アインシュタインの名言19「常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」

この世界でもっとも有名な偉人は?

この世で一番頭がいい人物は?

「アルベルト・アインシュタイン」

このような質問の答えとしては、この偉人の名前が真っ先に挙がるのではないでしょうか。

アインシュタインは、ドイツの偉大な物理学者で「相対性理論」をはじめとした数々の理論を提唱し、ノーベル物理学賞など多くの功績を残しました。

そんなアインシュタインですが、さまざまな理論を提唱し物理学会に多大な影響を与えただけでなく、多くの名言を残し死してなお、われわれに影響を与え続けてくれています。

どんな分野においても何かを極めた人間の言葉というのは、本質を捉え、この世の真理をついたものであることが多いです。

きっとあなたの心にグサッと刺さり、新たな知恵や知識を与えてくれることでしょう。

今回は、アインシュタインの残した名言の数々をあなたにご紹介しようと思います。

「20世紀最高の物理学者」とまで呼ばれた男の放つ言葉の一つ一つは、あなたの心を揺さぶり、あなたの人生をより良い方向へ導いてくれると思います。

是非、名言の1つ1つをあなたの頭と心に深く刻み込んでいただければなと思います。

アインシュタインの名言19

(アルベルト・アインシュタインの写真、引用:Wikipedia

人生とは自転車のようなものだ。

倒れないようにするには走り続けなければならない。

‐アインシュタイン‐

悩んだり、考えすぎたりしてなかなか行動に移せない人は多くいますが、行動を起こし続け、今を全力で生き続けることこそが、最も快適で苦しみの少ない道だということを知る人はほとんどいません。

偉大なる賢人、セネカの名言にもこうあります。

「困難だからやろうとしないのではない。

やろうとしないから、困難なのだ。」

過去から学び、

今日のために生き、

未来に対して希望を持つ。

‐アインシュタイン‐

過去と現在と未来が一つの方向を向き、精神的に安定した存在であることが、幸福な人生を送る秘訣なのです。

あの世界的に有名なキャラクター、スヌーピーもこう言っています。

「昨日から学び、今日に生き、明日に期待する。」

私は先のことなど考えたことがありません。

すぐに来てしまうのですから。

‐アインシュタイン‐

いつだって、われわれが生きることができるのは「今」を除いて他にありません。

人生とは、”今この瞬間”の積み重ねなのです。

アメリカの偉大な著述家、デール・カーネギーの言葉はこのことを力強く表しています。

「人生とは、今日一日一日のことである。」

人生には二つの道しかない。

一つは奇跡など全く存在しないかのように生きること。

もう一つは全てが奇跡であるかのように生きること。

‐アインシュタイン‐

この世のすべての物事は、見る人の視点によってさまざまな側面を持ちます。

つまり、あなたが少しだけ視点を変えることで、物事は全く違った様相を見せるのです。

アメリカの著名な起業家、ヘンリー・フォードはこう述べています。

「あなたはそれを可能と考えてもいいし、不可能と考えてもいい。

そのどちらもが正しいのです。」

どんな条件であれ、私には確信がある。

神は絶対にサイコロを振らない。

‐アインシュタイン‐

運命とは、ただ何となく人生を生きているだけの人には「人生の浪費」という形で干渉してきますが、前だけを向いて明日への歩みを止めない人間には、チャンスという名の素敵なプレゼントを与えてくれるものです。

それでも前を向く勇気が持てないという人は、フランスの哲学者ジャン=ジャック・ルソーのこの名言を胸にかみしめるといいでしょう。

「生きるとは呼吸することではない。行動することだ。」

学べば学ぶほど、自分が無知であることに気づかされる。

気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。

‐アインシュタイン‐

この世に完璧な人間も完成された人間もいません。ただ、その事を自覚しているかどうかで人生は大きく変わってきます。

自らを高め、成長し続ける意志こそが、あなたの人生を豊かにするのではないでしょうか。

何も変わらない日々にいい加減嫌気がさしてきたという人は、ディズニーランドの創設者ウォルト・ディズニーのこの名言から学んでください。

「現状維持では後退するばかりだ。」

宇宙と人間の愚かさ、この二つは永遠だ。

宇宙については定かではないが。

‐アインシュタイン‐

人は、愚かでバカな生き物です。だからこそ、失敗を繰り返すし、困難から逃げ出してしあうことも当然あるでしょう。

しかし、その一つ一つの失敗や困難から学び、成長していけるのも人間だということを忘れないでください。

困難の大切さをドイツの文豪、ゲーテはこう巧みに表現しています。

「涙とともにパンを食べたものでなければ、

人生の味は分からない。」

この諺には真実がある。

人に対して正しく賢明な助言をすることはできる。

しかし、自分が正しく賢明に振舞うことはできない。

‐アインシュタイン‐

口で言うだけなら簡単です。それよりもっと重要なのは、あなた自身の行動で示せているかということです。

他人の悪い点をただ批判したり、攻撃したりするのではなく、我が身を省み、自らを高めるきっかけとする方がずっと合理的ではないでしょうか。

あのマザー・テレサも同じようなことを言っています。

「他人をとがめる資格が私たちにあるでしょうか。

非難する前に、自分の心の中を見つめる義務が私たち一人一人にあります。」

困難の中に機会がある。

‐アインシュタイン‐

飛行機は、追い風ではなく向かい風で空へ飛び立つように、困難こそが人生を輝かせます。

大きな失敗や困難に見舞われるほど、あなたの目の前にはそれに見合った成長のチャンスが訪れるのです。

イギリスの偉大な政治家、ウィストン・チャーチルはこう言っています。

「凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時である。

風に流されている時ではない。」

偉大な精神を持つ人々は、平凡な人々から強い反発を受けるのが常だ。

平凡な人というのは、過去の慣習に盲目にならず、

勇敢に意思表示する人々のことを理解できないのだ。

‐アインシュタイン‐

アインシュタインだけでなく、ピカソやライト兄弟、ジョブズやガンジーなどの偉人はみな、少なからず周りの人から理解されず、孤独な思いをしてきた面があると思います。

いつだって、真に偉大なことを成し遂げるのは、常識にとらわれず誰も歩んでいない道を歩き勇気があるものだけです。

あの偉大なる航海者、クリストファー・コロンブスの名言にもこうあります。

「岸が見えなくなる勇気を受け入れる覚悟がなければ、

海を渡ることは決してできない。」

想像力は知識よりも重要だ。

知識には限界があるが、想像力は世界をおおう。

‐アインシュタイン‐

すべての成功は、たった一つの挑戦から生まれます。そして、その挑戦は他でもないわれわれの「頭の中」からスタートするのです。

人間の想像力は無限です。この偉大なる力がなければ、今日の人類の進歩と発展は成し遂げられなかったでしょう。

たった一匹のねずみからあの「夢の国」を創り上げたウォルト・ディズニーもこう言っています。

「夢見ることができれば、それは実現できる。」

私はそれほど賢くはありません。

ただ、人より長く一つのことと付き合っていただけです。

‐アインシュタイン‐

どれほど卓越したセンスや才能があっても、いきなり偉大さに到達することはできません。

一貫した日々の実践があってこそ、長い年月を経てわれわれは非凡な存在となり得るのです。

イングランドの詩人、ジョン・ドライデンの名言は「習慣」の偉大さを非常に上手く表しています。

「はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる。」

挫折を経験したことがない人間は、

何も新しいことに挑戦したことがないということだ。

‐アインシュタイン‐

誰だって失敗は怖いものです。失敗しない道、困難の少ない道を探すことは決しておかしなことではありません。

ただ、失敗や困難を恐れるあまり「人生を失敗してしまう」なんてことになっては意味がありません。

チャレンジする勇気を与えてくれるシェリル・サンドバーグの名言にもこうあります。

「宇宙船に乗っていいよと言われたら、

どんな席か聞いてる場合じゃない。

さっさと乗るだけだ。」

同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、

それを狂気という。

‐アインシュタイン‐

ある日奇跡が起きて、人生が大きく変わりゆく・・・そんな夢物語を想像していませんか?

私が人生で見つけた最大の教訓の1つは「人生とは、何かを変える勇気を持たない限り、一生そのままの日々が流れていくだけ」ということです。

あの世界的な偉人マハトマ・ガンジーの名言にこうあります。

「世界を変えたいなら、まず自分が変わりなさい。」

常識とは十八歳までに身につけた

偏見のコレクションのことをいう。

‐アインシュタイン‐

人の人格や性質は生まれつきなものだ!そう思っているかもしれません。もちろん、そういう部分もあるとは思いますが、その大部分はあなたが今まで触れてきた人や言葉の影響によって形作られてきたのです。

間違った価値観や常識に長くつかりすぎると、やがてそれらはあなたの潜在意識にまで浸食し、あなたの人生をひどく制限してしまうかもしれないのです。

あなたの見ている世界は、所詮あなたの見方にすぎないということを作家の中谷彰宏さんは秀逸に表現しています。

「バラ色のサングラスをかければ、

人生はバラ色になる。」

蝶はモグラではない。

でも、そのことを残念がる蝶はいないだろう。

‐アインシュタイン‐

残念ながら、私たち人間の中には他人と比べ、他人を羨むことに人生の大半を費やしてしまう人が大勢います。

「自分なんて」と嘆きながら素晴らしい人生を送れるはずがないということにいい加減気づいてください。

「自分にはできない」そう思いそうになった時は、アメリカの作家、アリス・ウォーカーのこの言葉を思い出してください。

「人が持てる力を放棄する最もありがちな方法は、

自分には何の力もないと思うことだ。」

普通と言われる人生を送る人間なんて、

一人としていやしない。

いたらお目にかかりたいものだ。

‐アインシュタイン‐

とある航空会社が、利用客のデータを集計し、その平均値にぴったりフィットする座席を作ったそうです。当然お客様の満足度は向上するかに思われたのですが、誰一人としてその座席にフィットする利用客はいなかったといいます。

この世に平均な人間などいません。誰であろうと、その人独自の才能と可能性を秘めているものです。

どうしても自己嫌悪に襲われてしまうという人は、デール・カーネギーのこの言葉を覚えておくといいかもしれません。

「運命がレモンをくれたら、それでレモネードを作る努力をしよう。」

羊の群れの中で最も完璧な羊とは、なかでも一番羊らしい羊だ。

‐アインシュタイン‐

あまりに多くの人が「他人の人生」を生きることに必死になり、「自分の人生」を歩もうとしません。

”それなりの幸福、それなりの人生”で満足というのなら、それでもいいかもしれませんが、もしあなたがより良い人生を求めている場合、自分の手で人生を創造していく必要があります。

自分の人生を歩む勇気がどうしても出ないというときは、セオドア・ルーズベルト元大統領のこの偉大な名言を思い出してみてください。

「自分ならできると信じれば、半分は終わったようなものだ。」

天才とは努力する凡才のことだ。

‐アインシュタイン‐

意外かもしれませんが、アインシュタインは幼い頃「物覚えが悪い子」というレッテルを張られ、まともに学校教育さえ受けていません。

ですが、たぐいまれな好奇心と忍耐力で世界で最も偉大な学者の一人になったのです。

さあ、新たなる人生への一歩を今ふみ出しましょう!

「行動を伴わない想像力には、何の意味もない。」

アインシュタインの名言まとめ

いかがでしたか?

あなたの心に響いたステキな名言は見つかったでしょうか。

今回、ご紹介した名言以外にもアインシュタインは、秀逸な名言を多く残しているので、興味を持った人は是非調べてみるといいかもしれません。

もしくは、アインシュタインの人生やエピソードについて学ぶことで、より深くこれらの名言を学べるのではないでしょうか。

ただ、いずれにしろ名言は、その知識を”ただ知るだけ”ではほとんど意味がありません。多少のやる気UPは見込めるかもしれませんが、それだけでは不十分なのです。

その名言に隠された思考や知恵を学び取り、あなたの人生に活かしていってこそ、名言を真に理解し、活用したことになると私は思うからです。

どうか、名言を見て「いい言葉聞けた♪」で終わるのではなく、より深く学び、アインシュタインの思考や人生を読み取る意識を持ってください。

その取り組みこそが、あなたの人生を改善し、よち豊かにする試みそのものとなっているはずです。

私は、あなたが「知る」だけでなく「行動」を起こす勇気を持っていることを期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする