してやる!」という意識はないです。

(集中できたらラッキー!有意義な時間になればいいかな?くらいの感覚です)

 

だから、もしあなたが何をやっても続かない人間で、

通学とか、通勤、その他家事や移動中などの隙間時間がある場合、

私があなたにオススメする習慣ぶっちぎりの第1位は

「オーディオブックで本を聞き流す」ことです。

 

今ならアマゾンのオーディブルで”お好きな本をどれでも一冊無料キャンペーン”実施中ですので、

まだオーディオブックを聞いたことがないという人は、是非とも一度騙されたと思って試してほしいと思います。

 

 

(詳しくは↑のリンクをクリック!)

 

オーディオブックは、一度再生ボタンをポチッと押しさえすれば、後は勝手に知識や情報が流れてくるのを聞き流せばいいだけなので、

やる気や意思の力はほぼほぼ必要なく、隙間時間やながら時間にボタンを押すだけで勉強になります。

 

本当にたった一つ続けられる習慣があるだけで人生変わりますよ。

繰り返しになりますが、習慣は派生してその小さな習慣からどんどん新しい習慣が形成され始めますし、

何より一つでも習慣化できたという自信が大きいですから。

 

 

あと何よりオーディオブックを聞く習慣を身につけてよかったのが

毎日音声を聞いて知識を流し込んでいると、

そのうち必ずやる気が湧き上がってくることです。

 

なんだかんだブログを書く習慣がここまで続いてきたのは、これが大きいです。

 

これまで何度もブログを30分書く、(紙の)本を毎日20p読むといった習慣を挫折しそうになりながら(あるいは、何度か本当に挫折して習慣を途切れさせながら)も

その度に復活して続けてこられたのは、オーディオブックを聞く習慣だけは何があっても続いていたからに他なりません。

 

だって、別にやる気がなかろうと通学はしなければならないし、

移動時間や隙間時間は生きていれば自然と発生しますからね。

 

その度にオーディオブックで新たな情報や思考に触れ、脳が刺激されるのですから、やがてやる気は出てくるものです。

 

すると今では、私は毎日オーディオブックを通勤中に聞いているから、

いずれは勝手にやる気が漲ってくるはずだ!となり、

ほんの数年前は毎日のように「やる気が出ない」と悩んでいたのが嘘のように

やる気が出なくなっても全く気にならないし、そもそもやる気に頼ってないのであまりやる気が出なくても関係ありません。

 

いつまた習慣が途切れようとも、たった一つ日常の中で信頼できる習慣があり、

これだけは何があったも続けていける

これさえ続けていけばやがてどうにかなる

と思える習慣さえ作ってしまえばいいのです。

 

私の場合は、それが移動中や隙間時間にオーディオブックを聞くと言う習慣であり、

もし、何から習慣化したらいいかわからないという人は、是非とも一度お試しで聞いてみて欲しいと思います。

 

アマゾンのオーディブルは

  • 今だけ期間限定で”どれでも好きな一冊無料で聴けるキャンペーン”開催中
  • 毎月、追加で一冊オススメのオーディオブックが楽しめる
  • 1万冊以上(洋書も含めれば40万冊以上)の豊富なラインナップから選び放題
  • オーディブル内のオーディオブックが全品30%オフ
  • これらすべての特典が月々たった1500円で受け取り放題

 

 

(是非ともまずは、上(↑)からラインナップをチェックして

興味を持った本を一冊無料で体験してみましょう!)

 

本を読んだり、本を聴くことはそれ自体が非常に刺激的で

さらに人生を向上させる情報や知識を得ることができる

”最強の習慣”の一つだと思うので、

あなたの人生を変える本や、より習慣について学び意のままに習慣化できる本を探して、一度オーディブルをみてみてほしいと思います。

 

そして、興味がある本があれば、どれでも一冊無料なのでぜひオーディオブックデビューしましょう!

 

 

 

もうまもなく一冊無料キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、興味を持った人は是非お早めに!

 

まとめ

 

  • 習慣化できる環境を作る
  • ハードルを極限まで下げて始める
  • 具体的な数値目標を設定する
  • 日常の習慣に組み込む

 

「三日坊主だった私が習慣化人間になった方法」ということで、

私自身の体験や習慣化への道のりを踏まえて習慣を作る方法を話してきましたが、

結局のところ、「完璧主義に陥るな」という一言に尽きます。

 

もっと言えば、

  • 自分を信じるな
  • 自分に期待するな
  • やる気に頼るな
  • 現実を受け入れろ
  • 人生一発大逆転を狙うな

ということです。

 

そして、その上で最後に私が言いたいのは、

決して続かなくても落ち込む必要はないと言うことです。

 

三日坊主は悪いこと、続かない自分はダメ人間みたいに思い込んでしまうかもしれませんが、

三日坊主も100回繰り返せば、ほぼ1年間継続したのと同じくらいの努力量になりますし、

続かなかったとしても、それはあなたがダメだと言うことではなく、

単に習慣できない方法を一つ知ったと言うことに他なりません。

 

  • 習慣化できる環境を作る
  • ハードルを極限まで下げて始める
  • 具体的な数値目標を設定する
  • 日常の習慣に組み込む

 

これらの方法を実践してみて、またいつものように習慣化できなかったとしても、

それはたまたまその方法がうまくいかなかっただけに過ぎません。

 

次は、他の方法を試してみたり、もっとハードルを下げて再挑戦すればいいだけの話です。

 

実際、私も最初は何をやっても続かない状態でしたが、

環境を変えれば多少は続くし、やらなきゃいけない状況に自分を追い込めば

少なくとも家でダラダラとしている時よりは、やる気も出ますし、作業もはかどりました。

 

でも、やっぱり1週間くらいその環境にいるとマンネリ化してやる気が出なくなって結局、また習慣化できませんでした。

 

ただ、前に比べれば進歩していたのです。

以前はやる気と根性で「家に帰ってやろうかな」「まあ、明日やればいっか」と先送りしまくっていたのに、

やる気や根性に頼るのをやめて、環境の力を利用することにしたのです。

 

そもそも、前は三日坊主で3日と経たずに「もういいや」と続かなくなっていたのが、

1週間”も”続いた、これは進歩と言わずになんというのでしょうか。

 

さらに私は、ハードルをとことんさげて絶対に達成できるノルマでやろう

一日三十分ブログを書くと決めて、再び習慣化に挑戦しました。

 

すると今度はその作戦が思いの外うまくハマり

「お、今度は半年くらいは続いたな。自己ベストだ」

なんと半年以上も継続して続けることができたのです。

(その後、また復活してこのやり方でブログを書き始めます)

 

このやり方で丁寧に習慣化していけば、少なくとも半年くらいは習慣化できるんだな

ということが分かっただけでも儲けものですし、前回の1週間→半年と大幅に継続期間が延びたのですから、

これは一つの成功体験となりました。

 

じゃあ、今度はこのやり方でやったらどうだろうか?

あー、2週間で習慣化が途切れてしまった。

だったら、もっとこうすればいいのでは?

 

そんな感じでトライアンドエラーを繰り返しながら、

一つ一つ習慣化の方法を身につけ、続くやり方を学んでいけばいいのです。

 

極端な話で言えば、100回三日坊主を繰り返し、三日と続かなかったとしても、

それは100回分の失敗するやり方を学んだことになる上で、

おまけに300日分くらいの努力をしたことになるのです。

 

だから、続かなかったと落ち込む必要はないどころか、余裕でお釣りが来るほどのメリットをすでに受け取っているんですよ。

あなたの人生は一歩ずつ確実に進んでいってますよということを

今後、習慣化を目指すあなたに最後にお伝えしたいと思います。

 

今日だって、習慣の記事をここまで読んだのですから、

昨日に比べれば習慣のコツや方法の知識を何かしら学び、進歩しているわけです。

 

ゆっくりでいい。焦らなくていい。

 

少しずつ少しずつ前に進んでいけば、絶対に人生は変わりますし、

その積み重ねが、やがて習慣となり、あなたを信じられないほどの領域まで連れて行ってくれるのです。

 

今回お話した習慣の作り方や私の体験が、あなたの人生に何かしら役立てば幸いです。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました