【人生が変わる名言60選】あなたの人生が変わらない3つの壁とは?

人生

 

人生を変えたい

つまらない人生は、もううんざり

 

今、この記事を読んでいる人なら誰もが少なからずこのような思いを抱えているかと思います。

 

ただ、「人生変えたい?だったらこうしたらいいよ!」と言える処方箋のような方法は存在しません。

100人中100人の人生を変える方法は、今の所発見されていないのです。

 

しかし、「こうしたら絶対人生変わるよ!」という画期的な方法は分からなくとも、

「このままでは100%人生変わらないよね」と言える

あなたの人生が変わらない原因、あなたの人生をつまらなくしている原因は、

少し考えればわかるのではないでしょうか。

(少なくとも「人生を変える方法」を見つけるより「人生は変わらない原因」を探す方が、はるかに簡単だと思います)

 

そして、私が思うに多くの人が人生を変えられない原因は、

以下の「3つの壁」にあると感じています。

 

 

  1. 「思考」の壁
  2. 「行動」の壁
  3. 「習慣」の壁

 

あなたがいつまでたっても一向に人生を変えられない場合、

これら3つの壁のいずれかでつまずいている可能性が極めて高いと言えます。

 

あなたの人生が退屈でつまらないのは、

  • つまらない(無意味な)思考
  • つまらない(無意味な)行動
  • つまらない(無意味な)習慣

あなたの人生がこれらで作り出されているからであり、

あなたの「思考」か「行動」か「習慣」のいずれかにその「原因」があるということです。

 

言い換えれば、

  1. 「思考」を変える
  2. 「行動」を変える
  3. 「習慣」を変える

 

ことによって

 

  1. 「思考」の壁
  2. 「行動」の壁
  3. 「習慣」の壁

 

これらを一つ一つ突破して乗り越えていくことができれば、あなたの人生がガラリと変わる可能性は高まります。

 

「1」「2」「3」と順序立てて書いているのにも意味があり、

人生を変えるには、基本的に「思考→行動→習慣」の順で変えていく必要があるからです。

 

思考を変えなければ、行動は変わりませんし、

行動を変えずして、いきなり習慣を変えようとしても到底不可能です。

 

そこで今回はまず

あなたの思考を変えるための”人生が変わる名言”をご用意しました。

 

もちろん、ただあなたの思考を変えるだけの名言ではございません。

 

今回ご紹介する名言は、

思考を壁

行動の壁

習慣の壁

これら3つの壁を乗り越えるきっかけとなる名言だけを厳選してご用意させてただきました。

 

あなたの思考にドンっと影響を与え、

あなたの行動、そして習慣までもガラリと変えてしまう・・・

そんな「人生が変わる名言」をご紹介していきます。

 

それでは、早速行って参りましょう!

 

 

【人生が変わる名言60選】人生が変わらない3つの壁

 

先ほども言いましたが、

こうすれば確実にあなたの人生は変わると断言できるような画期的な方法を私は知りません。

(というか、そんなものは存在しないと思います)

 

なので

 

  1. あなたの思考を変える方法
  2. あなたの行動を変える方法
  3. あなたの習慣を変える方法

 

これらをバーンと提示することはできません。

 

この思考を身につければ絶対人生は変わる!とか、

コレ(行動)を実践して、さらに習慣化できれば人生は180度変わるよ!

言い切ることは非常に難しいのです。

(もちろん、私はこの考えを知って人生が良くなった、この習慣を身につけて私の人生は大きく変わった、というオススメの思考法や習慣について紹介することはできますが)

 

ですが、これまでに自分の人生を大きく変えてきた人は、

一人の例外もなく

 

  1. 「思考」の壁
  2. 「行動」の壁
  3. 「習慣」の壁

 

これら3つの壁を乗り越え、

自分自身の「思考」と「行動」、そして「習慣」を変えてきたからに他ならないと思うのです。

 

そして、この世で最も人生を大きく変えてきた人物と言えば、

それは文字通り世界に影響を与え、歴史に名を残してきた偉人や著名人に他なりません。

 

彼らは、その生涯の中で自分なりの思考を養い、

その思考に従って行動を起こし、

そして、その行動が積み重なった習慣こそが、

彼らの”偉大な人生”を作り上げたのです。

 

そんな偉人や著名人の放つ言葉の一つは、きっとあなたの思考や行動、そして習慣に影響を与え、

もしかすると今日であった、たった一つの名言があなたの人生をガラリと変えてしまう、、、なんてことも十分にあり得るのです。

 

なので、これから紹介する名言の一つ一つに全神経を集中して、一言一句見逃さないように意識しながら読み進めていってください。

(おそらく、あなたの思考や意識に”何かしらの変化”を与えるきっかけになるはずですから)

 

【思考の壁】思考が変わる名言23

 

世界を変えたいなら、まず自分が変わりなさい。

マハトマ・ガンジー(インド独立の父)

 

心が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。

ウィリアム・ジェームズ(現代心理学の父)

 

 

人が持てる力を放棄する最もありがちな方法は、

自分には何の力もないと思い込むことだ。

アリス・ウォーカー(アメリカの作家)

 

 

自分ならできると信じれば、半分は達成されたようなものだ。

セオドア・ルーズベルト(アメリカ第26代大統領)

 

 

「これが最悪だ」などと言えるうちは、まだ最悪ではない。

シェイクスピア(「ハムレット」作者)

 

 

いつだって忘れないでほしい。

すべてはたった1匹のネズミから始まったということを。

ウォルト・ディズニー(ディズニーの生みの親)

 

 

運のいい人も、運の悪い人もいない。

運がいいと思う人と、運が悪いと思う人がいるだけだ。

中谷彰宏(日本の作家)

 

 

人生とは本当にシンプルなのだが、私たちはこれを複雑にしようとして譲らない。

孔子(中国の思想家)

 

 

ピンチになったら、空を指差して神様にこう言うのだ。

「たいしたことないよ」

中谷彰宏(日本の作家)

 

 

あなたが同意しなければ、誰もあなたを惨めな気持ちにさせることはできはしない。

エレノア・ルーズベルト(アメリカのファーストレディー)

 

 

今日の最悪の病気は、ハンセン病でも結核でもありません。

自分など不必要な存在だという思いです。

マザー=テレサ

 

 

微笑めば、友達ができる。

しかめっ面をすれば、シワができる。

ジョージ・エリオット(イギリスの作家)

 

 

幸せは香水のようなものだ。

他人に振り掛けると自分にも数滴かかる。

ユダヤのことわざ

 

 

偉大な小説を書く人は、あまりいません。

でも、誰もがそれらを生きることはできるのです。

ミニヨン・マクローリン(アメリカのジャーナリスト)

 

 

私の人生は楽しくなかった。

だから私は、自分の人生を創造したの。

ココ・シャネル(「CHANEL」創業者)

 

 

人生の10%は、自分に何が起こるかで決まり。

そして、残りの90%は、それにどう反応するかで決まる。

ルー・ホルツ(アメリカのフットボール選手)

 

 

涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味はわからない。

ゲーテ(ドイツの詩人)

 

 

樹木にとって一番大切なものは何かと問うたら、

それは果実だと誰もが答えるだろう。

しかし、実際には種なのだ。

ニーチェ(ドイツの哲学者)

 

 

凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時だ。

風に流されている時ではない。

ウィストン・チャーチル(イギリスの政治家)

 

 

自分が出した企画やアイデアを、

少なくとも1回は人に笑われるようでなければ、

独創的な発想をしているとはとても言えない。

ビル・ゲイツ(マイクロソフト創設者)

 

 

木を切り倒すのに8時間与えられたら、

私は最初の6時間を斧を研ぐのに費やす。

エイブラハム・リンカーン(アメリカ第16代大統領)

 

 

計画のない目標は、ただの願い事。

サン=テグジュペリ(「星の王子様」作者)

 

 

幸せの扉が一つ閉じると、別の扉が開く。

でも、閉じた扉にいつまでも目を奪われ、

自分のために開かれた扉に気づかないことが多い。

ヘレン・ケラー(アメリカの作家)

 

 

「思考を変える=優先順位を変える」ことです。

 

言い換えれば、

  • 価値観を変える
  • 当たり前だと思っていた常識を捨てる
  • 思い込みから解放される
  • 自分の世界を広げる
  • 視座を高める

 

色々な言い方ができますが、

思考を変えるとは、要するに

「今までとは違った世界の見方」を手に入れることなのです。

 

  • こんな人生を送らねばならない
  • こういう人生が理想(それ以外は許さない)
  • あんな人生はダメ、惨め、かわいそう
  • あの人のようになるべき
  • あの人みたいになったらダメ、惨め
  • これをしちゃダメ
  • これをしなきゃダメ
  • などなど

 

私たちは誰もが、人生に対して間違った思い込みや認識を持っています。

 

その歪んだ認識や解釈(=思考)に縛り付けられるが故に

私たちは、小さな世界に閉じこもり、頑なに外に飛び出そうとしません。

(←これこそが「人生が変わらない」最も根本的な原因です)

 

逆に言えば、その私たちが囚われている思い込みや認識から解き放たれ、

世界の見方をガラリと変える(=思考を変える)ことさえできれば、

人生はもうすでに、半分変わったようなものです。

 

そして、思考を変える方法として、本や名言などは、私たちの世界を広げてくれる最たるものであり、

そういう意味では上記で紹介した「思考が変わる名言」はもちろん、

すべての名言や書籍は私たちの「思考を変えてくれる最高のツール」と言えるでしょう。

 

実際、ここで紹介した名言に触れるだけでも、確実にあなたの思考はグンとアップグレードされ、

これまでとは違った視点で世の中を見れるのではないかと思います。

 

ただ、それだけでは十分ではありません。

あくまであなたは今、新しい思考を「知った」に過ぎないのです。

 

本当の意味で「思考を変える」、そして「人生を変える」ためには、

行動し、習慣化していく必要があります。

 

 

【行動の壁】行動が変わる名言24

 

もし、仮にあなたの思考がすでにガラリと変わっているのであれば、

あなたは今すぐ何かしらの行動を起こし、それを習慣化していくでしょう。

 

あなたの思考は「あなたが普段何を考えているか」ではなく

「あなたが普段どんな行動をしているか」でしか、測ることはできないのです。

 

なので、もしあなたが本や名言、そのほか刺激的な知識や情報に触れることで、

気分が高揚し、”一時的に”人生が変わったと感じたとしても、

それがあなたの行動に反映されていなければ、意味がないのです。

 

行動が全てであり、あなたの思考は全て行動に現れます。

 

しかし、これは裏を返せば

あなたの行動も反対に、あなたの思考に影響を与えるということです。

 

よく「行動しなければやる気は絶対に出ない」と言われますが、

(そしてこれは科学的に証明されつつありますが)

行動を伴ってこそ、初めてあなたの思考は本当の意味で変わっていくのです。

 

だから続いては、あなたが居ても立っても居られなくなり、思わず行動してしまう・・・

そんな名言を紹介していきたいと思います。

 

困難だからやろうとしないのではない。

やろうとしないから困難なのだ。

セネカ(ローマ帝国の政治家)

 

 

知ることだけでは十分ではない。それを使わなくてはならない。

やる気だけでは十分でない。それを実行しなければならない。

ゲーテ(ドイツの詩人)

 

 

明日はなんとかなると思う馬鹿者。

今日でさえ遅いのだ。

賢者はもうすでに昨日済ましている。

チャールズ・クーリー(アメリカの社会学者)

 

 

今を戦えない者に、次とか来年とかを口にする資格はない。

ロベルト・バッジョ(イタリアのサッカー選手)

 

 

恐れは毒だ。しかし、突き進むことだけが解毒剤になる。

トラビス・カラニック(アメリカの起業家)

 

 

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。

ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

マザー=テレサ

 

 

行動を伴わない想像力に、何の意味もない。

チャーリー・チャップリン(イギリスの映画俳優)

 

 

人生における最大の危険は、リスクを犯さないことである。

キルケゴール(デンマークの哲学者)

 

 

今から20年後、あなたはしたことより、しなかったことに最も失望しているでしょう。

マーク・トウェイン(アメリカの作家)

 

 

宇宙船に乗っていいよ、と言われたら、

どんな席か聞いてる場合じゃない。

さっさと乗るだけだ。

シェリル・サンドバーグ(アメリカの起業家)

 

 

岸が見えなくなる勇気を受け入れる覚悟がなければ、海を渡ることは決してできない。

コロンブス(スペインの航海者)

 

 

生きるとは、呼吸することではない。

行動することだ。

ルソー(フランスの哲学者)

 

 

僕はキャリアを通じて9000回以上シュートを外した。

300回近いほど試合に負けた。

勝利を決するシュートを託され、失敗したことは26回もある。

人生で何度も、何度も、何度も失敗を重ねてきた。

だから、成功できたんだ。

マイケル・ジョーダン(バスケットボールの神様)

 

 

あともうひと頑張りすれば、周りには誰もいなくなる。

ロジャー・ストライク

 

 

「不可能」の反対は「可能」ではない。

「挑戦」だ。

ジャッキー・ロビンソン(黒人初のメジャーリーガー)

 

 

ヒーローとは、どんな障害があっても努力を惜しまず、

耐え抜く力を身につけた、ごく普通の人間である。

クリストファー・リーヴ(アメリカの俳優)

 

 

打たないシュートは100%外れる。

ウェイン・グレッキー(カナダのアイスホッケー選手)

 

 

悲観主義者は、風に恨みを言う。

楽観主義者は、風が変わるのを待つ。

現実主義者は、帆を動かす。

ウィリアム。アーサー・ウォード(アメリカの作家)

 

 

群を抜く方法は、当たり前の仕事を、当たり前ではない情熱で行うことである。

デイヴィッド・レターマン(アメリカのコメディアン)

 

 

簡単すぎる人生に、生きる価値などない。

ソクラテス(古代ギリシアの哲学者)

 

 

アインシュタインは2度も落第した。

ベートーベンは耳が聞こえなかった。

ヘレン・ケラーは目が見えなかった。

チャンスはあるはずだ。

映画「ロッキー」より

 

 

人生が終わることを恐れてはいけません。

人生がいつまでも始まらないことの方が怖いのです。

グレース・ハンセン(アメリカの作家)

 

 

決断しないことは、しばしば間違った行動よりも悪い。

ヘンリー・フォード(フォードモーター創設者)

 

 

これはこの世で使命が終わったかどうかを知るためのテストだ。

もし、あなたが今生きているのならば、使命はまだ終わっていない。

リチャード・バック(「かもめのジョナサン」著者)

 

 

行動を変える上で、最も重要なのは

完璧主義になるなということです。

 

  • 失敗したくない
  • 効率よくやろう
  • 人生を無駄にしたくない
  • 人生一発逆転できる方法があるはずだ

 

このような考えばかりが先行し、

「これだ!」という確信が持てるまで、決して行動を起こすことができません。

 

完璧主義に陥る原因は、やはり先ほど言ったような

間違った価値観や思い込みのせいなのでしょうね。

 

こう生きなければならない

こんな人生がいい

あんな人生は最悪

そのような歪んだ認識に縛り付けられるあまり、

 

  • 人の目が怖くなり
  • 失敗を過剰に恐れ
  • 我慢することに慣れてしまい
  • 現実から逃げることばかり考えてしまい
  • 自己肯定感が下がり
  • そんな自分を認めなくてより一層焦ってしまう
  • そして、ますます理想や完璧を追い求めていく

 

結果、さらに悩みが増大し、生きづらくなっていく。

そんな人がどれだけいることか。

 

というより、

「完璧主義から脱却する=人生を変える」

と言っても決して大げさではないほど、

人生を変えられない人のほとんどが、完璧主義に陥っています。

 

みんな、ビックリするほど同じパターンですよ。本当に。

(かくいう私もほんの少し前までは、完璧主義を拗らせて全く行動できなかったのですが。。。)

 

とはいえ、

こうすれば完璧主義から脱却できるよ!という処方箋のようなものはないですし、

とにかく焦らずに一歩ずつ、少しずつあなたの思考や行動、習慣を変えていくほかありません。

(ここで「いや、どこかに完璧主義を抜け出す画期的な方法があるはず!」などと思ってしまった場合、

それこそが、完璧主義的な思考そのものですからね)

 

ここで紹介した「行動が変わる名言」にしても、

あくまであなたが行動を起こすきっかけになることはあるかもしれませんが、

実際に行動する恐怖や不安を乗り越え、行動していくのは他でもないあなた自身です。

(どれだけ行動するやる気や動機付けを手にしたとしても、心のどこかに不安は残りますし、不明確な未来に向かって一歩踏み出す必要があるからです)

 

ただ、その上で一つ私から申し上げるとすれば、

決して”今すぐに”行動を起こす必要はないと思います。

 

もちろん、今すぐ具体的な行動を起こすに越したことはないでしょうが、

あなたが人生を変えようと行動を起こしたとして、

実際に人生が変わるまでには、2つのタイムラグがあるからです。

 

一つは、思考を腑に落とし、実際に行動するまでのタイムラグ。

(先ほど述べたように、ただ「知った」だけでは不十分で、それを自分の中に落とし込み、価値観や優先順位として確立していく必要があるのです)

 

そして、もう一つのタイムラグが、行動してから人生が変わる(現実が変わる)までのタイムラグです。

エイっと思い切って行動を起こしたとしてもすぐに人生が変わるわけではありません。

 

今まで不健康な生活を送り、見事な肥満体型になった人が、

たった一日運動しまくれば、次の日には痩せているわけではないですよね?

 

その行動を持続させてこそ、徐々に現実(人生)は変わりゆくのです。

 

ここまでいえば、もうお分かりですね。

そう、ここまできて初めて習慣が重要になってくるのです。

 

 

【習慣の壁】習慣が変わる名言13

 

小さなことを積み重ねるのが、

とんでもないところへ行くただ一つの道だ。

イチロー(日本のメジャーリーガー)

 

 

したい人、10000人。

始める人、100人。

続ける人、1人。

中谷彰宏(日本の作家)

 

 

私は決して天才ではありません。

ただ、人より長く「一つのこと」と向き合ってきただけなのです。

アインシュタイン(20世紀最高の物理学者)

 

 

プロの作家とは、書くことをやめなかったアマチュアのことである。

リチャード・バック(「かもめのジョナサン」著者)

 

 

人生とは、今日1日1日のことである。

デール・カーネギー(「人を動かす」著者)

 

 

はじめは人が習慣を作り、それから習慣が人を作る。

ジョン・ドライデン(イングランドの詩人)

 

 

この世に粘り強さに勝るものはない。

才能?

才能があっても成功できなかった例は枚挙にいとまがない。

天才?

報われない天才という言葉は、すでに決まり文句となっている。

教養?

世の中には教養ある浮浪者で溢れている。

粘り強さと断固たる信念だけが、無限の力を持つ。

カルヴィン・クーリッジ(アメリカ第30代大統領)

 

 

人間は、負けたら終わりなのではない。

やめたら終わりなのだ。

リチャード・ニクソン(アメリカ第37代大統領)

 

 

人生とは道路のようなものだ。

いちばんの近道は、たいてい一番悪い道だ。

フランシス・ベーコン(イギリスの哲学者)

 

 

木を植えるのに一番いい時期は20年前だった。

次にいいのは、今である。

中国のことわざ

 

 

現状維持では、後退するばかりである。

ウォルト・ディズニー(ディズニーの生みの親)

 

 

私には高いハードルを超えられるような能力はない。

ただ、誰にでも超えられる低いハードルをたくさん見つけてきただけだ。

ウォーレン・バフェット(世界一の投資家)

 

 

人間は理性の生き物でもなければ、本能の生き物でもない。

人間は、習慣の生き物である。

ジョン・デューイ(アメリカの哲学者)

 

 

これまで、

「思考が変わる名言」

「行動が変わる名言」

「習慣が変わる名言」

を紹介して、

 

思考の壁

行動の壁

習慣の壁

 

これらを乗り越えるきっかけを用意してきたつもりですが、

 

結局、今まで私が伝えてきたことは全て

「習慣を変えろ」ということに一貫しています。

 

思考を変えるのも、行動を変えるのも

すべてはあなたの習慣を変えることで、新たな人生を作り出していくための

1ステップに過ぎないのです。

 

  • 間違った思い込みや世界の認識から抜け出すこと。
  • 完璧主義を脱して、現実を受け入れた上で小さく行動を起こす。

 

これらはいずれも習慣化する上で、最も重要なことであり、

これらの思い込みや完璧主義などの縛りこそが、

私たちにブレーキをかけて、人生が変わらない(=習慣が続かない)ようにしているのです。

 

だから、これまで私がお伝えしてきたことや、今回ご紹介したすべての名言を参考にして、

とにかく何でもいいので一つ”小さな習慣”を作り上げてみてください。

 

その上で、重要になるのが「素直に負けを認めること」です。

 

”意識的に”習慣を作るということは、素直に負けを認め、

習慣の前に降参するということです。

 

  • やる気や意思の力では、どうしようもないから、人生を変えるために、やる気や意思の力に頼るのをやめる。諦める。放棄する。
  • 心のどこかで、自分はすごいやつ、やればできると思ってきたが、その結果が今の現実なのだから、もう自分に期待するのはやめる。

 

自分の力では、人生はどうしようもないと身の程を知って、

人生を一発逆転するのを諦めて、習慣の前に素直に降参した時、

あなたの人生はガラリと変わりますよ。

 

 

でも、私は今まで何をやっても三日坊主で続かなかったし。。。

という方は、まだ「思考の壁」を乗り越えられていないですし、

そもそも完璧主義に陥っているので注意してください。

 

習慣は、完璧主義から脱却し、

ハードルを下げて小さく始めれば誰でも身に付けることができます。

 

まずは、その「思考」を身につけ、あなたの優先順位を変えてください。

 

  • やる気があれば
  • やりたいことさえ見つかれば
  • 行動できれば
  • 明日頑張る
  • この世のどこかにある最高の方法さえ見つかれば

 

このような価値観を捨て去り、

 

焦らないで、ゆっくりと一貫した鍛錬を積み重ねる。

 

それこそが、この世で唯一の「人生を変える方法」なのです。

 

 

人生が変わらない3つの壁まとめ

 

したい人、10000人。

始める人、100人。

続ける人、1人。

 

今回の記事で言いたいことは、この名言に一つにすべて集約されていると言っても過言ではないかもしれません。

 

人生を変える方法として、以下の3つのステップを踏み必要があると言いました。

 

「思考」を変える

「行動」を変える

「習慣」を変える

 

その上で、次はそれぞれの”壁”を乗り越えるために必要なことを

人生の偉大な先輩たちの名言を交えながら、学んできました。

 

  • 思考を変える=優先順位(価値観)を変える(人生を変えられない人のほとんどが、間違った認識や世界の見方に縛られている)
  • 行動を変える=脱完璧主義(多くの人は間違った思考や価値観に縛られるが故に、人目を気にして失敗しない確信がないと動けなくなる)
  • 習慣を変える=やる気に頼ったり、自分を信じたりするのをやめて、小さく始める(たいていの場合、完璧主義を拗らせているから、本気で習慣化しようとは考えず、どうにか自分の力で人生を変えようとする

 

言ってしまえば、人生が変わらない根本的な原因は、

あなたの思考にあり、

多くの場合、その思考は「完璧主義」という形になって、

あなたを”今の人生”に縛りつけようとします。

 

  • こうしなければ
  • こういう人生を歩まなければ
  • あれはしてはいけない
  • こんな人生には価値がない

 

このような思考に、あなたのやる気は奪われてしまい、

行動を継続することができないのです。

 

結局、その上で何をすればいいの?

と言われれば、具体的な解決策としては、

とにかく焦らず自分と向き合え。現実から目を背けるな。

という一言に集約されるのですが、

おそらく、それで自分と素直に向き合えるのならとっくに人生変わっているはずなので、

私は無理に現実から逃げるなとは言いません。

 

そもそも、あなたの思考はこれまでの人生で何十年にも渡って構築されてきたものなので、

そう簡単に変えることができないのは百も承知です。

 

ただ今回、これだけは覚えて帰ってください、

 

あなたの人生は、あなたの思考と行動、そして習慣によって作り上げられるのであり、

人生を変えたいのなら、思考を変え、行動を変え、習慣を変える。

 

あなたはこれを地道にやる必要があるということです。

 

とりあえず、今日はそのことを「知った」だけでも大きな進歩です。

あなたの人生は着実に変わり始めていると言ってもいいでしょう。

 

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

追伸:

ちなみに、習慣が重要なことはわかった。でも、一体何を習慣化すればいいのかわからないという人は、

こちらの記事も合わせてお読みください。

 

私が人生で身につけてよかった習慣圧倒的ナンバー1をご紹介したいと思います。

あなたが新たな習慣を身につける際に、参考にしていただければなと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました